スイッチ カラオケ 音が遅れる。 WiiUマイクはニンテンドースイッチで使える。マイクの設定方法。マイクの音量はテレビの音量とリンクする。

【スイッチ/ジョイカラ】自宅カラオケ騒音対策!防音マイクカバーの検証結果/利用方法など徹底解説

スイッチ カラオケ 音が遅れる

Contents• はじめに WiiやPS3などのゲーム機でカラオケソフトを使う際に、自分の声が遅れて聞こえるというトラブルがよくあります。 本記事では、その原因や対策についてまとめています。 (参考:) 遅延が起きる原因 遅延が起きる原因として大きく以下の1から3まで考えられます。 1、2も確実にわずかな遅延を生んでいると思いますが、 一般的には3の液晶テレビの遅延の影響が大きいようで後であげる対策も主に3についてになります。 (1)USBマイク 声がUSBマイクの内部の回路で処理される際に少し遅延が起きる。 ただしここが大きい問題になることは多くなく、カラオケソフトメーカーが公式に奨めているマイクを使っていれば目立った問題は起きないはずです。 ここはカラオケ以外のゲームでも同じ話であり、タイミングがシビアな格闘ゲームなどでは致命的になるところである。 つまりちゃんと格闘ゲームができている以上、回路に根本的な問題はないと仮定でき、ソフトウェアもちゃんと作ってあれば目立った遅延は起きないと期待できる。 ただしここでPS3用のJOYSOUND Diveのソフト固有の話があり、当初のソフトウェアが良くなくてHDMI端子を使って出力していた際に限って目立った遅延があったらしい。 工夫してHDMI端子以外を使うことで回避できるワザもあったようですが、 2012年3月にソフトが更新されたことでこの問題はほぼ解消されているようです。 () ネットを検索するとJOYSOUND DiveのHDMIでの遅延の話がたくさん出てきますが、2012年3月以前の書き込みであれば無視してもよさそうです。 (3)液晶テレビ 現在はハイビジョン HDTV 対応の液晶テレビが主流です。 以前の放送はアナログでしたがハイビジョンはデジタルです。 ここが大きな遅延要因になります。 アナログ処理は大ざっぱに言えば電気回路を電気が流れる速さで処理されるので、遅延が起きにくい傾向があります。 一方デジタル処理は、データをバッファに貯めてから処理したり、ハードより遥かに遅いソフトウェア的に処理したり、何かと遅延要因が多いです。 特に映像をきれいに加工するために前後の映像を使う場合があり、この場合は必要な画面を何枚か蓄積して加工したあとに送り出すという手順になるため、待たされる分の遅れが生じます。 「倍速モード」と呼ばれる機能が(名前の印象とは逆に)この遅延の代表格のようです。 普通のテレビ番組のように一方的に流れるだけの場合はこの遅延は全く問題にならないためこのような悠長なやり方をしているのですが、状況によってこの遅延が顕在化することがあります。 例) 一刻を争う地震などの緊急放送がユーザーに届くのが遅れる。 ゲーム、特に格闘ゲームやシューティングゲームにおいて、当てたはずの攻撃が当たってない、もしくはかわしたはずの攻撃が当たっている。 カラオケで自分の声が遅れて聞こえる。 許容される遅延量について 人間が音がずれたと感じないようにするには、遅延をおよそ200ms以下、できれば150ms以下に抑える必要があるようです。 7ms。 遅延を150msと仮定するとフレーム数は約9フレーム。 つまり遅延がハイビジョン画像換算で9フレーム以内ならカラオケに使うのに違和感がないことになります。 フレーム数で換算したのは、液晶テレビの遅延についてはフレーム数で語られることが多いからです。 ちなみにフレームとは、パラパラ漫画における1枚の紙に相当します。 液晶テレビの遅延状況 ゲーム好きな有志が液晶テレビの遅延についてまとめてくれています。 ここに載っている機種だと、通常モードで2~6フレーム、ゲームモードで2~4フレーム、という遅延のようです。 ゲーム好きな人の選定なので、ここに乗ってないテレビはもっと遅いかもしれません。 この項でとり上げたのは原因であげた3についてだけですので、全体としてはそれ以外の要因1,2が加わりますので、ここから多少遅延が増えることになります。 全体として、このような事情で歌声が遅れるという現象が起きています。 対処方法 対処方法1:メーカー推奨のマイクを使う 原因1のマイクについてはメーカー推奨機種を使うのが無難です。 それにより遅延が大きいマイクを避ける事ができるはずです。 JOYSOUND Wiiの場合はソフトに付属のもの、PS3用のJOYSOUND Diveの場合は公式の推奨マイクがあります。 それぞれ以下のリンクの先を参照して下さい。 ;紹介している製品自体がマイク付き ;JOYSOUND Wii用のマイクも使えます ;補足欄を参照 対処方法2:ソフトのバージョンを最新にする 原因2のゲーム機内部についてはあまりできることがありませんが、ゲーム機のシステムソフトとゲームソフトのバージョンを最新にしておくとのような問題対処を早く取り込めます。 対処方法3:ゲームモード 原因3の液晶テレビでの遅延についてですが、ここまででも少し上げたように「ゲームモード」というのが解決の糸口になります。 ゲームモードとは、液晶テレビ内部での遅延がゲームに悪影響を及ぼすと叩かれことを受けて作られた機能で、液晶テレビ内部で発生する遅延を(0にはできないまでも)できるだけ少なくするある種の「設定」です。 普段のテレビ視聴には有効だが、遅延を生んでいてかつゲームプレイに必須でない機能を一括してOFFに設定することができる機能、と理解していただければ大体あっているはずです。 そのような機能であるため、各メーカーで名称や機能がそろったものではないのですが、例えば東芝のレグザに搭載されているものは下のような説明がされています。 この「ゲームダイレクト」というのがレグザにおけるゲームモードということになります。 あるいは新しい機種では「3Dゲーム・ターボ」という機能の中にゲームモード相当の機能が含まれているようです。 その他にも液晶テレビで「ゲーム対応」を謳っている場合は遅延抑制に関連している場合があります。 そこに注目して下さい。 注意: なおテレビ機種によって元々の遅延量も異なりますし「ゲームモード」の効き具合も異なります。 よって当方では液晶テレビを「ゲームモード」にすることでカラオケの音声遅延を解消できることはあると言えますが、必ずしも全ての遅延を解決できるという保証はできません。 あくまで参考情報として理解して下さい。 よろしくお願いします。 これによって液晶テレビでの音声遅延を0にできるので、劇的に効果があります。 ただしこれを行うと採点機能やボイスチェンジャーなどの音声絡みのゲーム機能が利用できなくなります。 なおゲーム機の音声出力を分岐させてテレビとAVアンプ両方に入れることもできますが、遅延の関係でタイミングが狂った状態での採点になってしまい、なかなか期待したようにはならないようです。 参考リンク 参考リンク1: 参考リンク2: 参考リンク3: pdf 参考リンク4: pdf [広告].

次の

Nintendo SwitchカラオケJOYSOUNDの音声遅延を解消するには

スイッチ カラオケ 音が遅れる

スイッチカラオケ(JOYSOUND)を楽しむために必ず必要な物• 外部スピーカー• USBマイク スイッチカラオケを遅延なしで楽しむためには 必ず外部スピーカーとUSBマイクが必要になります。 外部スピーカーは3. 5mmステレオミニジャック接続できるものなら何でもOKですが、マイクは公式マイクの方が遅延がでにくいです。 スイッチにカラオケマイクを接続 スイッチ公式のカラオケマイクをUSB端子につないでください。 公式でしたら有線・無線どちらでもOK 有線の方が安いですが、 コードが長く、からまったり片付けが面倒だったりします。 無線はマイクに電池がいるのがデメリット。 公式マイク以外だと遅延・音ズレがでやすいので公式マイクがベストです。 スイッチからHDMIをはずし分離器に接続、分離器からスイッチにHDMI接続します。 分離器からステレオミニジャックか光デジタルケーブルでテレビスピーカーかサウンドバーに接続。 これでHDMIの信号を映像と音声に分けれるので、遅延がなくなるはずなのですが、 自宅のサウンドバーではできませんでした。 原因はソニーに何度確認しても原因不明で解消できなかったため、 スイッチとサウンドバーの接続自体に問題があるのだと思います。 次はスピーカー接続についての説明です。 スイッチとカラオケスピーカーをつなぐ スイッチ本体上部にあるステレオミニジャックに3. 5mmジャックケーブルをさします。 スイッチの3. 5mmコードをカラオケスピーカーに接続 スピーカーにケーブルをさします。 スイッチからスピーカーへの接続でノイズがひどい場合は関連記事からノイズ解消方法を試してください。 これでスピーカーの用意は終わりましたので、次はswitchの設定です。 スイッチカラオケ遅延・音ズレ対策 joysoundを起動 スイッチカラオケ遅延・音ズレ対策のため、joysoundを起動したあとタイミング調整を必ず行ってください。 スイッチカラオケ遅延・音ズレ対策 タイミング調整 スイッチカラオケ遅延・音ズレ対策のため、必ずマイクの電源を入れてスピーカーから 15cmほど離したところで測定スタートを選択します。 画面には30cmほどと書かれていますが30cm離すと測定しにくいため15cmほどでいいです。 測定完了後は調整をするを選択すれば調整完了です。 ズレが小・中であれば問題なく歌うことができるので早速歌いたいところですが、 JOYSOUNDは時間制で下の料金設定になっています。 スピーカーまで買ってカラオケは有料、 イメージと違ったらどうしようという不安な気持ちになったあなたには JOYSOUNDで定期的に開催されている無料カラオケができる日に一度試してください。 連休によく開催しているので無料日に試してからスピーカーを購入すれば間違いありません。 開催日の確認はできます。 ただし、 スイッチ公式マイク は必要なので購入してから試してください。 コメントありがとうございます。 音量についてはスイッチホームメニューの「設定」から「本体」を選ぶと、 「ヘッドホンの最大音量を下げる」という項目があるはずです。 それをオフにすれば最大音量はあがります。 もちろんスイッチ側の音量はマックスでお願いします。 0からの設定ですので、項目がない場合は スイッチ本体の更新が必要です。 ノイズ音ですが、イヤフォンジャック端子の接触によってノイズがでる場合があります。 スイッチ本体ジャックの掃除をしてみてください。 掃除方法は歯間ブラシ(細長いもの)で軽く内部をこすった後に エアダスターでふくのがベストなのですが、なければ口で空気を吹き込んでもらっても結構です。 ジャック差し込みもしっかり差し込み、ノイズが気になる場合は回したし、ゆるめたりすると ピッタリはまりノイズ軽減になります。 思い当たる範囲でお答えさせていただきました。 もし、他になにかありましたらお気軽にコメント下さい。 よろしくお願いします。 あまり改善できなかったようで申し訳ございません。 ウチは多少のノイズがあるだけで音がなれば気がつかない程度です。 音量もスピーカーMAXで大音量になるので、 もしかしたらスピーカー本体やスイッチ本体に問題があるのかもしれません。 スピーカーとスマホをイヤホンジャックでつなげて大音量で音楽をならしてみたり スイッチと別ヘッドフォンや別スピーカーとつなげて、 音の出方を確認すると異常があるか分かりやすいです。 ノイズはイヤホンジャック接触もですがHDMI接続によっても発生しますので、 スイッチとテレビ接続に使用しているHDMIケーブルも一度、掃除と抜き差ししてみてもよいかもしれません。 また、マイクも公式USBマイクのほうが音が大きく出力されるのでお勧めです。 サイトを見ていただいて残念な気持ちにはしたくありませんので、 また何かありましたらお気軽に御相談ください。 他のことでも私が分かる範囲でお答えさせていただきます。 どうぞよろしくお願いします。 ご丁寧にありがとうございます。 雑音はswitchのイヤフォンジャック原因だと思います。 イヤフォンジャックに差すとジジっとずっと鳴りますので。 ただ、switchのイヤフォンジャックにイヤフォンをつないできく分には全く嫌な音はせず綺麗に聞こえます。 スピーカーの方ですがスマホの音は綺麗にスピーカーから聞こえます。 今はスピーカーにマイク繋いでテレビ そしてテレビにwitch繋いでいます。 これで音ずれは解決できて ジジジジっと変な音もしないので 結構満足してます。 Usbマイクの方が音量出るんですねー。 このサイトとても参考になりましたよ。 全然残念な気持ちではないです。 いろいろとご親切にありがとうございました。

次の

【スイッチ/ジョイカラ】自宅カラオケ騒音対策!防音マイクカバーの検証結果/利用方法など徹底解説

スイッチ カラオケ 音が遅れる

なぜ遅延が起こるのか せっかくカラオケシステムを作ったのに、 自分声がスピーカーから遅れて発せられる。 これでは、まともにカラオケを楽しむ事などできませんね。 そして、この状態では カラオケDAMの採点機能が満足に動かないでしょう。 では、パソコンでカラオケシステムを作ると、 なぜマイクの音声が遅れるのでしょう? これは、パソコンが行う「 デジタル(信号)処理」に起因します。 原理的に、デジタル処理は遅延を生み出す根本原因なのです。 デジタル放送でデジタル処理を理解する 実感を持ってもらうために、一つ、デジタル処理と遅延の実例をご紹介します。 最近のテレビの放送は「地デジ」と呼ばれますね。 これは、正式には「 地上デジタル放送」。 以前は、 テレビ放送といえばアナログ方式でした。 少し昔のことを知っているテレビっ子であれば、NHKが時間の切り替わりに時計の絵を出して、「時報」を放送していたのを覚えているかと思います。 「ポっ、ポっ、ポっ、ピーん」 と、12時の3秒前から時報を刻んでいた、あの放送です。 最近テレビで見ないな〜と思いませんか? そうなんです。 デジタル放送になってからやらなくなったのです。 理由は パソコンのカラオケの遅延と同じ理屈。 「12時ピッタリ」がデジタル放送だとできないのです。 ひどい時には数秒遅れてしまう。 それがデジタル処理なのです。 以下のようにNHK自ら、時報放送がなくなった理由を説明しています。 こちらのページで説明している「圧縮」「解凍」こそがデジタルの仕業。 そして、こういったデジタルならではの信号処理が遅延を引き起こします。 パソコンに取り込む長さが重要 同様にパソコンのカラオケでも、 パソコン内部でデジタル処理するため、遅延が発生します。 この時、パソコンの中ではこんなことが行われています。 マイクから音声をメモリーに取り込む• CPUで信号処理する• メモリー上の処理済みデータをスピーカーに流す というような事を 物凄い速さで連続して処理します。 1から3の処理はカラオケ再生中に何度も繰り返されるのです。 2の信号処理というのは、カラオケのエコーをかけたり、点数を計算したり、カラオケの演奏とマイクから入った音声をミックスしたりすることです。 この処理はCPUの性能が高ければ高いほど高速に実行できます。 一方、1や3の処理は、 アナログの音声をデジタルにする周期(これをサンプリング・レートと呼ぶ)が固定されるので、物理的にそれ以上速くなりえません。 では、どうすれば、遅延なくカラオケできるのでしょうか?? 1で、ある程度の音声の長さをメモリに取り込みます。 長く取り込めば取り込むほど、3でスピーカーから出てるく音が遅れることになります。 つまり、1から3の周期をできるだけ短く細切れに実行すれば、遅延が少なくなります。 理解のために、ちょっと極端な次のような例をイメージして下さい。 ある事象をスマホで録音(または録画)することを考えます。 1時間分録画すると、その事象を再生して確認するのは1時間後になります。 でも、録音を1分間だけにして、すぐに再生すると、事象発生の1分後には確認する事ができます。 1時間遅れか、1分遅れか。 それは、どれだけスマホのメモリに記録するかにかかってきます。 逆に、1時間撮る、と決めると絶対にそれ以上速く事象を確認することはできません(録音しながら再生、というのは別の話)。 カラオケのマイクの音声を、パソコンに取り込んでスピーカーから再生するときも、同じことが言えます。 上記の 1のメモリを短くすればするほど、スピーカーから速く音が出ます。 つまり、遅延が減る、という訳です。 パソコンの奥深く「デバイス」の仕業 ところが、この場合のメモリというのは パソコンの奥深く「デバイスドライバ」という辺りのメモリ管理の話になります。 パソコンをある程度いじったことのある人なら、デバイスドライバというと、何か周辺機器をパソコンにつなぐ時に必要になるソフトだと勘づかれるかも知れません。 そうなんです。 この場合のメモリの使用量は周辺機器に依存してしまうのです。 だから、 パソコンでカラオケやるときは、適切なマイク(周辺機器)を選ぶ必要があるのです。 DAMは推奨マイクを用意しています。 そして、そのマイクは、USBオーディオ、という「デバイス」としてパソコンに認識させることで、メモリの使用量をカラオケに最適なものにしているのです。 パソコンとマイクの接続 それでは、パソコン・カラオケシステムの接続方法に付いて見ていきます。 まずは、マイク。 DAMの推奨マイクの中で、私は ソニーのECM-PCV80Uをおすすめします。 アコースティックギター弦 弦サイズ. 010. 014. 023. 030. 039. 047 素材 : フォスファー ブロンズ ゲージ : エキストラライト 付属品:マイクコード、マイクホルダー、テーブルスタンド、 USB Audio Box、専用USBケーブル 2020年7月21日 以降 - ECM-PCV80Uのいいところは、 USBの小さな箱が付属されていて、マイク入力とスピーカー出力の両方のデバイスが一つの箱に入っているところです。 これにより、 遅延の原因が最低限に抑えられ、歌っている音が遅れる感じが全くありません。 下記の商品説明ページにもあるように、このマイクの一つのウリの一つが低遅延なのです。 Sony ECM-PCV80UのUSBボックス。 Mic端子と、Audio Out端子が付いている パソコンとテレビの接続 パソコンとテレビを接続する方法は、大きくふたパターンあります。 一つは、 アナログRGB接続。 元々コンピュータモニターの接続のためのもので、D-Sub15ピン端子とか、VGA端子などと、呼ばれることもあります。 そして、もう一つが HDMI接続です。 どちらを使うべきかは、パソコンとテレビのそれぞれにどんな端子が付いているかによります。 パソコン、テレビともにアナログRGB端子とHDMI端子の両方サポートしている場合があります。 最近の機種だと、HDMIを使うケースが増えています。 それは、 HDMI接続だと、一本のケーブルで音と映像を一度に転送できるから。 しかし、この方式がまた、 遅延を生み出す可能性があり注意が必要です。 ソニーのECM-PCV80Uを使う場合、HDMIのデバイスを使わないようにします。 つまり、 テレビから音を鳴らしません。 HDMIを使ってしまうと遅れが生じる場合があるからです。 マイクのUSBの小箱に付いているスピーカー端子から出てくる音声を使うのがベストです。 Windows画面の右下のスピーカーアイコンから音が出るデバイスを選択する事ができます。 下の図のように、「スピーカー(UAB-80 」を選択すると、カラオケの音声が、USBの小箱のAudio Out端子から出力されるようになります。 マイクボックスが、 UAB-80 なので、 それを選択 Windowsの設定画面も見ておきましょう。 ソニーのマイク ECM-PCV80U の場合、入力デバイスも、出力デバイスもどちらも「UAB-80」となっていればOKです。 カラオケDAM Win10のためのサウンド設定 スピーカーの接続 ソニーのECM-PCV80UのUSBの小箱には、先述のように スピーカー出力端子が付いています。 ここにスピーカーをつないでカラオケの音声を出すのが遅延を最低にするミソです。 出力端子は、ステレオミニプラグというものですので、外部スピーカーはステレオミニプラグからの入力が受けられるようなものが必要です。 RCAのピン端子を受けるようなスピーカーが多いので、以下のような変換ケーブルも必要かもしれません。 Bose マルチメディアスピーカー Companion 2 Series I 348053-1010 2020年7月21日 以降 - まとめ まとめると、以下のような接続になります。 この接続方法なら、カラオケボックスと全く同じように遅延なく、エコーもかかって、採点も正確! 是非、お試し下さい。 おうちカラオケのつなぎ方 テレビ会議にも使える 2020年5月6日追記 ときは、コロナ影響真っ只中。 外出自粛のために、自宅でカラオケの需要も高まっているはずです。 仕事は在宅勤務でコミュニケーションがZoomやTeams、WebExといったテレビ会議システムを使う方も多くなっているのではないでしょうか。 実は上記の 自宅カラオケシステムは、なんと在宅勤務の強い味方だ、ということに気づきました。

次の