パチンコ ヘソ。 パチンコ機の特図1と特図2の性能の違いについて

パチンコの釘の見方を初心者向けに解説!実際に調整してた店員が暴露

パチンコ ヘソ

パチスロとパチンコの違いって? それではパチスロとパチンコの違いについて解説します。 パチスロとパチンコって、見た目では全然違いますがどのように違うかを初心者でも簡単に分かるように解説しますね。 実は詳細に言うとものすごく時間がかかりますので、本当にさくっと簡単に語ります。 パチスロって何? 簡単に言うと、パチスロはメダルを使って、遊技する遊技機です。 パチスロは1枚20円で貸出しされるメダルを使って遊戯します。 パチスロの遊び方としては、メダルを3枚投入して、リールを回します。 スタートレバーを下げた瞬間に抽選をして、当たったら、ボーナスを揃えられます。 ボーナスを揃えた後は、自動的に役と呼ばれるものが揃い、いっぱいメダルが出るのです。 ちなみにパチスロはスロットとも呼ばれます。 またパチスロには設定と呼ばれるものが存在します。 これは設定と呼ばれるランク付けのようなもので、この設定によって大当たり確率が違うのです。 こちらのように、大当たりに差がつけられていて設定1だとなかなか当たらないのですが、設定6だと当たりやすくなっています。 3 と、このアイムジャグラーでは設定6になればなるほど当たりやすくなっています。 このように設定が1から6に向かうにつれて当たりやすくなるのです。 パチンコって何? パチンコはパチンコ玉を使って、遊戯する遊技機です。 1玉4円で貸出されるパチンコ玉を使って遊戯します。 パチンコの遊び方は、パチンコ玉をハンドルを使って調整して打ち出します。 そしてパチンコ台の真ん中あたりにある、ヘソと呼ばれる投入口にパチンコ玉を入れることによって、大当たりの抽選を行います。 大当たりを引いたら、盤面下に大当たりのチャッカーが開くのでそこにパチンコ玉を入れることによって、パチンコ玉がいっぱい出るのです。 ちなみにパチンコにはパチスロのように設定が存在しません。 それでは何で出玉に差をつけているかというと、釘です。 パチンコはヘソだったり、大当たりのチャッカーだったり、寄りだったりとパチンコの盤面上の釘で勝ち負けの調整がされます。 簡単に言うとパチンコの設定が釘のようなイメージで良いです。 具体的に言うと、ヘソにパチンコ玉が入りやすくすれば勝ちやすくなります。 1000円でヘソに10回入るのと、20回入るのでは抽選回数が違いますので、20回の方が勝ちやすくなるのは分かりますよね? このように同じ金額で、どれだけ多くヘソにパチンコ玉を入れられるかで勝ちやすさの差をつけているのです。 パチスロとパチンコはどっちが勝てる? これはパチスロ初心者の方が一番気にするところです。 というか誰もが気にしますよね。 あまり深く言うと難しいので簡単に結論だけ言います。 「 どっちとも言えないです」 それでは何故パチスロ、パチンコのどちらが勝ちやすいかを明確に言えないのかを、それぞれの比較を交えて解説します。 パチスロは勝ち額が多いけど設定が見えない パチスロのメリットはパチンコと比較して「 勝ち額が多い」ところです。 パチスロは設定によって、勝ち額が決まってきます。 現在のパチスロでは、設定6だと大体1日10万円勝てるクラスのものまであります。 このようにパチスロでは設定によってある程度勝ち額が見えます。 ただしパチスロのデメリットはパチンコと比較して「 設定が分からない」ことです。 先ほど設定6の勝ち額が多いことを挙げましたが、パチスロは外からではその台の設定がわからないのです。 つまいり、いくら設定6が凄いと言っても、どの台が設定6か分からないのです。 まあ設定判別方法などはあるのですが、それも1日打ってやっとわかるかなどのレベルですので、 どうしても設定6か否かがわかるまでに負け額が膨らんでしまうことがあります。 パチンコは釘 設定 が分かるけど勝ち額が少ない パチンコのメリットは「 釘が分かる」ところです。 釘が分かるというのは、千円あたりどれだけヘソに入るかが分かるということです。 パチンコの釘とは、パチスロで言う設定で、釘が分かる=設定が分かるということです。 つまりパチンコは釘を見るだけで、その台を打てばいくら勝てるかがわかるのです。 ここがパチスロと比較した一番の違いです。 ただしパチンコのデメリットは、パチスロと比較して「 勝ち額が少ない」ことです。 先ほど釘が見えればその日の勝ち額が分かることを挙げましたが、その分パチンコは勝てる額がパチスロに比べて少ないのです。 パチスロで10万円勝てるような台をパチンコでやろうとすると、釘をとんでも無いくらい広くしないといけません。 流石にそんな台は色んな人にバレてしまうので、パチンコ屋もできないのです。 そのためパチンコ台の釘は、日当3万円くらいの台を置くのが限界なのです。 パチスロとパチンコどっちがいい? 結論から言うとどっちとも言えないです。 「 強いて言うなら、それはあなたの判断次第です」 先ほどパチスロとパチンコどっちが勝てるかで語ったように、どちらも長所と短所があります。 ですので、どっちがいいか?と言えば、打つ人の判断によるとしか言えないです。 例えば勝ち額にこだわるならば、パチスロを選ぶ。 その日に安定した収入を得たいならばパチンコを選ぶというふうに打つ人に依存します。 ご自身の収支表と相談ですね。 ちなみに私は安定を求めるので、勝ちに徹するならばパチンコが良いです。 ただ、私の地域ではパチンコの釘が全滅なので必然的にパチスロを打っています。 パチスロとパチンコどっちが勝てるかは、あとでまた記事を書きますので、そちらを見てください。

次の

【なるほど】電サポと電チューの違いをわかりやすく説明する

パチンコ ヘソ

パチンコ初心者のための立ち回り解説記事を公開中! 元パチンコ店員だからこそ書ける、立ち回り解説を集約しています。 参考記事: スポンサードリンク パチンコ台は釘の良し悪しで決める パチンコで勝つには台選びが重要ですが、あなたはどのような基準で台を選んでいますか?• 演出が好きな台だから• 前日に出てる台だから今日も出るかも• 今日かなりハマってるからそろそろ出るかも こういった基準で選んでいるのなら、それは勝てない台選びをしてしまっています。 そういった方は「」を参考に、まずはスペックの良い機種を打ってみてください。 その中で、 さらに勝てるようになりたい場合は、パチンコの釘を知ることです。 パチンコで勝てる台とは、良い釘調整がされている台のこと。 これが全てです。 では、パチンコ台の良い釘調整を見分けるにはどうすれば良いのでしょうか? 今回はそんなパチンコの釘の見方について初心者向けに解説していきます。 僕は以前勤めていたパチンコ店で実際に営業釘を叩いていた経験がありますので、釘に関しての知識はかなり豊富だと自負しています。 是非参考にしていただいて、台選びの参考にしてみてくださいね。 パチンコで勝つためにはとにかく釘を見ること! パチンコで勝つためにはとにかく釘が命。 この釘が悪い調整をされていると、ほぼ高確率で負けてしまいます。 では、なぜ釘によって勝ち負けに影響があるのかを簡単に説明していきます。 「それくらい知ってるよ」って人は飛ばしてもらってOKですよ。 では実際に、ある2台の4円パチンコの台で、1000円分遊んだ場合のスタート回数を比較してみましょう。 「スタート回数」ってのは、液晶の図柄が回転した回数のことだね• パチンコ台A:22回• パチンコ台B:13回 単純に考えて、パチンコ台Aの方が少ない投資金額でたくさん回すことができます。 なので、出玉が増えやすくパチンコ台Aの方が勝ちやすい台ということになるわけですね。 パチンコ台A:約4500円で初当たり• パチンコ台B:約8000円で初当たり となります。 こうしてみると、 いかに少ない投資金額で回せるかどうかが重要だということが分かると思います。 このスタート回数に大きく影響を与えているのが、まさしく釘なんですね。 なので、こういう甘い釘の遊技台を狙って勝負することで、勝率は大きく高まります。 上げ釘• 下げ釘• 左釘 では、それぞれの釘の特徴を紹介していきますね。 パチンコ台の上げ釘 上向きに調整されている釘のことです。 基本的にパチンコ玉が落ちる速度は遅くなり、比較的周辺に落ちます。 パチンコ台の下げ釘 下向きに調整されている釘のことです。 基本的にパチンコ玉が落ちる速度は速くなり、落ちる位置はバラつきます。 パチンコ台の右釘 右向きに調整された釘のことです。 基本的に玉が左に流れやすい傾向があります。 パチンコ台の左釘 左向きに調整された釘のことです。 基本的に玉が右に流れやすい傾向があります。 もちろん、上げ釘かつ右釘のようなナナメに曲がっている釘などもあります。 これらの釘の基本知識はすべて覚えておく必要はありませんが、知っておくと玉の流れがイメージしやすくなりますよ。 釘の曲がっている向きによって玉の流れは大きく変わるんだ! スポンサードリンク パチンコの釘の見方を初心者向けに解説 では、パチンコの釘の見方を解説していきましょう。 ようやく本題って感じですね。 店員が釘調整を行う場合は、こんな感じの道具を使って釘を叩いています。 これらの釘調整道具を使って、釘の角度を1度単位で調整していきます。 緻密なデータを基に細かく釘調整をしていくので、パチンコで勝つためには「釘が読めるかどうか」が非常に重要だということが分かりますね。 実際に釘調整をしていた僕としては道具を使わずとも、肉眼のみで上下左右の釘の向きを1度単位で分かるのですが、さすがに初心者の方には難しいでしょう。 ですが、 この釘が上げ釘なのか下げ釘なのか、右釘なのか左釘なのかが分かれば釘を読むことは十分に可能です。 ここではそんなパチンコ釘の見方について伝授していきます。 パチンコの釘を読む場合に一番大事なのが目線です。 釘を読む際には、目線は必ず釘の根元に合わせます。 これがめちゃくちゃ重要! これが出来ていないと釘の角度を読むことは絶対にできません。 とても大事なのでもう一度言いますね。 目線は必ずパチンコ釘の根元に合わせます。 イメージとしてはこんな感じ。 下手なイラストですみません そして、目線を釘の根元に合わせたまま、釘の笠に焦点をあてて見てください。 すると、釘の上下角度を目視で判断することができます。 簡単ですよね。 その釘の角度が何度かどうかが細かく分からなくても、パチンコ釘の上下角度をある程度判断することが可能です。 そのときの上げ釘・下げ釘それぞれの釘の見え方は以下の通りです。 こんな感じで、その釘が上げ釘なのか下げ釘なのかが一目瞭然で判断可能です。 一度近くのパチンコ店の遊技台で確認してみてください。 パチンコ釘の見方は目線が命! 勝てる釘調整がされたパチンコ台を探そう! パチンコ釘の見方が分かれば、あとはパチンコ台の釘を実際にチェックして勝てる釘調整がされた遊技台を探すだけですね。 ここではどういった釘調整の遊技台なら勝てるパチンコ台なのかを記述していきます。 今回は特にパチンコで勝つために重要なポイントとなる箇所のみに絞って紹介していきますね。 釘の重要度としてはこんな感じです。 渡り釘• 逆八 風車付近 やっぱりヘソ付近の釘が最も重要度としては高いですね。 なので、最初のうちはヘソ付近の釘だけでも良いでしょう。 慣れてくればその他のポイントの釘も読めるようにしていきたいですね。 ヘソ付近の釘の見方 ヘソはスタート回数に直結する重要な釘です。 ここの釘がダメだと残念ながら全く回らないボッタクリ台と言わざるを得ません。 ヘソ付近の釘で良い台とはこんな感じ。 またしても下手なイラストですいません 矢印の方向に釘が向いていればベストな釘調整と言えるでしょう。 欲を言えばヘソの左側の釘が下げ釘、右側の釘が上げ釘だとより良いですね。 ただヘソの場合は単純に幅が広いかどうかを見極められれば十分です。 またヘソの横にある一本釘の「ジャンプ釘」は上げ釘がベスト。 上げ釘の方が玉が高く跳ね、ヘソまで良い感じに跳ねてくれます。 ただヘソの釘に関して注意しないといけないのが、幅が広いように見せかけて実は狭いっていう場合もあります。 こんな感じに釘が途中から曲がっている場合ですね。 しっかりと釘が根元から曲がっているかどうかは必ずチェックしておきましょう。 パチンコ台を上からのぞき込むようにして見ると、すごく分かりやすいですよ。 釘が外に歪曲しているような場合は要注意!それは途中から曲がっている釘です。 ぱっと見は釘が開いているように見えますが、実際は開いてません。 渡り釘の見方 渡り釘は玉をヘソへと運ぶ重要な役割を持っています。 ここの調整が悪いと玉がヘソまで運ばれることなく、途中で落っこちてしまいます。 なので、ヘソの次に重要な釘と言えるわけです。 ここも考え方はヘソ付近とは反対に、幅が狭いほど良いです。 渡り釘の一番右の釘が上げ釘、一番左の釘が下げ釘ならより良いですね。 これもジャンプ釘同様に高く玉が跳ねてくれるので、落ちることなく次の渡り釘に運ばれやすいです。 風車付近の釘の見方 風車付近は左右に釘を振り分ける箇所。 ここの釘の調整が悪いと、渡り釘に玉が行かずに左に流れてしまいます。 なので、ここの釘も重要ですね。 矢印の向きに調整されていれば最高ですね。 少しでも玉が右に流れてくれるような釘調整だと良い釘だと言えます。 ちなみに「逆八」というのは風車のすぐ上の釘の集まりのこと。 漢字の「八」を逆さまにしているような形から、この名前がきています。 その他にも、いろいろと見なければいけないポイントの釘はあるのですが、初心者の方はこれだけ覚えておけば十分でしょう。 今まで全く釘を意識せずに台選びをしていた頃と比較すると勝率はぐっと高くなってなるはずです。 だが、良い釘調整をしているパチンコ台は少ない… ここまで散々パチンコで勝つには釘の見方が大事!と書きました。 しかし実際問題、良い釘調整をしているパチンコ台って少ないんですよ。 ゲーセンみたいながっつりヘソが開いているパチンコ台なんてまずありません。 しかし、ある程度良い釘調整のパチンコ台ってのならそこそこあるんですよ。 及第点と言える台を探すというのが一番しっくりくるかもしれません。 パチンコ台の機種によって「ボーダー」ってのがパチンコ攻略サイトに掲載されていますから、それを参考にするのが良いですね。

次の

パチンコ ST中 ヘソ消化について 重要なこと

パチンコ ヘソ

それでは、ご覧ください。 まず、ST中のヘソ消化について 簡単に具体例を挙げて説明したいと思います。 今回は「CR 真 花の慶次」を例に挙げます。 では「CR 真花の慶次」の当選時内訳を見てみましょう。 下記のようになっています。 ヘソ入賞時 実質7R確変(120回) 43% 実質4R確変(120回) 12% 実質7R通常(100回) 42% 実質4R通常(100回) 3% 電チュー入賞時 16R確変(120回) 70% 4R確変(120回) 30% これを見てみると ヘソ入賞時と電チュー入賞時の 内訳がかなり異なっているのがわかると思います。 ヘソ入賞時の方が電チュー入賞時に比べて、 明らかに恩恵が弱いのがわかると思います。 パチンコを打ったことがある人はわかると思うのですが、 ST中は右打ちで電チューで消化します。 しかし、例外があります。 今回のお話です。 例外というのは、STをヘソで消化することです。 ST中にヘソで消化するのは、 電チュー入賞の保留がなくなった時にヘソ保留があった場合です。 ST中をヘソで消化してしまうと、時短転落の可能性があります。 89のST中の大当たりがヘソで当選してしまった時です。 89となっています。 ) このヘソ当選時の45%でST中に大当たりをせっかく掴んだのに、(普段は次回もST保障) 時短へと転落するわけですね。 (怖いですw) 文章ではわかりにくいかもしれないので、 補足として図でも説明しておきますね。 ST電チュー消化時 STヘソ消化時 では、 このような事態に陥る具体例をいくつか挙げてみたいと思います。 ST中に打つのをやめちゃう場合 ST中に打つのをやめてしまうと、 当然電チュー入賞の保留はなくなっていきます。 電チュー保留がなくなってしまうと、 次に消化するのはヘソ保留です。 (ヘソ保留があれば) このヘソ保留で大当たりに当選してしまう可能性があります。 スルーがきつい場合 電チューがパカパカ開くのは、スルー抽選をうけて当選したからです。 スルーに通らなければ、当然電チューは開かないわけです。 現在のホールでは、スルーがガチガチに閉められていることが多いです。 なので右打ちを継続して打っていてもスルーに通らず、 電チューが開かなくなり、 電チュー保留と電チュー入賞保留ががなくなることがあります。 すると、ヘソで消化することになってしまいす。 このようなケースも十分起こりえます。 今回のまとめ ヘソ入賞と電チュー入賞の大当たり内訳の違い ST中ヘソで消化すると、ST転落の恐れがあるので気をつける 以上です! 最後に大事なことを書きますと、 ヘソ消化かつ大当たり当選の45%でしか時短には転落しません。 しかもヘソでSTを消化するといっても1回転、2回転ほどです。 つまり時短に転落することなんて稀にしか起こりません。 ですが、確率とは絶対なものです。 STをヘソで消化してしまった時点で、期待値は損失している このことをしかっり押さえておいてくださいね。 以上ですなるでした。 チャンネル登録とは某有名動画サイト、youtubeの超便利機能です。 『ぱぴー動画』のチャンネル登録をしておけば、 新しくぱぴー動画がアップされると 自動的に通知がきてすぐにその動画を見ることができます。 チャンネル登録は下のリンクから行うか ぱぴー動画の最後のページから行ってください。 また登録方法も解説しておりますので、 わからなければぜひ参考にしてください。

次の