暁 の ヨナ ネタバレ。 暁のヨナ【192話】最新話ネタバレ!ヨンヒと神殿|女性まんがbibibi

【暁のヨナ26巻】ネタバレあらすじと感想!真国編完結しラストにはハクがまさかの告白!

暁 の ヨナ ネタバレ

『暁のヨナ』第180新話のネタバレ 各段落のタイトル 【ゼノに興味を持つスウォン】 四龍の御披露目に武術大会を開催するというケイシュクにジェハが反発します。 ゼノは闘うことができない、とシンアも反対します。 ゼノが驚異的な回復力を持つことに興味をひかれるスウォン。 不老不死だと明かしたゼノ。 何をしても死なないというゼノにスウォンはそれはいい、と感心を示します。 試合なんて適当でいいと話すスウォンにキジャが噛みつきました。 なんなら全将軍を倒してみせると意気込みます。 まんまと口車に乗せられたキジャ。 四龍は武術大会に参加することになってしまいました。 離散するヨナたち 場を下り、四龍が案内されたのはヨナの元ではありませんでした。 敵の元でこんな散り散りにされては心許ないと心配する面々。 キジャが参加することになってすまないとゼノに謝ります。 しかしゼノは自分に気を使いすぎだと怒ります。 ゼノの怒りに、ジェハはずいぶんと感情的になるようになったとにやにやします。 ゼノも仲間に囲まれて何か変わってきたのでしょう。 スウォンについてジェハは警戒しなければならないのに相手に調子を狂わされると懸念します。 その頃、昔の自室に通されたヨナ。 窓辺に立つかつての父の姿にただいま帰りました…と挨拶します。 ガタリと音がしてスウォンではと警戒するヨナでしたが、現れたのはミンスでした。 この部屋はミンスが一人で手入れしてくれていたそうです。 ミンスが面倒を見てくれるということでヨナの心が緩みます。 四龍御披露目の話を聞くヨナ。 ヨナはハクが理不尽な扱いを受けていないか心配だとこぼします。 ミンスも様子を探ってくれることになりました。 ハクを思うヨナ。 四龍の御披露目 そして高華国中に広まった武術大会の知らせは国中を駆け巡り、かつてないほどの賑わいを見せていました。 当日、リリが通れないと文句を言っているとグンテが顔を出しました。 ユウノとの間に男の子を授かっていたグンテ。 恋心がやぶれたリリは気が遠くなります。 一方でハクは四龍の御披露目の事実を当日まで聞かされていませんでした。 ずっとヨナたちとは隔離されていたようです。 席に案内されるヨナ。 そこでスウォンと久しぶりの対面をします。 二人とも言葉はありません。 ケイシュクがスウォンの隣の席をヨナに勧めます。 これではまるで王妃の席だと思うヨナ。 ヨナは渋りますが、ケイシュクは引きません。 仕方なくスウォンの隣に腰掛けるヨナ。 二人が並んで座る姿を見ていた民が、二人は婚約したのではと騒ぎ出します。 おめでとうございます!と歓声に包まれるヨナ。 違うのにお怒るユン。 ヨナとハクは厳しい表情をしています。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 リリはどうせケイシュク参謀が仕向けたに違いない、何でスウォンは黙っているのかと怒ります。 グンテは参謀はいい仕事をしていると褒めます。 空都は活気づき、四龍を従えるヨナと婚約することで民の心は一つになると。 スウォンが反対する理由がないのです。 複雑な顔をするリリ。 ヨナはハクが好きだと言っていた。 憎しみを封じて同盟を受け入れたヨナは幸せになるべきだと思います。 ジェハ達も由々しき事態だねと見ていました。 殺気立つキジャとシンア。 本当に婚約させられかねないと懸念を示すジェハにゼノはそうなったらどうすると尋ねます。 皆でヨナを攫って逃げようかと答えるジェハでしたが、内心では気づいていました。 緋龍城がまるで四龍の揺り籠のように心休まる場所であることを。 試合開始 一方のハクは怖い顔をしていましたが、利用されることはわかっていた、あまり驚いてはいないと言います。 さてとと試合に向かうグンテ。 同じく支度をしにきたジュドと会います。 同時開催にグンテは喜びますが、ジュドが水を差します。 今回の試合は四龍に力を出させて負けろ、と。 グンテは納得しますが、ケイシュク参謀が大きな顔をしすぎではないかと懸念します。 ジュドは己の利益のために動いてはいないので信用できると言います。 かくして武術大会、「龍神祭」が開幕しました。 結婚していないジュドは大人気です。 ジュドに対するのはキジャ。 グンテに対するのはジェハとなりました。 二人のその美貌に観衆は驚きざわめきます。 憤るハク いざ、とキジャは最初から全力を出して舞台を粉々にしてしまいます。 計算外だったジュドは打ち合わせをしておくべきだったと後悔します。 簡単に負けるわけにはいきません。 一方のジェハは呑気なものです。 グンテは阿波でも人気だったよと言います。 阿波は活気づいているとグンテから聞いてそれは嬉しいねと世間話になってしまいます。 ジュドから叱られて仕方なく試合を始めるグンテ。 グンテが大刀を一振りするとジェハは空高く飛び上がります。 ハクはグンテが本気ではないのを見抜いていました。 おそらく将軍たちは負けるつもりだろうと。 スウォンのためにここまでするのかと複雑に見守るハク。 イル陛下の時代、バラバラだった五部族はいまや従順。 他国の脅威を払い、奪われた土地も取り戻しました。 スウォンはイル陛下の出来なかったことをやっているのです。 だから良かったろとでも言うつもりかと憤るハク。 独りで屈辱に耐えているヨナも四龍たちもお前たちの駒の一つかよ、と静かに怒りを露わにします。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 ケイシュクはすこし"お願い"をしたと答えます。 そして、グンテの忠誠心を計ることもできたと思うケイシュク。 そこにヨナが口を挟みます。 何故、ケイシュク参謀の勝手を許しているのか、と。 スウォンは武術大会に関しては必要だと思った、隣に座らせたことに関しては別の席を用意すると言います。 ヨナはどう思われようと大したことではないと答えます。 ケイシュクが雷獣はそう思うでしょうかと尋ねると、ハクは貴方の思い通りにはならないと強く答えるヨナ。 ケイシュクは雷獣が怒りを抑えられなければやはりハクは生かしてはおけないと思います。 荒れる試合 一方の試合は荒れていました。 闘技台を龍の手で破壊していくキジャ。 石つぶてがジュドを襲います。 その攻撃は止むことなく、石つぶてが観客まで届くほどでした。 それを見ていたジェハはそろそろ自分もいくか、と闘技台を足で破壊します。 グンテはその破壊力にこれで蹴られたら身体が砕けると恐怖を覚えます。 石つぶてで攻撃するキジャとジェハ。 観客からは悲鳴が上がります。 そして岩はスウォンのいる観覧席のすぐ側まで飛んできました。 反乱を起こす気なのではないかとケイシュクは危惧します。 ハクはスウォンを弑逆し、四龍とヨナを連れて逃げるのではないかと。 攻撃は激しくなり、観客は逃げ出してしまいます。 キジャとジェハの狙い そんな中、飛んできた岩を難なくキャッチするハク。 立ち上がるとユンが行くのかと問いますが頭を低くしとけとそれだけでした。 見張りの兵士を守るハク。 さて終わろうかと口にしたのはジェハでした。 「グンテ将軍、君の後ろには誰がいる?」 ユウノたちを攻撃されると思ったグンテは顔を青ざめさせて、ジェハに本気の一太刀を浴びせ、ジェハを斬ります。 同じくして力を使い果して倒れこむキジャ。 ヨナは四龍のお披露目は目的を果たしたでしょう?と汗をかいています。 ケイシュクとスウォンは二人が暴れていたのは、スウォンを狙ったわけではなく、青龍と黄龍の力を見せたくないばかりにこんなことをしたのではないかと推測します。 ジェハに駆け寄るハク。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 アプリインストールでお得なクーポンをゲット。 Yahoo運営だから安心。

次の

暁のヨナ【最新185話ネタバレ】ヨナのもとへ急ぐハク。そしてヨナの胸の中にいるのは…

暁 の ヨナ ネタバレ

「暁のヨナ」6巻あらすじとネタバレ 「暁のヨナ」6巻あらすじ 阿波の町で緑龍・ジェハと出会ったヨナ達。 ヤン・クムジと闘う海賊のジェハ達へ協力を申し出たヨナは、信頼に足る人間かどうかを船長・ギガンに試されることに…。 「暁のヨナ」6巻 ネタバレ シンアブームがきてます。 前巻ラストに、ヨナと出会った緑龍・ジェハ。 その瞬間、あれがきた! 四龍の戦士よ これよりお前達は我々の分身 緋龍を主とし 命の限り これを守り これを愛し 決して裏切るな 龍の右足が疼き、血が沸騰するように熱くなる!この子が…ヨナがずっと遠ざけてきた四龍を統べる者かと考えるジェハ。 立ち去らなければならないと思っても、何故か離れ難いと思ってしまうジェハ。 一方、ヨナもなんとなくジェハが緑龍だと感じていた。 とぼけるジェハだけど、キジャがやって来て逃げられない状況に。 ジェハはこの想いが自分の中の龍の血がそうさせてるだけで、自分自身の想いではないと割り切る。 ジェハがはっきりと仲間になる事を断ると、あっさりと引き下がるヨナ。 話の流れでジェハが海賊だと知ったヨナは「船長と話がしたい」と持ちかける。 ハクを連れてくる事を条件にそれを了承するジェハ。 次の日、海賊の船に向かったヨナ達。 信用出来ないヤツらに協力なんて頼まない。 なので、少しテストする事に。 まずは戦力のテスト。 ハク、キジャ、シンアの3人が海賊全員をノシたら合格。 …結果は、ハク達の圧勝。 戦闘力は規格外、ジェハが3人いるような感じなので、3人は合格。 ユンは闘う事以外なら何でも出来る。 そして美少年。 ヨナ「だけど 私にも 引けない理由がある」 なので、ヨナに命がけの仕事を与えるギガン船長。 その仕事の内容は断崖絶壁の雲隠れ岬から千樹草を取って来るというモノ。 千樹草とは、病や傷の治りを通常の3倍早める万能薬で、断崖絶壁の中腹に生えている。 それを、誰の手も借りず一人で取りに行くようにギガン船長から言われる。 人一人が通れるくらいの小さな足場を歩く。 途中、足元がふらつき、足が動かなくなる。 落ちたら死…そう思ったら震えと涙が止まらなくなった。 そんなヨナを見ていたジェハ。 ヨナに戻る事を勧めるも、ヨナは一向に戻ろうとしない。 震えも涙も止まっていないけれど、前に進むヨナ。 例えば、ハクやユン、キジャやシンアが大怪我をしたとして、それが千樹草で治るものであったら、ヨナは矢の降る戦場に生えていたとしても、取りに行く。 ヨナ「そう思えば どこへだって行けるよ」 ヨナのその言葉で、誰かを失いたくないという想いが震える足を前に進ませるのだと感じたジェハ。 それは、どこかの海賊 バカ と同じだった。 …そんな事を思う内に無意識にヨナについて行っていたジェハ。 ついに、千樹草のある空洞まで辿り着いたヨナ。 千樹草を取り、帰ろうとしたけれど、突然の大波で海に落とされそうになる。 何とか蔓に掴まるも、危ない状態。 ジェハが助けようとするも、ギガン船長との約束を守るために助けを断るヨナ。 でも、そんなヨナをジェハが見過ごす筈がなく、ジェハに助けて貰ったヨナ。 助けた事はギガン船長には秘密だ、とヨナに言うジェハ。 海がシケてきたので、見に来たギガン船長やハク、ユン、キジャ、シンア。 そこへヨナとジェハが戻って来る。 ギガン船長に正直にジェハに助けて貰った事を告白するヨナ。 「諦めるか」と聞かれ、「もう一度 一人で取って来る」と答えるヨナ。 失格になる思ったけれど、ギガン船長はヨナを合格にする。 それは、ヨナの根性と、窮地に立たされても仲間を裏切らない精神を評価し、仲間になる事を認めてくれた。 千樹草を取りに行った時に刺さった木のトゲを頑張ってとっていたヨナを見つけたハク。 すると、ハクはユンの荷物からはちみつを取り出し、ヨナの手に垂らした。 何でも、はちみつを患部に塗ってしばらく置けば自然にトゲが出てくるらしい。 はちみつが垂れたヨナの手を舐めるハク。 照れたのか、逃げてしまうヨナ。 …ハクは自分でも何をやっているか分からなかった。 ギガン船長に食事を持って行った際に少し話をするヨナ。 ギガン船長は、闘いが終わったら海賊を解散して船員達を普通の生活に戻してあげたいと言う。 でも、ジェハだけはこの船が家だから独りになってしまう。 ギガン船長は問う。 お前が、ヨナが連れて行ってくれるか、と。 その質問はジェハによって有耶無耶になる訳だけれど…。 シンアが7隻の船が港に集まって来ているのを見つける。 おそらく、クムジが海賊を威嚇している。 ギガン船長によれば、近々クムジは戒帝国を相手に人身売買の取り引きを行うと予想される。 集められた女達が人質にされる可能性が高い。 だから、女達の安全を確保する方法を探さないといけない。 …これは海賊側にとっても、阿波を腐った町にしたヤン・クムジと役人達をぶちのめす絶好の機会。 何としてもぶちのめし、この町に自由を取り戻す…。 そのために、今回はギガン船長も剣を取る! ギガン船長「最後まで私に ついて来な小僧共」 …お母さんっ! こう言ってるギガン船長ですが、本心は誰も闘わせたくない。 そんなギガン船長をみんな理解している。 みんな忙しくて、やる事がなくなり、1人になってしまったヨナ。 そんなヨナをジェハが町に連れて行ってくれる。 クムジが乗った馬車が通りを走る。 すると、町の女子供達が家の中に隠れ始めた。 そんな中、路地で怯える人を発見したヨナ。 その人は、役人から逃れるために男装した女性だった。 割にいい仕事があると聞き、数日前にとある店に行った女性とその友人。 友人はとてもキレイだった。 最終的に友人だけが奥の部屋に呼ばれ、女性は帰っていいと言われた。 帰り際、友人の入っていった部屋を見ると、一瞬にして彼女が入った部屋の床が開き、闇に吸い込まれていった。 それから彼女は帰ってこなかった。 女性は後からそこがヤン・クムジの店だったと知ったという。 女性の話から、そこが人身売買収容所の入り口だと言うジェハ。 それから人に頼み、「いつまで仕事を募集しているか」を聞いてもらうと、店の者から明後日の昼までだという答えが返ってきた。 船に帰り、ギガン船長に「おそらく決行日は明後日の夜」だと言うジェハ。 クムジが船を動かすとしたら夜中。 でも、どの船に女達が乗っているかは分からない。 でも、女達が乗った船の内側から花火のようなものを打ち上げれば女達を救出出来るかもしれない。 そして、自分が人身売買収容所に潜入して船から花火を打ち上げると言い出したヨナ。 闘っている間に女達が戒帝国に渡ったら手遅れだから、女達の安全を確保するのは自分にしか出来ない事だと言う。 でも、1人では無謀なので、もう1人潜入させる事に。 女装しても見れる容姿という事で、ユンが抜擢。 シンアが、打ち上げた花火を海賊の船から確認する役割に。 ギガン船長と話すヨナ。 「船に乗せたら娘のようなものだから勝手に死ぬな」とヨナに言うギガン船長。 そんなギガン船長に、記憶があまりない母親を重ね、なつかしさを覚えるヨナ。 その後、ハクに呼び止められたヨナ。 壁ドン。 クムジの所に潜入するのを止めて欲しいハク。 でも、父・イル陛下の治世から変わっていない火の部族の土地や阿波の港。 そうなってしまった責任が自分にもあるから、知ろうとも知りたいとも思わなかった自分の責任だから…。 ヨナ「だから私は闘うの」 行かせたくないのに、ヨナが成功させるのが見たいハク…。 翌日、着飾ったヨナとユン。 ユン君が可愛いです。 そんなユンだけど、体は震えている。 ユン「俺が行くからには 絶対に ヨナは死なせない」 ハク「任せる」 …ありがとうございます。 ヨナとユンは例の店で奥の部屋へ案内される。 入った瞬間、床が開く! 女達がたくさんいる部屋に連れて行かれた2人。 落ちた際に足を痛めてしまっていたヨナ。 そこへ、クムジが品定めにやって来る。 赤い髪だという事でヨナに突っかかるクムジ。 ヨナを助けようと口を挟んだユンが気に入らず、蹴る。 クムジを睨むヨナ。 唐突に、一度だけ見た事があるヨナ姫の事を話し出し、「お前か?」と問うクムジ。 ヨナが機転を利かせ、何とか窮地を凌ぐ。 幸い、クムジはヨナ姫の筈がない、と思ってくれた。 女達の中には2週間前から収容所にいる人もいた。 女達は諦めたような目をしている。 ヨナ「生きたいと思うのなら どうか 死にもの狂いで生き抜いて」 そうしたら、明日この町は変わるから、と。 1日が経ち、船に乗せられるヨナ達。 一方、海賊側。 港の船が動き出したのを確認したシンア。 -作戦開始! 「暁のヨナ」第6巻、いかがでしたか? ついに、作戦が開始しました。 巻末SPおまけの「もしカン・テジュンが野望を叶え 高華国の王になったら」がとても面白かったです。

次の

少女まんが『暁のヨナ』あらすじ 6巻 ネタバレ

暁 の ヨナ ネタバレ

真国の神官ゴビの策略により、戒帝国へ連れ去られてしまう4人。 ジェハは28巻でケガをしてボロボロなのに、完治する前に高華国を離れてしまうので・・もう痛々しくて辛いです。 そこでも戦わされるし・・・モウヤメタゲテー ヨナを傷つけると四龍の本来の力が見られる、と言ってゴビがヨナを刃にかけようとしますが、見事な蹴りで応戦するヨナ(笑) 水乎での戦闘以来の蹴りが出ました。 こういう強気なとこいいね~ 戒帝国で今権力を誇っているクエルボはヨナと四龍に興味を示し、手に入れると宣言します。 そして、戒帝国対高華国の戦闘となり、四龍も別々の国として戦うことになってしまいました。 火の部族の軍を鼓舞して、先頭に立って戦闘に向かうハク あの日この手に力をもらった まずはあの軍勢を蹴散らす 待ってろ 今行くから あ~~~~~愛されてるわあ~~~~ ヨナ姫愛されてるわ~~~~ ハクは良い男ですよ・・ 強くてユーモアで一途で。 ジェハの戦闘シーンも良かったです。 とにかくアニメで見せてくれ! でも不穏な空気も感じます。 30巻で全部解決・・とはならなそう。 30巻は限定版コミックスが出るそうです。 30枚のアートカードと描きおろしイラストもあるとのことです。 うん、買うよ限定版。 秋葉原のアニメイトではサイン会もするようです。 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。 サイト利用者は下記ので、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、をご覧ください。

次の