それ を 愛 と 呼ぶ だけ。 【まふまふ/それを愛と呼ぶだけ】歌詞の意味を徹底解釈!切なすぎる物語を解説する。

まふまふ、新曲「それを愛と呼ぶだけ」が橋本環奈×浜辺美波出演のドコモ学割キャンペーン タイアップソングに決定

それ を 愛 と 呼ぶ だけ

カテゴリ• 貴方の言葉が 貴方の記憶が わずかな世界を満たして 映画の終わりに数分あるような 心地よい今日だ 手に取る運命は 手放す運命が 増えていくだけ そんな小さな綻びに 気づいていたのに 心が身体を見落とすまで 明日のない世界へ行くまで 失うひとつを数えること それを愛と呼ぶだけ 愛と呼ぶだけ 貴方の笑顔も瞬きひとつで 見えなくなるくらい未熟だ それならもとより愛しい仕草を 知らないままがいいなあ 過ぎ去る生涯を 変わらぬ後悔を 命というから どうしようもないほどに 貴方に惹かれているのだろう この手を伸ばせど届かぬ向こう 夢を見るより遠くまで 去り行く貴方を求めたこと それを愛と呼ぶだけ 愛と呼ぶだけ 目次• 歌詞考察の前に 今回は人気アーティストである まふまふさんの楽曲 『それを愛と呼ぶだけ』を考察してみたいと思います。 筆者が今作から感じた点は以下の通りです。 ・当たり前だった日常を尊く思う 今回はこの1点に絞って考えました。 その点を楽曲紹介と共に膨らめてお話したいと思います。 『それを愛と呼ぶだけ』MVが2020年2月2日にネット上で公開されました。 まふまふさん自身が体調を崩していたのが要因かいつもとは違うチャンネルがユーチューブ側から作成され公開に至りました。 今作は ドコモ「カンナとミナミの卒業」篇のために書き下ろされた楽曲です。 タイアップを念頭において筆者は卒業式を前にした生徒たちが 「当たり前だった日常を尊く思う」点をイメージしました。 曲調にも注目してみたいと思います。 イントロから奏でられるピアノが儚さと美しさの両面を際立たせているように感じました。 卒業式に相応しい厳粛さと生徒に寄り添う優しさも実感できました。 それではさっそく気になるタイトルや歌詞全体の考察を始めていきたいと思います。 タイトル『それを愛と呼ぶだけ』とは タイトルを理解するには愛の定義について考える必要があるでしょう。 愛を定義するのは非常に困難であるとされています。 古くから存在する歴史書の多くは 愛を4種類に分けて考えています。 それらをまとめると 人が家族や友人また原則や性に対し強い感情を抱くことが「愛」だと言えます。 以上を踏まえてタイトルに注目してみましょう。 愛の対象が 「それ」となっています。 歌詞中から「それ」は 「失うひとつを数えること」「去り行く貴方を求めたこと」であると理解できます。 言い換えるなら今作が述べる「愛」の定義は 「友人を失いたくない」という強い感情であると解釈できます。 前述の4種類の愛の1つである「フィリア」は友人同士の愛を表現するものですから適切かもしれません。 タイトルはそのような意味での愛に言及していると考えられます。 一枚絵の葉っぱ2枚が寄り添って「ハート」になっていたのも可愛かったですね。 「愛」を題材にした今作にピッタリでした。 『それを愛と呼ぶだけ』歌詞 ラストシーン見つめて 貴方の言葉が 貴方の記憶が わずかな世界を満たして 映画の終わりに数分あるような 心地よい今日だ 今回は 卒業式を前にした生徒を主軸に考察を進めていきたいと思います。 歌詞冒頭で生徒は大切な友人と過ごした学生生活を回想しています。 「貴方の言葉と記憶」が無邪気で落ち着きのない子供のように脳裏を忙しく駆け回ります。 「わずかな世界を満たして」とは 「短い学生生活」であり生徒が友人のお陰で 充実感を味わっている様子を伝えています。 「映画の終わりに数分あるような」とはどのような場面なのでしょうか。 映画の終わりには 「結末」が用意され今までの 布石すべてが回収されます。 同じように卒業式では学生生活の 終わりを実感しながら、これまでの 体験や記憶を頭の中で結び合わせていきます。 「心地よい今日だ」というフレーズから生徒の清清しい気持ちが表現されています。 得れば失う 手に取る運命は 手放す運命が 増えていくだけ そんな小さな綻びに 気づいていたのに ここでは生徒の複雑な心境が綴られています。 「手に取る運命」とは生徒に与えられた 「環境」と言えます。 それはクラスメイトであったり先生です。 部活やその他の活動も含まれるでしょう。 「運命」と表現されているのは 生徒の意志に反して学校側が用意したものであるからだと考えました。 生徒は与えられた環境下で友人関係や思い出を築いていったことでしょう。 しかし同じく用意されていた 「卒業式」を迎えそれらの多くを物理的に失います。 進路が違っても変わらない友情があることを筆者は認めています。 しかし多くの場合、行くべき道が違えば友情関係もそれまでとは軽薄になっていく傾向にあります。 生徒もその点を幾らか感じ 「綻び」つまり 隠し切れない感情として言い表しています。 それを愛と呼んだ 心が身体を見落とすまで 明日のない世界へ行くまで 失うひとつを数えること それを愛と呼ぶだけ 愛と呼ぶだけ ここの部分では生徒が自分なりに考える 「愛」の定義を綴っています。 「心が身体を見落とす」とは 「寂しい気持ちが完全に離れていくまで」という意味だと解釈しました。 「明日のない世界へ行く」とは「卒業後に学校生活がない」こと、あるいは自分が 「死ぬまで」という意味でしょう。 人は 完全に寂しさを乗り越えてしまうと失ったものを想ったり数えたりしなくなります。 また 死んでしまえばそうすることができなくなります。 ですからそうなる前に友人や友人と過ごした掛け替えのない時間を数えることにしたのです。 生徒はいつかの授業で習った「愛」の意味を覚えていないでしょう。 しかし卒業式を目前に控えた 自分の気持ちの高鳴りと友人に向けられた感情を 「愛」と呼ぶのは相応しいと考えたようです。 儚さが尊さ 貴方の笑顔も瞬きひとつで 見えなくなるくらい未熟だ それならもとより愛しい仕草を 知らないままがいいなあ 過ぎ去る生涯を 変わらぬ後悔を 命というから どうしようもないほどに 貴方に惹かれているのだろう ここでは生徒が自分の大事にしてきたものの儚さについて綴られています。 友人の笑顔が 「瞬きひとつ」つまり「一瞬」で見えなくなることを嘆いています。 実際に友人の笑顔を一瞬で忘れるという意味ではありません。 生涯ずっと記憶しておくにはあまりにも短い時間であったという気持ちの表現に受け取れます。 忘れるくらいなら 「知らないままがいいなあ」とやや消極的な意見を口にしています。 しかしそれだけ忘れたくない気持ち、失いたくない気持ちが強いともとれます。 続く部分には生徒なりの 「人生観」が綴られています。 生徒は 「命」つまり人生が「限定的」で「後悔が尽きない」ものと見ています。 筆者もこの点に深く共感します。 どれだけ自分なりに最善の決定をしても後悔することがあります。 反省を踏まえて後悔しないように努めてもまた後悔するのです。 そうした事柄を繰り返すうちに命は音を立てずに削られていきます。 一見すると悲しいだけの事実ですが、こうした限られた中で大切な人に出会えたことを生徒は喜んでいます。 思えば学校生活で友人と写真を撮ってデータに残したり、日記に文字を残したりするのは 「失いたくない」「残したい」という強い気持ちが具現化しているのかもしれませんね。 想う気持ち、どこまでも限りなく この手を伸ばせど届かぬ向こう 夢を見るより遠くまで 去り行く貴方を求めたこと それを愛と呼ぶだけ 愛と呼ぶだけ ここでは生徒が友人に対して非常に強い気持ちを持っていることを理解できます。 そのことが段階的な表現で綴られています。 「この手を伸ばせど届かぬ向こう」とは 「すぐに会えない距離」を指しています。 「夢を見るより遠くまで」とは 「夢に出てこなくなるほど」遠い存在に思えるという意味に思えます。 生徒は忘れてしまいそうになるほど友人が離れていったとしても 「求める」つまり 以前と変わらない友情関係を築いていきたいと考えていたのでしょう。 この点は前述でも触れたドコモのCMに出てきたフレーズを思い出します。 「あっという間だけど、ずっと忘れない。 」 この言葉の通り、生徒はあっという間に迎えた卒業式の中で友人と過ごしてきた日々を 「ずっと忘れない」ことを誓ったのです。 その誓いをそっと見守るかのように春の桜がゆらりと舞い降ります。。 まとめ いかがだったでしょうか。 考察するたびに卒業式を迎えたときの緊張や清清しい気持ちが込み上げてきました。 筆者にとっては何年か前の、、何十年か前の記憶になるのですが(笑)歌詞を見ていると当時の記憶がリアルに蘇ってきました。 特に今年卒業を迎える生徒にとってこの楽曲に出会えたのは最高でしたね。 最近なかった余談タイムなのですが、とにかくメロディーが良い! 全身に染み渡るピアノと美声、最も高いと書いて最高だよ(意味不) これから社会に出てバリバリときにダラダラと活躍する皆さんを、毎日ゆったり と過ごす筆者は応援しています(自分の分まで頑張って) まふまふさんの今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 素敵な作品をありがとうございました。

次の

まふまふ『それを愛と呼ぶだけ』歌詞の意味を考察・解釈

それ を 愛 と 呼ぶ だけ

カテゴリ• 貴方の言葉が 貴方の記憶が わずかな世界を満たして 映画の終わりに数分あるような 心地よい今日だ 手に取る運命は 手放す運命が 増えていくだけ そんな小さな綻びに 気づいていたのに 心が身体を見落とすまで 明日のない世界へ行くまで 失うひとつを数えること それを愛と呼ぶだけ 愛と呼ぶだけ 貴方の笑顔も瞬きひとつで 見えなくなるくらい未熟だ それならもとより愛しい仕草を 知らないままがいいなあ 過ぎ去る生涯を 変わらぬ後悔を 命というから どうしようもないほどに 貴方に惹かれているのだろう この手を伸ばせど届かぬ向こう 夢を見るより遠くまで 去り行く貴方を求めたこと それを愛と呼ぶだけ 愛と呼ぶだけ 目次• 歌詞考察の前に 今回は人気アーティストである まふまふさんの楽曲 『それを愛と呼ぶだけ』を考察してみたいと思います。 筆者が今作から感じた点は以下の通りです。 ・当たり前だった日常を尊く思う 今回はこの1点に絞って考えました。 その点を楽曲紹介と共に膨らめてお話したいと思います。 『それを愛と呼ぶだけ』MVが2020年2月2日にネット上で公開されました。 まふまふさん自身が体調を崩していたのが要因かいつもとは違うチャンネルがユーチューブ側から作成され公開に至りました。 今作は ドコモ「カンナとミナミの卒業」篇のために書き下ろされた楽曲です。 タイアップを念頭において筆者は卒業式を前にした生徒たちが 「当たり前だった日常を尊く思う」点をイメージしました。 曲調にも注目してみたいと思います。 イントロから奏でられるピアノが儚さと美しさの両面を際立たせているように感じました。 卒業式に相応しい厳粛さと生徒に寄り添う優しさも実感できました。 それではさっそく気になるタイトルや歌詞全体の考察を始めていきたいと思います。 タイトル『それを愛と呼ぶだけ』とは タイトルを理解するには愛の定義について考える必要があるでしょう。 愛を定義するのは非常に困難であるとされています。 古くから存在する歴史書の多くは 愛を4種類に分けて考えています。 それらをまとめると 人が家族や友人また原則や性に対し強い感情を抱くことが「愛」だと言えます。 以上を踏まえてタイトルに注目してみましょう。 愛の対象が 「それ」となっています。 歌詞中から「それ」は 「失うひとつを数えること」「去り行く貴方を求めたこと」であると理解できます。 言い換えるなら今作が述べる「愛」の定義は 「友人を失いたくない」という強い感情であると解釈できます。 前述の4種類の愛の1つである「フィリア」は友人同士の愛を表現するものですから適切かもしれません。 タイトルはそのような意味での愛に言及していると考えられます。 一枚絵の葉っぱ2枚が寄り添って「ハート」になっていたのも可愛かったですね。 「愛」を題材にした今作にピッタリでした。 『それを愛と呼ぶだけ』歌詞 ラストシーン見つめて 貴方の言葉が 貴方の記憶が わずかな世界を満たして 映画の終わりに数分あるような 心地よい今日だ 今回は 卒業式を前にした生徒を主軸に考察を進めていきたいと思います。 歌詞冒頭で生徒は大切な友人と過ごした学生生活を回想しています。 「貴方の言葉と記憶」が無邪気で落ち着きのない子供のように脳裏を忙しく駆け回ります。 「わずかな世界を満たして」とは 「短い学生生活」であり生徒が友人のお陰で 充実感を味わっている様子を伝えています。 「映画の終わりに数分あるような」とはどのような場面なのでしょうか。 映画の終わりには 「結末」が用意され今までの 布石すべてが回収されます。 同じように卒業式では学生生活の 終わりを実感しながら、これまでの 体験や記憶を頭の中で結び合わせていきます。 「心地よい今日だ」というフレーズから生徒の清清しい気持ちが表現されています。 得れば失う 手に取る運命は 手放す運命が 増えていくだけ そんな小さな綻びに 気づいていたのに ここでは生徒の複雑な心境が綴られています。 「手に取る運命」とは生徒に与えられた 「環境」と言えます。 それはクラスメイトであったり先生です。 部活やその他の活動も含まれるでしょう。 「運命」と表現されているのは 生徒の意志に反して学校側が用意したものであるからだと考えました。 生徒は与えられた環境下で友人関係や思い出を築いていったことでしょう。 しかし同じく用意されていた 「卒業式」を迎えそれらの多くを物理的に失います。 進路が違っても変わらない友情があることを筆者は認めています。 しかし多くの場合、行くべき道が違えば友情関係もそれまでとは軽薄になっていく傾向にあります。 生徒もその点を幾らか感じ 「綻び」つまり 隠し切れない感情として言い表しています。 それを愛と呼んだ 心が身体を見落とすまで 明日のない世界へ行くまで 失うひとつを数えること それを愛と呼ぶだけ 愛と呼ぶだけ ここの部分では生徒が自分なりに考える 「愛」の定義を綴っています。 「心が身体を見落とす」とは 「寂しい気持ちが完全に離れていくまで」という意味だと解釈しました。 「明日のない世界へ行く」とは「卒業後に学校生活がない」こと、あるいは自分が 「死ぬまで」という意味でしょう。 人は 完全に寂しさを乗り越えてしまうと失ったものを想ったり数えたりしなくなります。 また 死んでしまえばそうすることができなくなります。 ですからそうなる前に友人や友人と過ごした掛け替えのない時間を数えることにしたのです。 生徒はいつかの授業で習った「愛」の意味を覚えていないでしょう。 しかし卒業式を目前に控えた 自分の気持ちの高鳴りと友人に向けられた感情を 「愛」と呼ぶのは相応しいと考えたようです。 儚さが尊さ 貴方の笑顔も瞬きひとつで 見えなくなるくらい未熟だ それならもとより愛しい仕草を 知らないままがいいなあ 過ぎ去る生涯を 変わらぬ後悔を 命というから どうしようもないほどに 貴方に惹かれているのだろう ここでは生徒が自分の大事にしてきたものの儚さについて綴られています。 友人の笑顔が 「瞬きひとつ」つまり「一瞬」で見えなくなることを嘆いています。 実際に友人の笑顔を一瞬で忘れるという意味ではありません。 生涯ずっと記憶しておくにはあまりにも短い時間であったという気持ちの表現に受け取れます。 忘れるくらいなら 「知らないままがいいなあ」とやや消極的な意見を口にしています。 しかしそれだけ忘れたくない気持ち、失いたくない気持ちが強いともとれます。 続く部分には生徒なりの 「人生観」が綴られています。 生徒は 「命」つまり人生が「限定的」で「後悔が尽きない」ものと見ています。 筆者もこの点に深く共感します。 どれだけ自分なりに最善の決定をしても後悔することがあります。 反省を踏まえて後悔しないように努めてもまた後悔するのです。 そうした事柄を繰り返すうちに命は音を立てずに削られていきます。 一見すると悲しいだけの事実ですが、こうした限られた中で大切な人に出会えたことを生徒は喜んでいます。 思えば学校生活で友人と写真を撮ってデータに残したり、日記に文字を残したりするのは 「失いたくない」「残したい」という強い気持ちが具現化しているのかもしれませんね。 想う気持ち、どこまでも限りなく この手を伸ばせど届かぬ向こう 夢を見るより遠くまで 去り行く貴方を求めたこと それを愛と呼ぶだけ 愛と呼ぶだけ ここでは生徒が友人に対して非常に強い気持ちを持っていることを理解できます。 そのことが段階的な表現で綴られています。 「この手を伸ばせど届かぬ向こう」とは 「すぐに会えない距離」を指しています。 「夢を見るより遠くまで」とは 「夢に出てこなくなるほど」遠い存在に思えるという意味に思えます。 生徒は忘れてしまいそうになるほど友人が離れていったとしても 「求める」つまり 以前と変わらない友情関係を築いていきたいと考えていたのでしょう。 この点は前述でも触れたドコモのCMに出てきたフレーズを思い出します。 「あっという間だけど、ずっと忘れない。 」 この言葉の通り、生徒はあっという間に迎えた卒業式の中で友人と過ごしてきた日々を 「ずっと忘れない」ことを誓ったのです。 その誓いをそっと見守るかのように春の桜がゆらりと舞い降ります。。 まとめ いかがだったでしょうか。 考察するたびに卒業式を迎えたときの緊張や清清しい気持ちが込み上げてきました。 筆者にとっては何年か前の、、何十年か前の記憶になるのですが(笑)歌詞を見ていると当時の記憶がリアルに蘇ってきました。 特に今年卒業を迎える生徒にとってこの楽曲に出会えたのは最高でしたね。 最近なかった余談タイムなのですが、とにかくメロディーが良い! 全身に染み渡るピアノと美声、最も高いと書いて最高だよ(意味不) これから社会に出てバリバリときにダラダラと活躍する皆さんを、毎日ゆったり と過ごす筆者は応援しています(自分の分まで頑張って) まふまふさんの今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 素敵な作品をありがとうございました。

次の

まふまふ「それを愛と呼ぶだけ」の楽曲ページ|1008873959|レコチョク

それ を 愛 と 呼ぶ だけ

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の