濱口竜介。 カンヌ常連、ダルデンヌ兄弟の監督術 濱口竜介が迫る:朝日新聞デジタル

ミニシアターで働く人の危機で、濱口竜介が考えた「責任」

濱口竜介

昨年、日本国内で濱口竜介監督『寝ても覚めても』についての話題が盛んに飛び交ったタイミングは2回あった。 1回目は、同作がコンペティション部門に選ばれたカンヌ映画祭が開催された5月。 ご存知のように、そこでパルムドールを受賞したのはコンペティション部門にノミネートされていたもう1本の日本映画、是枝裕和監督『万引き家族』だったわけだが、初の商業作品(という括りが濱口竜介作品においてあまり意味があるとは思えないが)でいきなり世界各国の巨匠や俊英たちと競い合うことになったこと自体が快挙であった。 ちょうどその時期、フランスでは前作『ハッピーアワー』も劇場公開されて、日本国内以上の動員(『ユリイカ』2018年9月号によると14万人以上)を記録。 濱口竜介は新進気鋭の映画作家として国外で認知されるだけでなく、商業的な成果も残しつつあるのだ(『寝ても覚めても』も、台湾や香港やブラジルでの海外公開に続いて今年フランスで公開されてヒットを記録)。 そして言うまでもなく2回目は、『寝ても覚めても』がカンヌでのワールドプレミアから約4か月を経て、ようやく日本で公開された9月のこと。 ソーシャルメディア上では、過去に濱口竜介作品を観てきた人、本作で初めて観た人を問わず、前評判を超えるその作品の卓越性に対して驚きの声が溢れることとなった。 そのタイミングで印象的だったのは、ちょうど同日の9月1日に公開された三宅唱監督の『きみの鳥はうたえる』を前後に劇場で体験し、その興奮と合わせて言葉にしていた人が多かったことだ。 映画好きの間で頻繁に名前が挙がる自国の監督が長らく固定化していた(例えば、是枝裕和や黒沢清が国外の映画祭での受賞などをきっかけに広く注目されるようになったのはもう20年以上前のことだ)日本にあって、『寝ても覚めても』と『きみの鳥はうたえる』の「同時公開」は、間違いなく新しい時代の到来を告げる「事件」だった。 実際のところ、数々の参照点を含めて「語りしろ」の多さというのは濱口竜介作品の大きな特徴であり、『寝ても覚めても』もその例外ではない(本作では作中に出てくる牛腸茂雄の写真やチェーホフとイプセンの演劇が鍵にもなっている)。 特に『寝ても覚めても』は物語の本筋があまりにも(メロ)ドラマティックで、終盤には(物語においてもそのビジュアライズにおいても)俄かには信じがたい出来事が続くので、初見時は呆気にとられているうちにエンドロールを迎えたという観客も多いはず(自分はそうだった)。 今回のソフトに収録された、監督とプロデューサー山本晃久と『ハッピーアワー』の評論だけで一冊の本を書き上げた三浦哲哉の3人によるオーディオコメンタリーや、監督とキャスト陣によるビジュアルコメンタリー(Blu-rayにのみ収録)を手がかりに、その作品世界を再訪することで新たに気づかされることも多い。 もっとも、『寝ても覚めても』は決して難解な作品でも、解釈のバリエーションの多さに戸惑うような作品でもない。 1人の女が「1人目の男」と出会い、それから2年と少し経って「同じ顔をした2人目の男」と出会い、さらにその5年後に「1人目の男」と再会し、その後……という約8年間の年月を跨いで描かれるラブストーリー。 それがいわゆる巷に溢れている他のラブストーリーと似ているかどうかは別として(似ている部分はほとんどない)、言葉本来の意味において純然たるラブストーリーであることは間違いない。 また、そこでの主人公の行動原理に共感を覚えるかどうかは別として(少なくとも男性は唖然とする人の方が多いのではないか)、作中における時間は直線的かつ不可逆的に流れていく。 主要キャラクター3人の友人である周囲の人々の言動にも、何ら謎めいたものはない。 序盤のクラブでのシーンを筆頭に、作者の意図から外れてリアリティが破綻しかけているいくつかの箇所が気にはなるものの、本作において「リアリティ」はさほど重要ではないだろう。 なにしろ、原作小説で「同じ顔」として文字だけで表現された人物を、映画の中ではまったく同じ人間=東出昌大が演じているのだから。

次の

カンヌ常連、ダルデンヌ兄弟の監督術 濱口竜介が迫る:朝日新聞デジタル

濱口竜介

あるカップルはその席上で結婚を発表するが、期せずして男の過去の浮気が発覚してしまう。 そしてその浮気相手はその場にいた別の男とも関係を持っていたことがわかり……。 それぞれに人生の転機を迎えた6人の男女の恋模様は、単なる恋愛感情だけにとどまらない人間関係の深みそのものをあぶり出して行く。 恋や愛についての他愛もないおしゃべりが、横浜の美しい夜景の中で積み重なって行く。 そこにいるのは、映画を見る観客たちと同様に、月並みで平凡な人々だ。 だが彼らのありふれた言葉や振る舞いが、時に私たちの人間性の核心、人生の核心に触れる。 「暴力」や「真実」、そして「奇跡」について対話が紡がれるとき、そうした抽象的な概念が紛れもなくスクリーンに映し出されるのを目撃する。 それは同時に、ありふれた私たちの日常生活の中から、「映画」が確かに生まれ出るのを目撃する瞬間でもある。 濱口竜介 Ryusuke Hamaguchi 1978年生まれ。 神奈川県出身。 東京芸術大学大学院映像研究科の修了制作『PASSION』 08年 がサン・セバスチャン国際映画祭や東京フィルメックスから高い評価を得る。 その後も『THE DEPTHS』 10年 、『なみのおと』『なみのこえ』 11~13年/共同監督:酒井耕 、4時間を越える長編『親密さ』 12年 等を監督。 現在は神戸に居を移し「即興演技ワークショップ」を9月から開催。

次の

蓮實重彦が「日本映画はその第三の黄金期へ」と絶賛 濱口竜介『寝ても覚めても』著名人コメント|Real Sound|リアルサウンド 映画部

濱口竜介

左より黒沢清監督、濱口竜介監督 黒沢監督絶賛!『ハッピーアワー』はものすごく驚きで感動的作品!! この日に上映された作品は当時数々の映画祭にて主要賞を受賞した『ハッピーアワー』。 5時間17分という長尺の上映時間としても有名だが、まず『ハッピーアワー』を観た黒沢監督は、 「濱口作品の中でも『ハッピーアワー』の大きな特徴は、とても生々しく、日常とは違うがある種のリアルに起こっていることが積み重なっていく。 しかしおもいきったフィクション、ひょっとするとファンタジーという最後が待ち受けている。 そこに到達するための前段階としてゆっくりしたリアリズムを重ねていく。 ここ、という明確なところはないのですが、後半のある時を境にレベルが違ってくる瞬間があって、それがものすごく驚きで感動的でした」 と開口一番に絶賛のコメント。 さらに「リアルであることと、明らかにフィクションであること。 その区別はどうやったの?」と いう質問に濱口監督は 「ありがとうございます。 でも身も蓋もないことなんですが、黒沢さんの影響が一番大きかっ たんです。 僕はどちらかというと日常よりの人間だった。 しかし黒沢さんの元で2年間学んだことで、思いもよらないようなもの、まさかこんなものが出てくるなんて思わなかったというところに辿り着かなければ、映画を撮ってる甲斐がないという考えになったんです」と、東京藝術大学で黒沢監督に学んだことを思い出しながら語った。 濱口竜介監督 5時間越えの本作に、どのように脚本を作っていったかという質問に濱口監督は、 「演技経験のない素人を集めワークショップを経てから脚本を書くというやり方で撮ったんですけど、3、4ヶ月ぐらいワークショップをやったぐらいで最初は2時間半ぐらいの脚本を書きました。 しかし撮っていく内に、みんな色々な演技ができるようになっていったので、どんどん脚本を足していって5時間越えという長さになりました」と、撮影秘話を明かした。 ワークショップ経験があまりない黒沢監督は、その撮影方法に驚きながらも 「素人を演技指導するのはとても難しいのに、その人たちに架空の人物を演じさせ、最終的にそんなことが起こるの?というフィクションにもっていくのは本当にすごかった」と絶賛。 さらに実は本作は最初3つの台本があったという濱口監督。 「それぞれキャストの人に読んでもらって選んでもらおうとしたんですけど、「こんなん読んでもわからん」と言われまして…。 けれど結局『ハッピーアワー』になった台本はサブキャラクターも含めそれぞれが変な輝きを放つものになったと思います」と、驚きの事実に「そんな面倒臭いことしたんだ(笑)」と黒沢監督は笑いつつも、興味津々な様子を見せた。 濱口監督は黒沢監督の考えを変えた存在だった!! 東京藝術大学で当時のことについて濱口監督は、「黒沢さんの授業は、全体に向けた講義と、ファミレスで黒沢さんと生徒がお茶を飲みながら話すゼミの2つがありました。 とくにお茶を飲みながら語る会では、みんな黒沢さんのことが大好きで、作品や撮影方法について聞くことができたし、黒沢さんも「あれはね…」と教えてくれ、とても親密な雰囲気でやっていました」と当時のことを懐かしそうに語った。 それに対し、「あの時は自分の映画がなかなか撮れない時期だったので、毎週大学へ教えに行ってましたね。 今はそんなしょっちゅう行けてないですが、2期である濱口の代や4期の生徒たちとは今でも会うし、僕も親密だったと思います」と黒沢監督。 続けて当時濱口監督がどのような生徒だったかという質問に、「授業で『顔のない眼』の映画評論を書いてもらったことがあったんだけど、濱口の評論が抜群に面白かったので、みんなの前で発表させてました。 本当に筆が立つ人だったので、濱口の脚本はセリフが多くて読んでておもしろいんだけど、わからなかった。 脚本だけ見ると本当に撮れるのか?と疑問を感じてもいた。 濱口の修了作品『PASSION』の脚本を見た時もそう思ったんだけど、しかし撮ったものを観たら「あ、こう撮る気だったのね。 失礼いたしました」と反省した。 それ以来、監督が撮るために書いた脚本に僕自身何も言わなくなった。 撮り方もわかっていて書いているのだから、脚本の段階で色々言うのはやめた。 それは濱口がそうだったから自分の考えが変わったんです。 変に人を惑わすところがあるし、才能があると思います」と当時の濱口監督を絶賛。 それに対し、「黒沢さんの方が惑わす気がしますけど…」と濱口監督がぼそっとつぶやき、会場の笑いを誘った。 黒沢清監督 『寝ても覚めても』は奇跡的な映画!! 最後に、黒沢監督にどうしても聞きたいことがあると言う濱口監督。 「すでにご覧になっていただけたと思いますが、新作『寝ても覚めても』はいかがでしたか?」と少し緊張気味。 一足先に鑑賞した黒沢監督は、「僕がどうこう言うまでもなく『寝ても覚めても』は大騒ぎになる作品だと思う。 先ほども『ハッピーアワー』で言ったような、気持ちのいいぐらいある種の生々しさと、フィクション、それを超えたファンタジーが奇跡のように融合した作品だと感じました。 5時間越えの『ハッピーアワー』でやったことを見事2時間に集約している。 奇跡的な映画です」と、師匠である黒沢監督の感想に感動した様子で「ありがとうございます」と濱口監督。 最後に黒沢監督は、「『ハッピーアワー』を観て、5時間長いな…と思った方は是非『寝ても覚めても』をご覧ください」と、 観客へメッセージを残した。 youtube. 亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。 真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。 しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。

次の