緊急 事態 宣言 延期 パチンコ。 【速報】緊急事態宣言、1か月程度延期か!?パチンコ屋大丈夫???

「緊急事態宣言」解除を受け、東京以外ではパチンコ店に対する休業要請を解除

緊急 事態 宣言 延期 パチンコ

昨日の報道で、当初の予定であった緊急事態宣言の期限が今月の6日までだったのが今月末まで延期することに決定とありました。 この報道によって、休業や時間短縮営業の延期も余儀なくされ、どの企業も頭を悩ましたことでしょう。 それは、パチンコ業界にも同じことが言えます。 さらにパチンコ業界は、今一部の店舗が自粛中に営業していたことが問題となり火の車状態にあります。 このような状況が今月末まで続くとなると、今後の行く末がどうなるか不安になりますよね。 そこで、今回HEROマルの個人的見解ですが 緊急事態宣言が今月末まで延期することによって、パチンコ業界の今後がどうなるのかを予想してみました! 今回の発表で、パチンコ業界の今後はどうなると予想されるのか? パチンコ業界に未来はないのか? 今回は、『パチンコ業界の今後』についてお話していこうと思います! 平成7〜29年の売上と人口の推移 引用元: このデータを見ると 平成7年だと、 遊戯人口2,900万人、売上で31兆円だったものが 平成28年になると、 遊戯人口940万人、売上で22兆円にまで減少していることが分かります。 そして、この推移からもう一つ分かることがあります。 それは、 パチンコユーザー1人あたりの負ける額が増えた、ということです! なぜ分かるのかというと、 遊戯人口が約3分の2まで減っているのに対して、売上は約3分の1しか落ちていないからです。 ほとんどのユーザーが負けている現状を考えれば 1人あたりの負担する額は増え続けますし、負けが続けば自然とやめていくのは当然のことです。 今回のコロナ禍の影響で、それがさらに増えてより加速度が増すことが予想されるでしょう。 他の業界を見てみると、こんなことが分かる! パチンコ業界が衰退していることは分かりました。 では、その他の業界はどうなんでしょうか? 日本は、パチンコの他に『公営ギャンブル』と呼ばれる業界があります。 パチンコにおける売り上げ推移 引用元: グラフを見ても分かるように、パチンコだけでなく 他の業界も同じように衰退していることが分かります。 このことから分かることは 国民全体の関心が変化している ということです! そのキッカケにあるのが、今ではなくてはならない『インターネット』の誕生です。 このインターネットの誕生によって、情報化社会が爆発的な広がりをみせ国民の生活を大きく変えることになりました。 今では、スマホを持つ人が当たり前の時代ですよね。 アプリゲームやYouTubeの発展によって、人の関心は目まぐるしい変化をしています。 時代の変化についていけない分野は、どんどん衰退していっているのです。 パチンコ業界の今後の予想と未来 以上のことから分かるように、コロナの影響以前からパチンコ業界は衰退傾向にありました。 それが、今回の緊急事態宣言の延期による影響によって 衰退の勢いがさらに増したと考えられます。 ただ、いくら衰退の勢いが増したといえどそうカンタンになくなることはありません。 衰退しているとはいえ、 20兆円もある市場規模ですからね。 しかし、体力のない小規模店舗が閉店していくことは避けられないので 目に見える変化として、お店の数が減っていくことは確実でしょう。 またすぐに無くならないとしても、コロナ禍の影響でさらにその変化が加速させています。 つまり、 パチンコ業界がなくなるのは時間の問題とも言えます。 ただ、先ほどもお話した通りすぐには無くならないので まだまだパチンコで稼げる余地はあります。 しかし、その時間がないのも事実です。 じゃあ、この予想を踏まえて今は何をするべきか考えてみましょう! どのお店も今は休業中ですから、お店で実践することはできません。 ただ、 実践しなくてもパチンコで勝てるようになる方法があります。 その方法が、 今の自粛期間にできることの1つだと思います!.

次の

知事会が緊急事態宣言の延長を提言。パチンコ屋は窮地

緊急 事態 宣言 延期 パチンコ

ダイナム、アンダーツリーが宣言前に発表 405店舗を展開する「ダイナム」は6日、緊急事態宣言の対象区域となる7都府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)の全55店舗を、7日から営業休止すると発表した。 再開日は未定。 約150店舗を展開する「アンダーツリー」も7日、未出店の福岡を除く6都府県の全115店舗を、8日から休止すると発表した。 再開日は未定。 317店舗を展開する「マルハン」は7日、J-CASTニュースの取材に「都から正式な発表が出るタイミングで(営業継続の可否について)リリースを出す予定」と答える。 一部報道によれば、東京都は緊急事態宣言が出された場合の方針案をまとめ、パチンコ店など娯楽施設に休業要請を出す構えだ。 パチンコホールでつくる全日本遊技事業協同組合連合会は「現時点でお話しできる内容はない」と7日の取材に答えた。 7日16時30分追記 マルハンは7日、7都府県の全101店舗を8日から営業休止すると発表した。 再開日は未定。 そのほか、日拓グループ、夢コーポレーション、ピーアークホールディングスでも一部店舗の休止を発表した。

次の

【速報】緊急事態宣言、1か月程度延期か!?パチンコ屋大丈夫???

緊急 事態 宣言 延期 パチンコ

思い返せば2011年の東日本大震災で節電や自粛を迫られていた時も、パチンコ店は営業を続けバッシングを受けた。 そんな教訓もあってか、全国のパチンコ店が加入している全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は、加盟店に対して2月28日に広告宣伝行為の自粛を求めた。 これによって、テレビや新聞の折込チラシ、ダイレクトメール、インターネットなどの媒体で集客目的の広告宣伝の中止、さらに看板の消灯、営業時間の短縮などが行われた。 そして、多くのパチンコ店では早い段階でスタッフのマスク着用、遊技台の消毒という措置が行われていた。 さらに、とあるホールではマスクをしていないと、開店前の入場抽選を受けることができないといったルールを設けて話題になった。 こういった独自の感染予防対策を講じていたが、パチンコ店は不特定多数が集まり感染リスクが高い「3密」に値するのではとの声が絶えない。 ただし、遊技者はパチンコ台に向かい合っており、人と会話をすることは少ない。 そして、パチンコユーザーの喫煙率が高いという理由でパチンコ店は換気を多く行っている特性もあることから、感染リスクは低いという説もある。 そして新型コロナウイルスに感染した人が気づかず遊戯をしていたことはあっても、クラスター化したパチンコ店は執筆時点で確認されていない。 楽観視はできないが、パチンコ店はイメージされるほど危険な場所ではないのかもしれない。

次の