先程はお電話いただきありがとうございました。 電話占い師 蕾先生のユーザーレビュー1ページ目

「ご連絡いただきありがとうございます」の使い方・敬語・間違いか

先程はお電話いただきありがとうございました

この記事の目次• お時間をいただきありがとうございました の意味・敬語 「お時間をいただきありがとうございました」は「お時間をもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 すると意味は「お時間をもらい~」と解釈できます。 ここで「お時間」の「お」の部分は相手の「時間」という意味であるため尊敬語の「お(ご)」です。 「たいそうなお品をいただく」とおなじ敬語の使い方になります。 謙譲語「いただく」は他にも「お(ご)~いただく」としての使い方があり、たとえば「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。 覚えておくと本当に役立ちます。 お時間 = 時間• すると「お時間をいただきありがとうございました」の意味は… 「お時間をもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の解説「お時間をいただきありがとうございました」 繰り返しにはなりますが「お時間をいただきありがとうございました」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「時間」に尊敬語「お(ご)」で「お時間」• 「〜をもらう」の謙譲語「〜をいただく」で「お時間をいただく」• さらにお礼「ありがとうございました」をくっつけた敬語 敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 お時間をいただきありがとうございました の使い方 つづいて「お時間をいただきありがとうございました」の使い方について。 ビジネスシーンではおもに、アポイント・面談・打合せ後のお礼メールに使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「アポイント・面談・打合せ後のお礼メール」 「お時間をいただきありがとうございました」はとくにアポイント・面談・打合せ後のお礼メールの書き出しに使います。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。 たとえば、• 念のためビジネスメールの例文も紹介しておきます。 たとえば打合せ後のお礼メールで、 -ビジネスメール例文- いつもお世話になっております。 転職・ノマドでございます。 本日はお忙しいところ貴重な お時間をいただき誠にありがとうございました。 最新市況・稼働状況などにつき、大変勉強になりました。 厚くお礼申し上げます。 今後も微力ながら貴社のお役に立てるよう、尽力して参ります。 末永いご愛顧のほど宜しくお願い申しあげます。 こんな感じでビジネスメールをつくると丁寧です。 恐縮=申し訳なく思うこと 例文「お時間をいただき恐縮です」 例文「お時間をいただき恐縮でございます」 例文「ご多忙にも関わらずお時間をいただけるとのこと、誠に恐縮です」 例文「貴重なお時間をいただけるとのこと、大変恐縮です」 恐れ入る=申し訳なく思う 例文「お時間をいただき恐れ入ります」 例文「ご多忙にも関わらずお時間をいただけるとのこと、誠に恐れ入ります」 例文「貴重なお時間をいただけるとのこと、大変恐れ入ります」 申し訳ありません 例文「お時間をいただき申し訳ありません」 例文「ご多忙にも関わらずお時間をいただけるとのこと、誠に恐れ入ります」 例文「貴重なお時間をいただけるとのこと、ご多忙のところ誠に申し訳ありません」 ありがとうございます(現在形) 例文「貴重なお時間をいただきありがとうございます」 例文「貴重なお時間をいただけるとのこと、ご多忙のところ誠にありがとうございます」 使い方はほぼ同じ これらの使い方は先ほどの例文と重複するところもあるのですが、たとえばアポイント・面談・打合せの日程調整したあとのお礼に「返信の返信」として使うことがあります。 たとえば上司との打合せ日程調整メールに返信するとき。 -ビジネスメール例文- 打合せのお時間を頂けるとのこと、誠にありがとうございます。 さて、ご都合につき承知いたしました。 それでは以下の通りに打合せを実施いたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 みたいな感じでメールすると丁寧です。 お礼だけじゃない!ビジネスメールに使える「お時間を頂く」の敬語フレーズ ここまでの解説で「お時間をいただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語が分かりました。 ここからは、 もっと他にもある「お時間を頂く」の敬語フレーズを紹介します。 「お時間を頂く」は本当にいろいろと使い道がありマスターしておくと必ず役に立ちます。 使い方はどれも似たようなもので、アポイントや面談・打合せを依頼するときのビジネスメールに使います。 どの例文もビジネスメールに使うのにふさわしいカチッとした敬語にしています。 目上・上司はもちろんのこと、社外取引先にも使えますのでご参考にどうぞ。 お時間を頂ければと存じます 他にもあるビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂く」の使い方• 例文「お時間を頂ければと存じます」 意味は『時間をもらえたらと思います』 「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+仮定の「れば」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 「~いただければと存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご了承(を)いただければと存じます』• 例文『ご連絡(を)いただければと存じます』• 例文『ご確認(を)いただければと存じます』• ただビジネス敬語としては謙譲語「お・ご〜いただく」つまり「お時間いただく」という使い方をするのが一般的です。 以降はすべて省略します。 お時間を頂ければ幸いです 他にもあるビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂く」の使い方• 例文「お時間を頂戴できれば幸いです」 意味は『時間をもらえたら嬉しいです』 「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+可能形+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご了承いただければ幸いです』• 例文『ご容赦いただければ幸いです』• 例文『お力添えいただければ幸いです』 お時間をいただけますでしょうか?いただけますか? 他にもあるビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂く」の使い方• 例文「お時間をいただけますでしょうか」• 例文「お時間をいただけますか」 というように疑問形にして使うこともできます。 とくに電話でアポイントをとるときなどによく使い、ビジネスメールではこれまで紹介した例文を使うケースが多いです。 その他:お時間を頂戴する 他にもあるビジネスメールにつかえる丁寧な「お時間を頂く」の使い方 あとは謙譲語「いただく」ではなく「頂戴する」をつかった言い換えもできます。 「頂戴する」は「もらう」の謙ったフレーズ。 「頂戴できますでしょうか?」のほうがより丁寧なのですが、あまりに大げさな気がするため「頂戴できますか?」でも差し支えありません。 たとえば、取引先にアポイントメールするとき。 さて首記の件、最新ケミカル市況ご報告のため貴社訪問いたしたく存じます。 よろしければ、以下候補のいずれかで お時間を頂戴できますでしょうか。 何卒ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。 のようにして使えますね。 目上・上司はもちろんのこと、社外取引先にも使えます。 ご参考にどうぞ。 社内・打合せ依頼メール「返信でお礼し日時決定する」 【社内上司・目上・返信メール】 社内の相手(上司・目上など)に対して、打合せ依頼ビジネスメールに「返信でお礼し日時決定する」ときのビジネスメール例文。 また、突然のお願いにも関わらずお時間を頂けるとのこと、併せて感謝申し上げます。 それでは以下の通りに打合せを実施いたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ひと言「本来であればこちらから伺うべきところご足労おかけし~」とお詫びをする。 メール件名:打ち合わせのお礼(転職・ノマド) ビジネス 株式会社 研究部 〇〇 様(社外ビジネス取引先) いつもお世話になっております。 転職・ノマドでございます。 本日は打ち合わせに際してお時間をいただき、誠にありがとうございました。 また、本来であればこちらから伺うべきところご足労おかけし、大変失礼いたしました。 改めてお詫び申し上げます。 さて、面談の際にご依頼をいただいておりました事項につき以下、進捗を報告いたします。 微力ながら、貴社のお役に立てるよう尽力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 お礼だけでなく、相手からもらった宿題事項に対する進捗を報告する。 本日は貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 さて、打ち合わせの際にアクション事項となっておりました件につき以下、進捗を報告いたします。 添付ファイルをご参照ください。 ご査収のほど宜しくお願いいたします。

次の

電話占い師 蕾先生のユーザーレビュー1ページ目

先程はお電話いただきありがとうございました

A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー "架電"というのは、最近頻繁に使われだした言葉です。 "みたいに使われます。 けれどもあまり一般的に、話し言葉やメモ程度では使われないと思います。 「先ほどの電話」の場合、その電話はこちらがかけたのか、相手からかかってきたのかも定かではないのですし、私としては「架電」はやはり"こちらから"なので、すごく変な感じがします。 「先ほどの電話」を丁寧にいうには、やはり文章にすることがいちばんてっとりばやい、 というか、 文章に近づけることは、丁寧に表現するための基本だと思います。 1 "「先ほどの電話でお話された件」ということです。 メモを書く自分の目線で書くとこうなります。 2 "「先ほどの電話での件について」とのことです。 電話をかけてこられた方の目線で書くとこうなります。 "とか、 ~~~~~~~ ありきたりの部分で丁寧にできていれば、それだけで、ずっと丁寧に感じるものだと思います。 "架電"というのは、最近頻繁に使われだした言葉です。 "みたいに使われます。 けれどもあまり一般的に、話し言葉やメモ程度では使われないと思います。 「先ほどの電話」の場合、その電話はこちらがかけたのか、相手からかかってきたのかも定かではないのですし、私としては「架電」はやはり"こちらから"なので、すごく変な感じがします。 「先ほどの電話」を丁寧にいうには、やはり文章にすることがいちばんてっとりばやい、 という... A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。

次の

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

先程はお電話いただきありがとうございました

皆さま、はじめまして。 紗世莉 さより です。 私は幼少期からの霊感を2000年ミレニアムの年にスピリチュアル能力が開花しコントロール出来るようになりました。 あなた様のご守護の方、過去世などからお答えを頂きます。 私と話したり、お会いしているだけで自ずと道筋が見えてきたり、前進していったり、スッキリされますよ! 私自身、様々な経験をしています。 あなた様の気持ちに寄り添い、ただ結果だけをお知らせするのではなく、その後の解決策までご提示することをモットーにしています。 時に厳しいお言葉をご守護の方などから頂くことがあるかもしれませんが、しっかり受け止めて頂き、軌道修正してより良き道へ進んで行けるように、アドバイスやお手伝いを致します。 鑑定歴17年 鑑定人数述べ1万人。 あなた様の不安やお悩みごとを紗世莉にお話しください。 そりゃそうです笑 わかってて電話してます笑 でも今は諦めるのはバツ。。 でも聞きたくないこと教えてくれてありがとうございました。 言葉って信じちゃだめですね。。 人生、初めての電話占い。 ブログを拝見し、私に一番合いそうな紗世莉先生を選ばせて頂きました。 どちらの答えも守護の方が、はっきり伝えて下さり感動しました! どちらの方向に進んで良いのか? 一人で長い間、悩んでいましたが紗世莉先生に鑑定して頂いて良かったです。 お仕事の件は、伺ってビックリ! キラキラした綺麗に関わる仕事が良いです。 守護の方と私の考えが同じだった事がとても嬉しかったです。 紗世莉先生ありがとうございました。

次の