ポパイ キャラクター。 ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分

ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分

ポパイ キャラクター

概要 [ ] 、( Elzie Crisler Segar)により『シンブル・シアター( Thimble Theatre)』という作品で生み出されたキャラクターで、初めは主人公ハム・グレイヴィ( Ham Gravy)とその恋人オリーブ・オイル( Olive Oyl)、オリーブの兄カスター・オイル( Castor Oyl)が中心人物の漫画だった。 オリーブ達よりも10年遅れて登場したポパイは脇役であったが、何をやっても死なない不死身な個性から一躍人気キャラクターとなり、ハムの主役の座とその恋人オリーブを瞬く間に奪い去ってしまった。 1930年代に入ると、同作の短編アニメ()映画がによって次々と制作されるようになった。 今日知られるポパイはこのアニメ版と言ってよいだろう。 物語は、を食べると超人的パワーを出す姿の小男 ポパイと、その恋人 オリーブ、そしてポパイの天敵である大男 ブルート(ブルータス)の三人をめぐるコメディである。 時々物語の舞台がやなどのシチュエーションになったり、他の物語、映画などのパロディになったりする事もある。 その場合にはそれに適した役回りを演じることもある。 ポパイのほうれん草パワーは、ほうれん草等のを食べない小学生に野菜が必要な事を説く際、多くの母親たちが引き合いに出したエピソードでもある。 なおこの作品が制作された当時、ほうれん草の缶詰は製造されていなかった。 「ヘラクレスとほうれん草( Greek Mirthology)」(1954)では、当初ポパイの先祖はにんにくの匂いを嗅いで力を出していたが、ブルートに除草剤のような液体をかけられ匂いがなくなったにんにくの代わりにほうれん草を食べたところ、にんにくの匂いを嗅いだ時以上の力を発揮し、以後ほうれん草を食べるようになったという説もある。 1960年代には初めてシリーズが制作され、にも、の手によって新作のテレビアニメが制作された。 1970年代頃には、ポパイそのものがほうれん草のあだ名にもなった。 1980年に監督に、主役のポパイに(日本語吹き替えは)でアメリカで実写映画化。 2004年、ポパイ誕生75周年を機にポパイのアニメがアメリカで放映された。 2009年12月8日、エルジー・クリスラー・シーガー生誕115年を記念してのロゴに登場した()。 2018年には、CGでアニメ映画化予定。 配給は。 著作権・商標権 [ ] の ()によりが管理、運用されている。 初期作品は一話完結形式であったことから、米国司法による判断 [ ]では著作権については保護期間が満了しており、キャラクターグッズなどの商品化、あるいは二次創作については、著作権満了した作品からの引用であれば許可を得ずに製作することが可能。 ただしポパイのタイトル、タイトルロゴ、および各キャラクター名はキング・フィーチャーズ・シンジケートにより商標登録されているため、許可なくロゴを入れたり名前を記述に入れたりすることができない。 Licensed by King Features Syndicate,Inc. 」と表示されている。 アニメの内、フライシャー・スタジオ(1933~42)、フェイマス・スタジオ(1942~57)製作分は、 ((a. p))によって買収され、現在、から正規版DVDが発売されている。 また、一部の作品は倒産と版権不継承によりとなった作品が多いことからとして流通している。 日本での評価 [ ] 日本でも、からまで『』(枠)で放映されたテレビアニメは最高視聴率33. 後半 にはCS放送ので放送。 以来10年近くに渡って時間帯を変えながら放映を続けてきたが、HD放送に伴い終了した。 同じCS放送のでは"ポパイの魔法のランプ"を放送したことがある。 日本への紹介は早く、戦前の雑誌『』で漫画の翻訳が掲載されている。 また戦時中の漫画でもアメリカ海軍に見立てたブルートを日本兵が倒すというものがある。 『エノケンの孫悟空』 昭和15年作品)で扮する孫悟空がポパイのテーマ曲をバックにからほうれん草をもらいたちまち元気になるシーンがある。 TBS版アニメ放送中は、によって版が『』()に連載された。 『ポパイ』の名は社名や店名などでも数多く採用されており、特に業務用などを製造・販売しているは、ロゴマークにほうれん草を模っていた。 登場人物であるポパイ、オリーブ、ブルート(ブルータス)の名前はそれぞれ、「」「」「」としてから発行された若者向けの代表的な雑誌の名前に採用されている。 にはのに、勇者の冑を着けたポパイのイラストが登場したが、版権元から「使用許諾を得ていない」とクレームがついたため、たった2日でお蔵入りとなった。 、日本のバンド「」がテーマ曲を調にアレンジした『ポパイ・ザ・セーラーマン』を発表、40万枚のヒットとなった。 同年公開の映画『』(主演、監督)では、挿入歌として使われている。 又ではのとして使用され、でもの定番曲としてよく使用されている。 では「JALスキーツアー北海道キャンペーン」のキャラクターにも起用された。 (1984年まで) にのCMキャラクターに起用された。 に放送されたでは、後半のエピソードにユートピヤン知事に変身した幽霊博士がベッドに書かれた文字を指して「ポパイ! 」と叫ぶシーンがある。 に任天堂から、、用アクションゲームとして同名の『』が、1983年12月にファミコン用教育ソフト『』がリリースされた。 にから発売している軽自動車『』のCMキャラクターにポパイが起用された。 にから発売している小型トラック『』のCMキャラクターにポパイが起用された。 にから用アクションゲーム『』がリリースされた。 にからポパイの機が登場し、全国のパチンコ店に設置された。 中にはアメリカ政府により、としても使用された。 が始まると、ポパイが軍と戦う的なエピソードがフェイマス・スタジオ制作分で何種類か作られた。 例えばの『』(あんたは間抜け、ミスター・ジャップ)では、ポパイがの戦艦を破壊するが、登場する日本人はいずれも眼鏡、出っ歯などの的な要素を強調して醜く描かれている。 の『 ()』(対英ほうれん草輸送)では、を展開するの潜水艦()と戦う。 登場するドイツ兵は全員がちょび髭で、事ある毎にをして「ハイル・ヒトラー」と叫ぶなど滑稽な存在として描かれている。 同年の『 ()』(星条旗を見よ)も、海軍に志願したポパイとブルートが協力して日本軍のスパイを一掃するという内容で、クライマックスではの拳がやを殴り飛ばすシーンもあった。 出身、年齢は34歳。 水兵()のセーラー服姿でいつも口にパイプを銜えている、ひしゃげた顔の小男。 両腕にはの形のをしている。 普段は温厚かつお人好しであり、子供(特にポパイに似た四つ子の甥)に対する面倒見もいい。 反面、美人に弱くだらしない一面を見せることもある。 喧嘩が強く腕っ節が自慢だが、ブルートと正面からの殴り合いでは圧倒されることも多い。 恋人オリーブを巡ってブルートといつも騒ぎを起こし、最初は自力で対応しようとするが、物語が終盤に近づいていよいよ危機的状況になると、に入ったほうれん草を食べて超人的なパワーを生み出し、ブルートをやっつける。 ほとんどの場合、缶詰は缶きりを使わず、握り潰して開封し、ほうれん草を流し食いする。 地面にほうれん草の種をまき、見る見る成長したほうれん草をちぎって食べたり、を食べても超人的な力を発揮する場合がある(ポパイ曰く、「ワカメは海のほうれん草」)。 自分で食べるだけでなく、おんぼろ自動車のガソリンにほうれん草を混ぜて超パワーを出したり、悪役に食べさせて獲得させた超パワーを逆手に取って倒すなどの応用を見せることもある。 あるエピソードではほうれん草を自家栽培している姿も描かれている。 水兵(船乗り)以外にも、、、、、、、、、、、、、、、、食堂の経営など、様々な仕事をこなしている。 服装は原作及びフライシャー・スタジオの中盤までは、いかにも船乗りらしい黒いセーラー服だったが、ポパイがに入隊する作品「ポパイの海軍入隊(The Mighty Navy)」(1941)以来は、海軍の制服である白いセーラー服を度々着用するようになり、フェイマス・スタジオでのポパイは白いセーラー服が定着している。 そしてセーラー服以外の服を着用する時は必ず、セーラー帽をかぶることがある。 性格は原作やフライシャー・スタジオ時代では、野性味がある荒っぽい一面が目立っていたが、フェイマス・スタジオに変わってからは性格が都会的になり、フライシャー・スタジオ時代と比べて、かなり穏やかになった。 困った時の口癖は「わぉ!なんてこったい! 初代声優の浦野によると、TBS時代に翻訳を担当したが訳しにくい等をほぼ全て「わぉ!なんてこったい!」に統一してしまったのがポパイの決め台詞として定着していったとの事。 出身、年齢は29歳。 痩せっぽちで決して美人とはいえない(フェイマス・スタジオ版では、そのエピソードで初対面設定のブルートやポパイが「大変な美人」と一目惚れするシーンも多い)が、牧場や店を興したりなどして自活しているしっかり者の女性。 気が強いところもあり、ポパイがだらしない態度をとるとブルートへ浮気に走ることもあるが最終的にポパイのところに戻ることが多い。 二人に振り回されて痛い目によくあう。 彼女も缶詰のほうれん草を食べるとパワーが出せ、ポパイの代わりに危機的状況を打開したこともある。 新シリーズではブルートに浮気する描写がほとんどなくなった。 カリフォルニア州出身、年齢は36歳。 身長2メートルを越すヒゲ面の大男。 ポパイ以上の腕っ節の強さを持つ。 強引で手加減知らずの乱暴な性格だが悪知恵だけは働き、力押しが通用しない相手には搦め手で出し抜こうとする。 物語冒頭ではポパイと仲良くしている事が多いが、オリーブに惚れており、ポパイから何とか奪い取ろうと画策しすぐにを始める。 最初はお人よしのポパイを騙して出し抜いたり、腕力で圧倒して危機的状況に陥れることが多いが、最後には必ずほうれん草を食べたポパイにやられている。 容姿が似た別の悪役が彼のポジションを担うこともあり、女性役で出た回はポパイを自分のものにしようとしてオリーブにやられた。 定番の悪役だが根っからの悪人ではなく、時々、ポパイと協力して彼以外の悪役キャラクターに立ち向かう場面も見せている。 ポパイとオリーブと同様、彼も缶詰のほうれん草を食べるとパワーが出せ、ポパイに気付かない内に食べさせられて超パワーを扱いきれず自滅したり、ポパイとの共闘時に食べて危機的状況を打開したこともあるが、新シリーズではほうれん草が嫌いという設定になった。 無類の好きで、いつも片手に食べかけのハンバーガーを持ち歩いている。 ハンバーガー欲しさにポパイにをせびる事も。 本名はJ. ウェリントン・ウィンピー(J. Wellington Wimpy)。 ポパイと同じく、カリフォルニア州サンタモニカ出身、年齢は34歳。 彼の名にちなんだチェーン「」が存在する。 スウィーピー(Swee'Pea) ポパイが「にした」という ませた。 かなり賢く、言葉を話す。 時折目を放した隙に危険な場所へ出歩き、騒動を起こしてはポパイ達を困らせている。 実はデモニア国の皇太子という設定。 1980年実写映画版の設定では、スイートヘヴンので暮らす老婆の家で育てられており、捨てられる直前は家でベビードレスを着せられ、頭にをかぶせたあと、にくるんでクッションが入ったに入れて寝かせつけられ、寝てる間にベビードレスの胸元にでがつけられ、、も添えられた後、ふたで閉じられてしまう。 その夜、オリーブのとすり替えられてしまい、事実上「」となってしまう。 目が覚めた時は真っ暗で、クーハンのふたを開けようとするが、外側から閉じられており、なかなか開かなかった。 それでも必死に開けてもらうようにがらがらを鳴らし続けていた。 この後、ポパイが開けたとたんに手を出した時に目が合い、ポパイとオリーブと対面することになる。 ポパイがベビードレスの胸元についていた手紙を読み、育ての老婆が病弱の為に育児が出来なくなってしまい赤ん坊を手放すことを知った時はあまりの悲しさに号泣した。 その後はポパイやオリーブに拾われ、無事に育てられることになる。 ジープ(Jeep、Eugene the Jeep) に似たミステリアスな動物。 超能力を持っており、瞬間移動や予言をしたりする。 時にアメリカが開発した4輪駆動車「」の名は、ここから採られたという説もある。 英語版では本名「ユージーン・ザ・ジープ(ジープのユージーン)」。 プープデック・パピー(Poopdeck Pappy) 声 - (大陸書房版) ずっと昔にポパイを捨てたというポパイの父。 性格はポパイと正反対。 「おじいちゃんポパイ( With Poopdeck Pappy)」(1940)でのポパイの台詞によると、年齢は99歳。 海の魔女シーハッグ(The Sea Hag) 声 - 熊倉一雄 海に棲んでいる魔女。 ブルートと同じく敵役的な存在。 いじわるな魔法を使って、ポパイたちを困らせようとしている。 バーナード(Vulture) シーハッグが飼っている、巨大な。 パパイ・ピパイ・プパイ・ペパイ ポパイの甥。 度々ポパイを困らせている。 彼等もほうれん草を食べると超人的なパワーを出せる。 アリス(Alice the Goon) 腕とすねが毛深い乱暴者の大女。 ポパイのことが好き。 ショーティー(Shorty) ポパイの海軍時代の友人で背が低く、をかけている。 長編 [ ] ポパイ(1980年実写版) [ ]• 作品名「POPEYE(ポパイ)」• との共同により製作された実写版映画。 が特殊メイクで前腕と脹脛をふくらませポパイに扮し、ブルートと対決する。 ロケ地はアンカー湾。 撮影セットはそのまま「」として残され観光地となっている。 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:• 制作:C・O・エリクソン• 制作総指揮: キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 機内上映版 ポパイ(Popeye) オリーブ(Olive) ブルート(Bluto) プープデック提督 ウィンピー(Wimpy) オリーブのママ オリーブのパパ キャスター ジージル 税金取り その他 演出 調整 杉原日出弥 翻訳 制作 初回放送 1989年5月20日 『』• 版から発売されたビデオには字幕スーパーが収録されている。 ポパイの大冒険(2004年長編アニメ) [ ]• 作品名:『 Popeye's Voyage:The Quest for Pappy』(邦題: ポパイの大冒険〜海にひそむ謎を追え! 2004年にポパイ誕生75周年を記念してアニメがアメリカで放映された。 アメリカ・カナダの共同製作。 日本では2006年にで放送された。 キャスト [ ] 左はオリジナル、右は日本語吹き替えの声優。 ハミングバード版 [ ] 70年代のテレビシリーズをVHS化、80年代にNHKで幾つかのエピソードは放映されていたが、全巻日本未公開エピソードであることが売りで、1989年発売分はオリーブ役を当時フジテレビアナウンサーだった山村美智子が担当していた 翌年発売の「ポパイ2」から篠塚まゆみに交代。 ポパイ役はNHKでは高松しげおが演じていたが、このVHSでは初代の浦野が再登板した。 ポパイ 声 - オリーブ 声 - ブルート 声 - ウィンピー 声 - スウィーピー 声 - 魔女 声 -• ポパイの宇宙旅行• 南の海のポパイ• ポパイのタイムトラベル• ポパイ大西部をゆく• ポパイの世界旅行 いずれも1989年11月25日発売 パック・イン・ビデオ版 [ ] 製作のをVHS化。 全7巻 ポパイ 声 - オリーブ 声 - ブルート 声 - ジュニア 声 - ポパイとオリーブの息子 関連項目 [ ]• (上記はパブリックドメインになった作品が多い)• コンピュータゲーム [ ]• ポパイ()• () 脚注 [ ]• 放送、調べ、関東地区• 1962年1月には、『まんが大会「鉄腕ポパイ大会」』というタイトルで17:05 - 17:30に放映された。 朝日新聞で判明(1968年2月24日の番組表より)• 「毎日新聞」で判明(未検証)。 場合によっては17:45 - 18:00に放送されたこともある、NHKクロニクル調べ• カートゥーンネットワーク 1999年10月番組表• ただし日本の放送では時間の都合上、カットされている場面が多い。 1998年7月頃のディレクTVの雑誌• ただし一部の作品には、青いセーラー服を着用している回が存在する• 『僕らを育てた声 浦野光編』、密林社、p35より• popeye. com Swee'Peaの項• 監修:石川弘義ほか『アメリカンカルチャー : 日本の戦後にとってアメリカとは 1 '45-50年代 』、1981年、156頁。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (英語) (当番組まで海外作品、当番組よりアニメ) 前番組 番組名 次番組.

次の

ポパイ|キャラクター|ヤング産業株式会社

ポパイ キャラクター

- Contents -• ポパイは世界中で愛されるキャラクター 僕にとってポパイは、子供の頃の夏休みに再放送のアニメを観たり、ファミコンの黎明期に出たポパイのゲームでよく遊んだりしていたので、当時からとても愛着があるキャラクターでした。 「ほうれん草を食べるとポパイのように強くなれるよ!」が当時の親やオトナたちの合い言葉になるくらい、ほうれん草はカラダにいい、という概念がポパイによって日本中に浸透していたのです。 ポパイはミッキーの一歳年下 そんなポパイが生まれたのは1929年、今から85年も昔のこと.. (ミッキーマウスは1928年生まれ) 当時、全米ベジタリアン協会が アメリカ全土に菜食主義を広める目的でそのイメージキャラクターを作ることになりました。 アメリカ中の人々が野菜を好きになってもらえるようなキャラクター、日本でいうところのゆるキャラの制作を協会員たちがお金を出し合って漫画家やイラストレーターに発注。 Sponsored link 当時、ニューヨーク・ジャーナル新聞に「シンプル・シアター」というマンガが連載されており、ケンカっ早い水平(海軍兵士)という悪役の設定だったのがポパイでした。 マンガの連載当時はほうれん草の缶詰が存在しておらず、ポパイがキャベツを丸ごと1個食べるとモリモリ強くなる設定だったようです。 その後、人気に火がついて1937年に短編アニメ映画になり、その後1960年にテレビアニメでシリーズ化、1980年には先日他界したロビン・ウイリアムズ主演で映画化されました。 ポパイは全米ベジタリアン協会の公式キャラ そんなポパイは、全米ベジタリアン協会の目論見を遥かに超えて世界中で人気となり、その後もさまざまなメディアで活躍することになります。 ポパイの活躍があってなのか、アメリカでは1980年代後半からお肉よりも野菜中心の食生活にシフトが始まり、ガンの発症が年々減少傾向にあります。

次の

キャラクター

ポパイ キャラクター

1921年• 1922年• 1923年• 1924年• 1925年• 1926年• 1927年• 1930年• 1931年• 1932年• 1933年• 1934年• 1935年• 1938年• 1939年• 1941年• 1942年• 1943年• 1944年• 1948年• 1949年• 1951年• 1952年• 1953年• 1954年• 1955年• 1956年• 1959年• 1960年• 1962年• 1969年• 1971年• 1972年• 1973年• 1974年• 1975年• 1976年•

次の