スイッチ ライト sd カード。 Nintendo Switch Liteと一緒に買ったおすすめアクセサリーまとめ【ケース/SDカード/フィルム】

Nintendo Switch Lite を買ったのでレビュー。Wi

スイッチ ライト sd カード

ニンテンドースイッチの特徴 ニンテンドースイッチ ニンテンドースイッチライト 画面サイズ 6. 2インチ 5. 8インチ CPU NVIDIA TegraX1 カスタム メインメモリ 4GB LPDDR4 ストレージ 32GB 形態モード テレビ、テーブル、携帯 携帯 本体のメモリ容量(ゲームデータを保存できる領域)が32GBしかないので、ダウンロード版で遊ぶ場合はマイクロSDカードが必須となってしまいます。 幸いにもニンテンドースイッチは最大2TBまでのを入れてストレージ容量を増やすことができるようになっています。 で、おすすめのmicroSDカードはサンディスク、サムスンの2種類です。 SanDisk Extreme microSDXC 128GB(UHS-1 U3超高速タイプ)• どちらのカードもUHS-1(スピードクラス3)に対応した高速転送ができるタイプのものとなっていて、価格もそこそこ安いのでおすすめですよ。 スイッチの本体メモリ(ストレージ)容量 ニンテンドースイッチ・スイッチライトともにストレージ容量は32GBとなっています。 OSのシステム領域にもメモリが使われているため、実際に ユーザーが使うことができるメモリ容量は約26GBほどと意外と多くないのが実情です。 PS4のストレージは大容量のHDDを搭載してますが、ニンテンドースイッチは本体サイズが小さいので比較的コストが安い低容量のフラッシュメモリを搭載しています。 ニンテンドースイッチのパッケージ版はゲームカードから直接データを読み取る従来のシステムを採用しているので、ゲームカードで遊ぶのがメインならストレージ容量をあまり気にする必要はないでしょう。 スイッチのゲーム容量 一方で、 ダウンロード版はゲームデータをニンテンドースイッチの32GBのメモリに保存する仕組みとなっているので、ダウンロード版の購入を続けているとあっという間にメモリがいっぱいになってしまいます。 ニンテンドースイッチの本体メモリー では、ニンテンドースイッチのゲーム(ダウンロード版)のデータ容量はどれくらいあるのかをみてみましょう。 ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド:13. 4GB• ドラゴンクエスト11s:13. 5GB• ドラゴンクエストヒーローズ1・2:26GB• スーパーマリオメーカー2:2. 9GB• 大乱闘スマッシュブラザーズDX:16GB以上• マリオカート8DX:6. 7GB• スプラトゥーン2:5. 9GB• マインクラフト:899MB• ドラゴンクエストX オンライン:9. 4GB• ファイアーエムブレム無双:13. 6GB• スーパーマリオオデッセイ:5. 5GB• ゼノブレイド2:13. 1GB• ポケットモンスター ソード・シールド:10. 3GB• あつまれ どうぶつの森:6. 2GB 特に容量が多いのがドラゴンクエストヒーローズ1・2で1本ダウンロードしてしまったらニンテンドースイッチのストレージを使い切ってしまって、その他のデータを保存できません。 さらに、各ゲームで定期的にアップデートも配信されるので、 ゲームカード(パッケージ版)でもアップデートデータはスイッチのストレージに保存することになります。 つまり、ニンテンドースイッチで遊べば遊ぶほどストレージ容量の圧迫は必至になってしまうということ。 ニンテンドースイッチのゲームカード 基本的にゲームカードでニンテンドースイッチを遊ぶ人は本体メモリの32GBあればゲームの更新データなどがあったとしても普通に遊ぶことができるでしょう。 しかし、 ゲームデータをダウンロードして遊びたい人はマイクロSDカードの追加は必須といってもいいかもしれませんね。 microSDカードの必要性• パッケージ版で遊ぶ:マイクロSDカードはほぼ必要なし• パッケージ・ダウンロード版で遊ぶ:64GB〜128GBのカードがあるといい• ダウンロード版だけで遊ぶ:128GB〜256GBのカードが必要になる パッケージ版・ダウンロード版のどちらでも遊ぶ方は64GB〜128GBのマイクロSDカードがあれば問題ありませんが、ダウンロード版のみで遊ぶなら最低でも128GB、可能なら256GB・512GBの容量がおすすめです。 なお、 ニンテンドースイッチのダウンロード版のゲームデータはセーブデータと分離しているので遊ばなくなったゲームを削除してストレージ容量を空けることもできます。 つまり、ダウンロード版しか遊ばない人でもが必ずしも必要というわけではありません。 また、遊びたくなった時にゲームデータをダウンロードすることで続きから遊べます。 マイクロSDカードの転送速度 ニンテンドースイッチのmicroSDカード microSDカードには規格によって転送速度が異なっておりクラス分けされています。 ダウンロード版はスイッチにmicroSDカードが入っている状態で自動的にマイクロSDカード側にデータが格納されマイクロSDカードから随時データが転送されるようになっています。 つまり、 microSDカードの転送速度によってゲームの読み込み速度や快適性に影響を及ぼすことになるのです。 SDカードは転送速度は以下のように分類されています。 ただ、可能であればスピードクラス3のカードを選ぶのがいいでしょう。 容量は16GB、32GB、64GB、128GBから選ぶことが可能となっています。 :1,500円• :2,672円• :4,427円• :9,980円• :18,308円 少し前に比べると価格が値下げされていて64GBの容量までならそれなりに安く買うことができるようです。 スポンサーリンク スイッチにおすすめのマイクロSDカード SanDisk、サムスン、東芝、シリコンパワーのmicroSDカードの転送速度を計測したので参考にしてください。 個人的にはSanDiskかサムスンのが安定的にスピードが出ていておすすめかなぁと思います。 価格もかなりお手頃ですよ。 SDカードアダプターが付属しているのでミラーレスカメラのSDカードとしても使うことができます。 SDカードアダプターが付属 Disk Speed Testでカードの性能を計測してみました。 家電量販店で買うと高い ニンテンドースイッチを手にしてすぐにmicroSDカードが必要だと思い、何も考えずに家電量販店に売っていたmicroSDカードを購入してしまいました。 これでも…3500円くらいしたんですけど。 家電量販店に置いてあるSDカードって高いですよね。 SanDiskのマイクロSDカード とはいえ、普通に問題なく快適にゲームを楽しむことができています。 ダウンロード版のゲームもいくつも購入し、ニンテンドースイッチ本体のストレージではなくmicroSDカードにゲームデータをインストールしています。 マイクロSDカードを入れる方法 ニンテンドースイッチライト ニンテンドースイッチライトのmicroSDカードスロットは本体下部にあります。 スイッチライトのmidroSDカードスロット 指でカバーを引っ張るとカードスロットが見えるので、ここにマイクロSDカードを入れてください。 microSDカードでメモリ増設 カードを奥まで押し込んでカチって言ったらセッティング完了です。 カバーを閉じて再起動することで128GBのストレージを使うことが可能となります。 ニンテンドースイッチ 次にニンテンドースイッチのmicroSDカードスロットはキックスタンド部分にカードスロットがあります。 ニンテンドースイッチのmicroSDカードスロット テーブルモードで使うときのスタンドを引っ張り出すとカードスロットが顔を出すので、ここにmicroSDカードを入れましょう。 ニンテンドースイッチのmicroSDカードを入れる 再起動が必要となるので再起動をします。 ニンテンドースイッチを再起動 これでmicroSDカードを使うことができるようになります。 普通に使うことができそうです。 microSDの書き込みと読み込み時間 ドラゴンクエストヒーローズ1• 2 体験版をmicroSDカードを入れた状態でダウンロードをします。 つまりmicroSDカードにゲームデータが格納されることになります。 ゲームデータをダウンロードする時間 1GBのデータをダウンロードするのに7分2秒ほどの時間がかかりました。 オープニング画面からゲーム画面に移行する時間を測定します。 約20秒の時間がかかりました。 本体メモリの書き込みと読み込み時間 次にmicroSDカードを抜いた状態でドラゴンクエストヒーローズ1• 2 体験版をダウンロードします。 つまり本体メモリにゲームデータが格納されることになります。 1GBのデータをダウンロードするのに5分49秒の時間でダウンロードができました。 microSDカードにダウンロードするよりも2分ほど早くなっていますね。 オープニング画面からゲーム画面に移行する時間を測定すると約17秒となり、microSDカードから読み込むよりも3秒ほど速くなっていますね。 やはり本体メモリからゲームロードした方が速いようです。 スイッチ おすすめのマイクロSDカード まとめ スイッチのmicroSDカード ニンテンドースイッチはパッケージ版とダウンロード版のどちらかで遊ぶことができてそれぞれのメリット・デメリットがあります。 パッケージ版のいいところはコレクションとして集めたり、中古で安く購入したり売ったりできることでしょう。 ダウンロード版のいいところはゲームカードの差し替えをしなくてもゲームを切り替えができ、同時起動も可能。 スマホに慣れてしまった僕はゲームカードを抜き差ししてソフトを変えること動作がすでに億劫になってしまっています。 そんな人は大容量のmicroSDカードをニンテンドースイッチ入れて使うのがおすすめです。

次の

【2019年版】ニンテンドースイッチにおすすめマイクロSDカードはこれだ!厳選3選!

スイッチ ライト sd カード

Nintendo Switch 本体の内蔵容量はわずか 32GB しかありません。 また一部はシステム領域で利用されているため、利用できるのは実質 30GB 弱ほどになります。 2019年8月30日から販売された新型モデルも容量は同じです。 パッケージ版として販売されているカートリッジは、最大容量が 16GB です。 昨今はゲーム内で高画質な映像が多く用いられるため、必然的に容量は拡大傾向にあります。 容量の大きいゲームをいくつかピックアップすると次の通りです。 タイトル 容量 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 15. 7GB ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD 13. 4GB ポケットモンスター ソード 10. 2GB ポケットモンスター シールド 10. 2GB つまり本体容量が 32GB しかないので、実質ダウンロードできるゲームは たった2本です。 もちろん容量の小さいゲームもあるので、一概に2本とは言い切れませんが、それでもダウンロードをメインで考える場合は容量が足りないのは確かです。 容量が少ないのは価格の都合? 昔と違って、昨今のゲーム機本体は価格が3万円前後するのが当たり前です。 少しでも安く提供するには、コスト削減は必須です。 例えば内蔵メモリにはアクセスの速いフラッシュドライブを採用していますが、これが大容量になると一気に価格が高騰する原因になります。 もし 256GB や 512GB の容量を採用していたら、本体価格は5万円を超える高額なものになる可能性もあります。 ただ、大半の利用者は価格を釣り上げてまで大容量を求めていないのが事実です。 よって、本体容量は 32GB で十分だろうというのが、ニンテンドーの出した答えなのでしょう。 コストカットは他にもある Nintendo Switch はオンラインサービスがあるにも関わらず、本体には LAN ポートすら付いていません。 ゲームをやる人ならよく分かると思いますが、Wi-Fi の無線で接続するよりも、LAN ケーブルの有線接続の方がネットワーク回線の安定性が高いので好まれる傾向にあります。 本体のコネクタに汎用的な USB Type-C を採用したのは評価できますが、満を持して発表した最新ハードが要所でコストカットした一面が見えてしまうのが残念です。 LAN コネクターはニンテンドーのライセンス商品ではなくても利用できます。 パソコンで使われる USB タイプの LAN コネクターであれば、スイッチに流用することが可能です。 Nintendo は高性能を求めていない PlayStation や Xbox はプレイヤーの年齢層が高いこともあり、処理能力がある程度必要になるような FPS 系のゲームが多いですが、Nintendo はそもそも最高レベルのゲーム機で技術を集約したゲームを提供するよりも、年齢問わず楽しめるゲームを提供することに重きを置いています。 そのため、ハードウェアの性能も他と比べると見劣りしてしまいます。 それでも魅力あふれるコンテンツでカバーできるのが、Nintendo の持ち味ではないかと思っています。 Nintendo Switch の容量はマイクロSDカードで追加 によると、本体の背面に microSD カードスロットが搭載されています。 Android ユーザーには馴染みのある SD カードです。 どれくらいの容量まで対応している? インターネットにつないで、本体のファームウェアアップデートを実施しないと 上限は 32GB までとなります。 本体の更新により、容量の大きな microSD カードが使えるようになります。 容量の上限については特に記載されていませんが、対応している SD カードの種類が microSDXC までとなるため、 理論上は 2TB が上限になります。 ただし、こんなに大容量のマイクロ SD カードは販売されていないので、現実的には 128GB もしくは 256GB のマイクロ SD カードを利用することになります。 Nintendo Switch のソフトはパッケージ版を買うべきか? カートリッジのサイズは 3DS と比べても、ほとんど同じ大きさです。 Wii や Wii U のようなディスクでないため、複数本持ち歩くのも苦にはなりません。 カートリッジを取り替えるのが手間でなければ、SD カードを使わなくても何も問題ないでしょう。 本体容量の少なさは、ダウンロードプレイをメインで考えていた人にとっては残念な仕様です。 しかし必要な人は SD カードを追加してパワーアップできるので、伸び代がある作りなのは評価できるポイントです。 マイクロ SD カードは必要か? 必要性は、どんなゲームをプレイするかによります。 僕の場合は、当初 Switch 版のマインクラフトをプレイするためにマイクロ SD カードを利用していましたが、今はパッケージ版も販売されています。 今でも主な用途は、パッケージ版が無いソフトのダウンロード用として活用しています。 microSD カードが無いと、すぐに容量がいっぱいになってしまい、プレイしないソフトの削除をしなければなりません。 僕の microSD カードの用途• 無料体験版のダウンロード• パッケージ版がない無料ソフト(フォートナイト、他)• パッケージ版がない有料ソフト(オーバークック、他)• 発売日すぐにプレイしたいソフト• 頻繁に遊ぶソフト ちなみに、スマブラ発売に伴いダウンロード版の利便性を改めて感じています。 我が家ではテレビに接続してプロコンでプレイしているので、カートリッジ式だと交換にも手間が掛かります。 ダウンロード版であれば、コントローラーの操作のみでゲームを切り替えられます。 遊ぶ頻度の高いゲームほど、SD カードにダウンロード版を入れていくと快適になるのは事実です。 スプラトゥーン2をプレイして、スマブラをやったかと思ったら、フレンドがオンラインになり改めてスプラトゥーン2に戻したりと、カートリッジ交換だと何度も入れ替えるのが本当に面倒なのです。 UHS-I について詳しい情報を知りたい方は、次のページを参考にしてください。 SD カードは Switch へ挿しっぱなしになるので、ある程度値段が張っても安心できる製品を選ぶことが重要です。 ただ昨今は日本のメーカー/海外メーカー問わず品質が高いので、僕は性能重視かつコストパフォーマンスが高いことを基準に購入しても大丈夫です。 容量はどれくらい必要か? マイクロ SD カードで市場に出回っている大容量タイプは 256GByte と 512GByte です。 少し前までは数万円する程でしたが、今はかなり手頃な価格まで落ちています。 半年前なら 128GByte 推しでしたが、そんなに毎日ゲームをしない僕でさえも 128GByte 1枚では足りなくなってしまいました。 これから買うなら 256GByte を選んだほうが遊べるゲームの幅も増えて、安心感もあるのではないかと思っています。 1枚で不足した最大の要因は フォートナイトのような無料のダウンロード専用コンテンツが増えたことです。 無料ならダウンロードしてしてみようから始まり、いつの間にか 128GB の容量いっぱいとなったのが僕です。 (苦笑) 転送速度は高速が良い? 転送速度が速い SD カードは、それだけ金額も高くなります。 SD カードの性能が良すぎても、Switch では活かしきれません。 僕が実際に利用している microSD カードで、実際にスイッチで利用しても全く問題なかったものを厳選しています。 コスパが最強の万能 SD カード• スピードクラス …… Class 10• UHS-I• UHS クラス … 3• 保証期間 ………… 10年 Nintendo Switch に利用するには十分すぎる能力を持っています。 値段・性能に対する価格のバランスが良く、デジカメや GoPro などにも使える万能 microSD カードです。 かなり性能が高く、 コストパフォーマンスは最強 と銘打っておすすめできる良い製品です。 普段は Android とデジカメ用に使っています。 品質面や信頼度が高いのも評価できるポイントです。 今回紹介する microSD カードの中で、公式のマイニンテンドーストアでも販売している唯一の製品です!ニンテンドー公式のストアだと販売価格が高いので、買うなら Amazon のようなネットショップで買うのがおすすめです。 価格重視なら Transcend• スピードクラス …… Class 10• UHS-I• UHS クラス … 1• 保証期間 ………… 5年 僕自身は Transcend のカードをこれまで8枚ほど購入していますが、初期不良もなく長いものだと5年以上使っているので、満足度としては高いです。 Amazon レビューを見ると初期不良に関するレビューを見かけますが、これはどのメーカーの製品を買ってもあり得る話です。 Transcend は性能に対して価格が安いのが特徴ですが、Samsung 製のほうが使い勝手が良いため、Amazon の売れ筋ランキングを見ても Samsung 人気が高いのが伺えます。 UHS スピードクラス 3• UHS-I 対応• 保証期間 ………… 5年 ここ数年で一気に名前が表に出るようになった台湾のメーカーで、価格の安さが売りです。 2019年モデルになって性能が一気に向上し、Samsung や Transcend と拮抗するほどになりました。 仕様上 3D NAND を採用して品質・信頼性は上がったものの、マイナスなレビューも散見されます。 まだ microSD 界では王道と言えない程度ゆえ、購入するならそれを理解した上で検討してください。 なお Switch 用としての性能は、こちらも十分なくらいの能力を持っています。 人気の SanDisk をおすすめしない理由 大容量で値段も安く、以前から人気がある商品です。 しかし、ネットで購入できる並行輸入品や海外パッケージ版は、 日本国内の代理店のサポートが受けられないので注意が必要です。 この影響もあってか、いつの間にか Samsung の EVO シリーズが microSD の人気商品として、ランキング上位に君臨するようになりました。 SD カードはいくら信頼の高いメーカーの製品を購入しても、数ヶ月で故障してしまう製品がまれに含まれています。 初期不良による交換期限が切れた場合は、通常サポートによる保証で交換してもらうことになるので、海外用に作られたものを購入するのはおすすめできません。 なお代理店から販売されている製品は、しっかりと保証が付きサポートが受けられます。 しかしその一方で、microSD カード自体の価格が一気に上がってしまいますので、購入の際は気をつけてください。 サポートなんてどうでもいい!安くて品質がある程度定評があれば並行輸入品でもいい!と考えているなら、SanDisk の 256GB の microSD カードが最もコスパの高い製品です。 イチオシは出来ませんが、性能面だけなら十分におすすめできるレベルです。 マイクロ SD カード選びは意外と難しい 普段から SD カードを利用しているユーザーであれば、自身のお気に入りのメーカーから選ぶのが良いですが、スマホを iPhone にしてから SD カードと無縁になってしまった人も増え、どの SD カードを選ぶべきか悩んでしまうのが正直なところだと思います。 僕はメインが Android であり、他にもデジカメやウェアラブル端末等でお世話になっているので、それなりに SD カードは使い込んでいるほうだと思っています。 上記に紹介した製品は、僕がこれまで利用してきたものから選ばせていただきました。 Nintendo Switch は SD カードにそこまで強靭な性能を求めていないので、上記のいずれかを選んでおけば間違いありません。 判断基準は人それぞれですが、Amazon や楽天の売れ筋ランキングも参考になると思うので、参考にしてみてください。

次の

Nintendo Switch Lite を買ったのでレビュー。Wi

スイッチ ライト sd カード

ニンテンドースイッチは、ゲームを パッケージだけでなくダウンロードでも買えるというのが特徴。 わざわざ店舗に行かなくても、家にいながらゲームを購入することができます。 ダウンロード版のほうが パッケージ版より安かったり、 ダウンロードでしか買えないゲームもたくさんあります。 ダウンロード版のゲームを購入するときに気になるのが、 スイッチ本体の容量。 ダウンロード版メインでゲームを買う人は、容量を増やす マイクロSDカードは必須になります。 この記事では、様々なマイクロSDカードの中からオススメを厳選してご紹介! 安価で購入できるものも、ランキング形式で紹介しています。 ニンテンドースイッチをより快適にプレイするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。 そもそも容量を増やす必要はあるの? そもそも、ニンテンドースイッチの本体容量は 32GBしかありません。 では、ゲームの容量はだいたいどのくらいなのでしょうか。 タイトル名 必要な容量 Xenoblade2 13. 1GB ゼルダの伝説 14. 3GB ドラゴンクエストX 24GB 主なタイトルをまとめましたが、ボリュームが多いゲームは 容量が大きいですね。 このソフトを3つ購入するとなると、容量は合わせて51. 4GB。 スイッチ本体の容量は32GBなので 圧倒的に足りませんよね。 本体には、ダウンロードソフトの他にもゲームのスクリーンショットやセーブデータも保存しています。 ダウンロードソフトやスクリーンショットはマイクロSDカードにも保存できますが、 セーブデータは本体にしか保存できません。 ゲームのセーブデータで、本体の容量がなくなってしまうということもありますよね。 快適にプレイするためにも、 マイクロSDカードは必須だというわけです。 マイクロSDカードを選ぶ基準は? スイッチで使えるマイクロSDカードの種類 任天堂からは、スイッチ専用のマイクロSDカードは販売されていません。 市販のマイクロSDカードを購入する必要があります。 使用可能なマイクロSDカードの種類は 以下の3つ。 これらのマイクロSDカードなら、ニンテンドースイッチで使用することができます。 マイクロSDカードの速度の基準 マイクロSDカードには、 速度というものもあります。 ゲームを快適にプレイするためにも、速度は重要ですよね。 ニンテンドー公式サイトには、速度について以下の基準が書かれています。 UHS-I対応• あまりダウンロードでソフトを購入しない人や、を中心にプレイする人には 64GBがおすすめ。 耐水性や 耐衝撃性もあるので、安心して使うことができます。 SDカードアダプタがついているので、SDカードとしても使用可能。 128GBのおすすめマイクロSDカード安さランキングベスト5 ダウンロードソフトを中心に購入する人は 128GBがおすすめ。 マイクロSDカードは、容量がなくなって交換するときに一度 パソコンなどにデータを全てコピーする必要があります。 二度手間にもなるので、あらかじめ大きい容量のマイクロSDカードを購入しておきたいですね。 3DSでも動作確認済みなので、3DSでも安心して使うことができますね。 防水性や 耐衝撃性もあるので、水に濡らしてしまったりちょっと落としてしまっても安心。 保証期間も10年あるので、万が一の時にも安心ですね。 高くても高性能なマイクロSDカードが欲しいなら マイクロSDカードの安さランキングを紹介しましたが、やはり 安全性が気になりますよね。 大事なゲームのデータを保存するものなので特に慎重に選びたいところ。 また、ずっとスイッチに挿したままになるのでうまく動作してくれるものがいいですよね。 少し値段は高くでも、 安心して使える高性能なマイクロSDカードはこちら。

次の