日本橋 台湾 デパート。 誠品生活日本橋

台湾の百貨店・デパート クチコミ人気ランキング【フォートラベル】

日本橋 台湾 デパート

東京都中央区の日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区の日本橋室町三井タワーに、新商業施設の「コレド室町テラス」が2019年秋に開業することが決まった。 三井不動産と日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合が15日、明らかにした。 CNNの「世界で最もクールな百貨店14」、タイム誌の「アジアで最も優れた書店」に選ばれた台湾の「誠品生活」が日本初上陸する。 【こちらも】 コレド室町テラスは日本橋室町三井タワーの地下1階から地上2階に入る。 入居テナントは約30店で、売り場面積約6,000平方メートル。 地下1階はバラエティ豊かな飲食店を集結させる。 地上1階は大屋根を配した広場からにぎわいが続く憩いと集いの商業空間にし、カジュアルなカフェダイニングや伝統の技が光る逸品を販売する店舗などが出店する。 地上2階は核テナントの誠品生活が約2,870平方メートルのワンフロアに日本1号店となる誠品生活日本橋を出す。 ガラスや革細工のワークショップなどコト消費を重視した店舗になる予定で、フロアは書籍、文具・雑貨、ライフスタイル体験型のセレクト物販・ワークショップ、レストラン・食物販の4ゾーンで構成される。 誠品生活は1989年の創業。 「本と暮らしの間に」をテーマに書籍、食品や雑貨の販売、ギャラリーや映画館、ワインセラーなど多種多様な文化コンテンツを提供する場所を運営している。 地元の台湾をはじめ、香港、中国などに計46店を展開、毎年延べ約2億人を動員する体験型イベントで新しい文化を発信している。 アーティストとともに行う展示やパフォーマンスは全店で年5,000回以上に及ぶ。 日本橋室町三井タワーは日本橋再生計画の情報発信基地となる大規模複合ビルで、地下3階地上26階建て延べ約16万8,000平方メートル。 地下1階から2階に商業施設のコレド室町テラスが入るほか、3階にホール、5~25階にオフィスが入居する。 1階には大規模の屋外広場も設ける。 (記事:高田泰・).

次の

三井不、コレド室町テラス開業 日本橋再開発第2章へ :日本経済新聞

日本橋 台湾 デパート

人と人、人と文化、人と環境などを繋ぐ架け橋として、創造的で多彩な文化情報を発信する。 約2800㎡のゆとりある空間は、誠品書店(書籍)、誠品文具(文具)、セレクト物販・ワークショップ、レストラン・食物販の4つのゾーンで構成。 文化人によるトークセッションや音楽イベント、アート展、料理実演など、バラエティ豊かな企画も楽しめる。 約30mの文学回廊コーナーも! ドキドキわくわくさせてくれる選書の数々 「誠品書店」(書籍ゾーン)は、世界的に評価の高い選書ノウハウなどを最大限に活かした空間を実現。 文学を軸に、人文、アート、デザイン、ビジネス、旅、料理など日本語の書籍を中心に、一部中国語を含む外国語書籍も企画展と合わせて展開する。 長さ約30mの「文学回廊」コーナーには、世界的な名作文学がずらり。 自然光が差し込む窓際の席で読書をしたり、時代やジャンル、知名度にとらわれずにセレクトされた「誠品選書」をチェックできる。 また併設されたイベントスペース「forum」では、新刊発表会や講演会、映画鑑賞などのイベントも実施される。 「誠品文具」(文具ゾーン)では、オリジナルや限定の文具をはじめ、書斎にぴったりのアイテムや、初心者にも使いやすい画材や紙製品など、デザイン性の高い文具を世界中からセレクト。 文具にまつわる企画展やワークショップも随時開催予定。 台湾の人気グルメ&スイーツのほか 工場併設ショップでものづくり体験も 伝統技法と現代的デザインを融合させたアイテムを取り扱うセレクト物販・ワークショップゾーンでは、日本・台湾をはじめ、世界中から「誠品生活」がセレクトした洗練されたアイテムを展開する。 たとえば、女性のための漢方ライフスタイルブランド「DAILILY(デイリリー)」や、台湾茶からつくられた香水ブランド「P. Seven 茶香水」などのビューティショップ。 また、オリジナルアクセサリーづくりやガラス工芸、手ぬぐいの注染体験などができる工場併設のショップも揃い、本格的なものづくりのワークショップも開催される。 小腹が空いたら、レストラン・食物販ゾーンへ。 150年以上も台湾で愛されている老舗茶荘「王德傳(ワンダーチュアン)」、パイナップルカスタード菓子が人気の中華菓子店「郭元益(グォユェンイー)」、シャンパンと台湾料理のマリアージュを楽しめる「富錦樹台菜香檳(フージンツリー)」・・・ここにいるだけで台湾へ小旅行を楽しんでいる気分になれるはず。

次の

「誠品生活日本橋」台湾発セレクトショップ日本上陸

日本橋 台湾 デパート

2017(平成29)年5月14日 今回は、東京都中央区日本橋にある「高島屋デパート日本橋店」で購入した、台湾の有名中華料理店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」が製造販売している台湾の銘菓である中華菓子の「パイナップルケーキ」の「鳳梨酥(ほうりんす)」(トロピカルフルーツ)(クッキー)をご紹介します。 台湾の銘菓である中華菓子の「パイナップルケーキ」の「鳳梨酥(ほうりんす)」に関しては、 でご紹介しています。 「鳳梨酥(ほうりんす)」は、 パイナップル、小麦粉、鶏卵などを原料に使った焼き菓子です。 パイナップルジャムとバターでつくった餡をクッキー生地の皮で包んで焼いたお菓子です。 台湾の銘菓としても台湾土産のお菓子としても有名です。 台湾に本店がある「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の「鳳梨酥(ほうりんす)」の原材料は、 パイナップルジャム(パイナップル・冬瓜・麦芽糖・砂糖・濃縮レモンジュース・大豆サラダ油)、小麦粉、クリーム(バターのことかも知れません。 )、卵黄、粉ミルク等です。 防腐剤は入っていません。 「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の「鳳梨酥(ほうりんす)」のパイナップルジャムは、パイナップルだけでなく冬瓜や濃縮レモン果汁や麦芽糖も入っていて酸味が少なく適度な甘みがある餡で食べるのに邪魔にならない程度のパイナップルの繊維も入っています。 パイナップルジャムを包んでいるクッキー生地は、香ばしいクッキーになっています。 クッキーの食感はホロホロとシットリの中間の感じで小麦の風味もあります。 先にご紹介しました横浜中華街の重慶飯店の「鳳梨酥(ほうりんす)」と同様に、クッキー生地の中にパイナップルの繊維もしっかりわかる適度にネットリした濃厚なパイナップルジャムが沢山入っていて食べ応えがあるとともに酸味が程良く甘さも適度でとても美味しいパイナップルケーキです。 「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の「鳳梨酥(ほうりんす)」も、立方体に近い正方形をしています。 「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の「鳳梨酥(ほうりんす)」は、3個入り1箱810円です。 しっかりした美しいデザインの紙の箱に入っています。 小物入れに活用できそうな美しいデザインです。 購入した場所は、「高島屋デパート日本橋店」 (電話番号03ー3211ー4111)です。 「高島屋デパート日本橋店」に入っている「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は、小籠包(しょうろんぽう)が美味しいことでも有名なようです。 なお、中華菓子の「パイナップルケーキ」の「鳳梨酥(ほうりんす)」及び「中華菓子」、「クッキー」並びに「横浜中華街」に関しては、 でご紹介しています。 また、「トロピカルフルーツ」に関しては、 と、 でご紹介しています。

次の