ブロック され てる か 確かめる line。 【保存版】LINEで相手にブロックされているか確認する方法

2020年度最新版!LINEでブロックされたどうかの確認方法について徹底解説

ブロック され てる か 確かめる line

トークルームにおけるメッセージの送受信や無料通話の発着信を双方向でできなくなるなど、連絡を取りたくない相手との接触をほとんど断つことができます。 左:iOS版LINEのブロック中の画面 右:Android版LINEのブロック中の画面 しかしここで問題となるのが、人間関係への影響。 ブロックする対象となる相手がリアルの友だちや知り合いであることが多々あるため、ブロックした事実が相手にバレると、いろいろと面倒事が起こりかねません。 そこで以下では、ブロックをする側、される側それぞれどにような現象が起こるのかを解説します。 LINEのブロック機能は人間関係に大きく影響するだけに、その効果をしっかり把握しておくと、いざというとき不安にならずに済むでしょう。 ブロックした側のLINEに起こる現象 appllio. com トークルームでブロックを解除する トークルームを削除してしまった場合は、この方法は利用できません。 ブロックリストからブロック解除しましょう。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE トークルームでブロックを解除する場合は、ブロックしたときと同様の手順でメニュー画面に進み、一番下にある[ブロック解除]ボタンを押せば完了です。 Android版LINEでは、ブロック相手のトークルーム上部に[ブロック解除]が設置されているので、これを押しましょう。 相手にブロックされているか確認する方法 メッセージにずっと既読がつかなかったり、無料通話に応答がなかったりとブロックが疑わしい状態が続いたなら、実際に確認するのが手っ取り早いでしょう。 ここで紹介する「スタンププレゼント」によるブロック確認は、誰でも試しやすく、かつ確実性も高い方法です。 実際に購入する必要はないので、お金もかかりません。 また、メッセージや通知が相手に届くといった痕跡が残らないので、水面下でこっそり調べたい場合にも有効です。 ぜひ試してみてください。 1 「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]をタップする LINEの「ホーム」タブからスタンプショップに移動します。 適当にスタンプを選択し、「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]ボタンを押してください。 ここで、 相手がおそらく「持っていないであろう」スタンプを選択するのがポイントです。 万が一プレゼントしたものと同じスタンプを相手がすでに持っている場合、ブロックと同様にプレゼントできなくなる現象が起きるため、プレゼントしたときの挙動だけでは断定できなくなります。 2 ブロックされているか確認したい相手を選ぶ 次に、ブロックされているか確認したい相手を選んでタップし、[OK](Androidでは[次へ])を押してください。 3 表示画面の内容を確認する 続く画面で、左上の画像のように[プレゼント購入する]のボタンが表示されていれば、 ブロックされていないといえます。 」と表示されていれば、ブロックされている可能性が高い状況です。 もっとも、贈ったスタンプを相手が偶然所持している場合も同じ文言が表示されます。 何度か挑戦してみて、すべて「プレゼントできません。 」と出てしまったら、ほぼ確実にブロックされていると判断できるでしょう。 ほかにも、協力者を募って複数人トークを作成する方法など、ブロックの確認方法はいくつか存在します。 気になる人は以下の特集を参照ください。 appllio. Q1:ブロック中に相手から届いたメッセージは解除後に既読が付く? A:ブロック解除後、自分が先にメッセージを送信するか、相手が先にメッセージを送信するかで、ブロック中に相手から届いたメッセージの既読表示のされ方が異なります。 ブロック解除後、 相手が先にメッセージを送ってきた場合、そのメッセージを確認した瞬間に、ブロック中に受信したメッセージが一斉に既読になります。 実際にはブロック中に相手から届いたメッセージを確認していませんが、相手側の視点ではいつも通り既読が表示されるため、特段怪しまれる心配はないでしょう。 一方、ブロック解除後、 自分が先にメッセージを送信してしまった場合、ブロック中に受信したメッセージには既読がつきません。 相手側の視点でみてみると、右上の画像のようにブロック中に送信していたメッセージに既読がつかないままなのに、あなたから新規メッセージを受信しているという矛盾した状態になります。 したがって、ブロックを解除した場合は、 相手からメッセージを受信したあとで自分のメッセージを送信するようにしたほうが無難でしょう。 appllio. com Q2:ブロック相手はホーム画面のアイコンや投稿を見られなくなる? A:ブロックした後も、ホーム画面のプロフィール情報はブロック相手に公開されたままになります。 左:ブロックされている相手のホーム画面 右:ブロックされている相手のホーム画面のタイムライン投稿 アイコン(プロフィール画像)・BGM・ひとこと(ステータスメッセージ)・カバー画像(ホーム写真/トプ画)などは見られてしまいます。 ブロック相手には見られたくないかもしれませんが、回避する方法はありません。 そしてホーム画面から閲覧できるタイムライン投稿のうち、「全体公開」に設定した投稿だけはブロック相手も変わらず見られる状態が維持されます。 さらに、LINEのアイコン画像、ステータスメッセージ、プロフィールBGMのいずれかを変更した場合には、ブロック相手の友だちリスト上に緑の点が表示されます。 これらの変更時にストーリーに投稿するオプションが有効になっていると、緑色のリングでストーリー投稿がブロック相手にも通知されます。 Q3:LINE電話の「応答なし」表示とブロックとの関係は? A:「応答なし」が表示されたからといって必ずしもブロックされているとは限りません。 以前は、ブロックされていると疑わしき人物に無料通話をかけて、強制終了メッセージが「応答なし」かどうかをチェックすることで、ブロックを確認する方法がありました。 しかし2020年3月現在、ブロックされている場合の強制終了メッセージは、ブロックされていない場合と同じものが表示されるようになっています。 そのため現在は、 LINE電話を介してブロックされているかどうかを判別することはできません(iOS/Android版問わず)。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 相手にブロックされている/されていないにかかわらず、発信し続けると一定時間で発信が切れ、iOS版、Android版それぞれ上のような画面が表示されます。 もし相手にブロックされていなかった場合、相手に着信します。 相手側の着信履歴に残るほか、相手が通話に出てしまう可能性があるので注意してください。 appllio. com Q4:相手とのLINE上の関係を完全に断ち切りたい場合はどうする? A:ブロックリストから友だちを削除した上でトークルームも削除すれば、相手とのLINE上での連絡手段は完全に絶たれます。 LINEのブロック機能は、あくまでもLINE上の友だち関係を「一時的」に停止するもの。 前述したようにブロックを解除することで再び連絡を取れるようになります。 そこで、有効なのがブロックリストから相手を「削除」する方法。 ブロック効果が持続した状態で、かつ相手を友だちリストに戻すこともできなくなるため、LINE上の友だち関係を完全に解消できるというわけです。 気になる場合は、トークルームも削除すればさらに完璧に相手の存在を無かったことにできます。 左:iOS版LINE 右:Android版LINE 方法はかんたん。 Android版LINEは、[編集]をボタンをタップして[削除]を選択するだけです。 友だち削除の効果については、以下の記事に詳しくまとめています。

次の

LINEでブロックされたか確認する3つの方法【2020年最新版】

ブロック され てる か 確かめる line

実際、LINEをブロックされたのかどうかを確かめることってできますか? 教えてください! LINEでブロックされたら、どうなると思いますか? 日頃からLINEを使いこなしていますか? LINE1つでメールも無料通話も出来ちゃうなんて、すごく便利ですよね。 ですが、便利さの一方で、既読がつく機能や、ブロックされてる?の不安なもあるのも事実。 便利だからこそ悩まされる事があるのもLINE。 特にブロックの機能は、自分がブロックした時に相手に知られるのか、相手にブロックされた時に自分では分かるのか、知っておきたい事が盛りだくさん! 今日は【確定】LINEでブロックされてる…?怖いけど、これはさよなら確定です。 と題して、筆者であり専門家の久我山ゆにが、LINEでブロックした時と、された時にどんな部分が変わるのかを説明していこうと思います。 決定的にブロックされているとわかるには、本人に聞くしかありません。 でも、ブロックされると使えない機能なんかを確認することで、わかることもあるんです。 まずは、自分がLINEで誰かをブロックする事で、どんな事が起こるかをお話ししますね。 ブロックするなんて、ヒドイ事をするようにも思えますが、LINEを使う上で、セキュリティとして重要な場合もあるので、知識として知っておきたいですね。 相手のLINEをブロックする方法は? LINEをブロックする方法は、友達リストの画面で「編集」のボタンをタップして、ブロックしたい相手を選択、「ブロック」をタップすれば完了です。 もしくは、ブロックしたい相手とのトーク画面からメニューを開いて「ブロック」を選択する方法もあります。 ブロックを解除したい場合は、LINEの「その他 … 」から「設定」のページ 歯車のマーク に進み、「友達」を選択するとブロックリストを表示する事ができます。 ブロックした相手一覧から解除できます。 ブロックする時と同じく、相手とのトーク画面のメニューからもブロック解除できます。 LINEをブロックしたら、何ができない? LINEをブロックする手続きが終わったら、ブロックした側 自分 の友達リストにブロックした相手が表示されなくなります。 トーク履歴は残りますが、「ブロック中」と表示されて、メッセージやスタンプは送れなくなっています。 相手がメッセージ等を送ってきても、一切表示されません。 同じように、通話もできなくなります。 相手からの着信も表示されないので、出れないし、不在着信などの表示が残る事もありません。 LINEをブロックしたら、グループトークはどうなる? LINEブロック後、個人のトーク画面は「ブロック中」と表示されて使えない状態ですが、自分とブロックした相手が参加しているグループトーク 複数人トーク では、これまでと変わらない使い方ができます。 自分が書き込んだメッセージも、ブロックした相手が書き込んだメッセージも、お互いに見れる状態です。 グループ通話に関しても、通常通り全員が使えます。 LINEをブロックされたときに、どういうことが起きるのか、お教えしますね。 次に、自分がもしLINEをブロックされていたら、どのような状態になるかを説明していきます。 LINEをブロックされたら、相手にメッセージを送るとどうなる? 自分がLINEをブロックされていても、「ブロックされているよ」的な表示はありません。 なので、トーク画面からメッセージを送ったり、無料通話をコールする事もできます。 ですが、ブロックした側には表示されないので、いつまでもメッセージには既読がつかないし、コール音を鳴らしても相手には着信が残りません。 LINEのホーム・タイムラインではブロック後、どう変わる? LINEのホームやタイムラインでは、友達ごとや投稿ごとに公開するかしないかを設定することが出来ます。 お互いが全体に公開の状態だという仮定で説明しますね。 まず、ブロックした側は、相手がリストから消えているので、ホームを訪問する事が出来ません。 タイムラインからブロックした相手の投稿も消えています。 一方、ブロックされた人が相手のホームを訪問したら、今までは投稿が見れたいたとしても「まだ投稿がありません」という表示に変わってしまいます。 LINEがブロックされているかを確認するには? なんか変だな、と感じた時に、相手に知られずブロックの有無を調べる事はできるのでしょうか? 残念ながら、決定的な方法はないようです。 「ブロックされている可能性が高いかどうか」しかわかりませんが、一番知られている方法は、スタンプをプレゼントしてみる方法です。 以前はブロックされてる相手にスタンプをプレゼントしたら「この友達にはプレゼントする事ができません。 」という決定的な表示が出ていたようです。 ですが、現在はLINEの仕様が変わり、「すでにこのスタンプを持っている為プレゼントできません」という、表示になっているようです。 ブロックされているかもしれないけど、本当にスタンプを持っている場合もある、という事です。 今日は【確定】LINEでブロックされてる…?怖いけど、これはさよなら確定です。 と題して、久我山ゆにが、LINEでブロックした時と、された時にどのように変わるのかをお話しましたが、いかがでしたか? LINEを使う上で、ブロックしたりされたりするような事態にならない事が一番です。 しかし、電話番号で勝手にLINEも繋がってしまったり、思わぬ所からLINEの乗っ取り詐欺のメッセージが届いたりと、セキュリティの為にブロック機能を使う場合も残念ながらあります。 LINEでどんな事が出来るのか、知っておいて損はないですよね。 嫌な相手をブロックしても、相手にブロックした事が通知される事はないので、いざという時は安心して使いたいですね。

次の

LINEブロックされたか確認する方法とブロックされたらどうなるか

ブロック され てる か 確かめる line

SNSアプリの必需品!ラインでブロックされたか確認する方法 最新版まとめ コミュニケーションツールとしての普及率が高く、仕事やプライベートなどの連絡等でも使われもはや手放すことのできないSNSアプリとなったLINE。 相手がメッセージを読んだかどうかがわかる「既読」機能や、どうしても距離を置きたい相手に対して連絡を絶つことが出来る「ブロック」機能はとても便利ですよね。 ブロックされた場合、 自分に通知が来ることはないため、自分の送ったメッセージに何日も既読が付かないままだと「相手からブロックされてしまったのかな...... ?」と不安になるでしょう。 ブロックされた時の確認方法はこれまでもいくつも発見されてきましたが、LINEのアップデートの度に使用できなくなった確認方法も多いです。 2019年現在利用できる、相手からブロックされたかどうかを確認できる最新の方法をご紹介します! LINEでブロックされたらどうなるのか? LINEでブロックがされている間は、相手の人とやり取りを続けようとしても、通常とは違う反応が起きるケースが何種類かあります。 それが元で「もしや... ブロックされているのでは?」と考え始める方も多いのではないでしょうか? LINEでブロックされるとどんな反応がおきるのかご紹介していきます。 相手があまりラインを使用しない性格だったり、ラインを使えない状況にある場合に当てはまる反応もありますが、以下に紹介するものに複数当てはまる場合は、ブロックをされている可能性が非常に高いです。 トークがいつまでも「既読」にならない 恐らく、これが一番メジャーだと思うのですが、自分が送ったLINEのメッセージがいつまでたっても既読にならない場合、ブロックされてしまった可能性があります。 単に相手に事情があって見れていないだけならいいのですが、相手も参加しているグループラインでは既読がついているのに、 個別のチャットだけ既読がつかない場合は、ブロックされてしまっている可能性が非常に高いです。 相手はLINEを見る暇があり実際にLINEを利用しているにも関わらず、あなたの送ったメッセージだけ見ていないからです。 何度かけても相手が電話に出てくれない 伝えたいことがあるのに既読がつかず、なかなか返信をもらえない場合、相手に直接電話をかけることも多いかと思います。 しかし、何度かけても相手が電話に出てくれず、連絡もない場合は、ブロックされている可能性がさらに高くなります。 ブロックされている間もこちらからは通常通り電話をかけることができ、発信音もなりますが、相手には一切通知がいっていません。 突然相手のホーム画面やタイムラインが表示されなくなる それまでは見ることが出来ていた相手のホーム画面やタイムラインが突然表示されなくなった場合もブロックされてしまった可能性があります。 相手がタイムラインの公開範囲の設定を変えた可能性もありますが、友達に対して非公開にするには、非公開にする相手を一人ずつ選ぶ必要があり、非常に手間のかかる行為です。 特に、上記の「既読がつかない」、「電話に出てくれない」と同時に起こっている場合はブロックされている可能性が非常に高いです。 プロフィールが更新される プロフィール画像や、ホーム画面、ステータスメッセージを変更した場合はタイムラインにその旨が送信されます。 ブロックされている相手のタイムラインを見ることはできませんが、 プロフィールが変更されたことは友達リストから知ることができます。 「最近更新されたプロフィール」の友達としてもピックアップされ、プロフィールに変更があったことを示すマークも表示されます。 相手がラインを使っているかどうかがわかります。 【2019年最新版】LINEで相手からブロックされているか知る方法 LINEでブロックされているかどうか知るための最新の方法をご紹介いたします。 「スタンプ」や「着せ替え」をプレゼントする 以前はブロックされている相手にスタンプをプレゼントした場合のみ、「この友達にはスタンプをプレゼントする事ができません」という特有のメッセージが表示されていました。 しかし、現在は、 ブロックされた相手に送ると「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」というメッセージが表示されます。 これは本当にスタンプを持っている場合に表示されるメッセージと同じなので、この方法でブロックされているかどうかを確実に判断することはできません。 しかし複数プレゼントした際に、全て「すでにこのアイテムを持っているためプレゼント出来ません」と表示された場合は ブロックされている可能性が非常に高いと言えます。 無料スタンプは相手も持っている可能性が高いため、有料スタンプでの確認がおすすめです。 また、プレゼントの購入画面に進める場合は、 ブロックされていないことも確認できます。 ちなみに、現在iPhone版ラインアプリ内では有料スタンプのプレゼントができません。 iPhoneでLINEを使っている方は、 「LINE STORE」に登録する必要があります。 LINE STOREに登録すれば相手にスタンプをプレゼントすることができます。 Androidと同様にスタンプをプレゼントできなかった場合はブロックされていることがあります。 この場合も「相手がスタンプを本当に持っていた場合」等に対応できないので、スタンプを複数選択してプレゼントするようにしてください。 ブロック時の状況になっているか調べる グループラインやプロフィールの更新から、相手がラインを使っていることが確認できるにも関わらず、以下の状況にすべて当てはまる場合、ブロックされている可能性が非常に高いです。 もう一度確認してみましょう。 個別ラインの既読がつかない• 通話しても呼び出し音はなるが出てくれないし、返信もない• 突然タイムラインが見れなくなった 「ブロック」と「友達から削除」の違いとは? 相手からの連絡を絶つ場合、「ブロック」した後に「友達から削除」する方法もあります。 ブロックと友達から削除の2つの違いを解説していきます。 相手に削除された時に起こることはブロックされた時と同じ 「友達から削除」は、ブロックしてから行うことが出来ます。 削除した相手のLINE上から自分のアカウントが完全に削除されます。 相手に削除された際であってもこちらが感じる印象はブロックされた際と同様で、既読がいつまでもつかなかったり、電話をかけることはできても通じなかったり、タイムラインを見ることなどができなくなります。 削除はブロックと違って解除することが出来ない。 ブロックされても相手のブロックリストにはあなたの情報が残っており解除すること自体は可能です。 友達から削除の場合は相手のLINE上からあなたの情報が完全に消されてしまうため、解除することはできません。 LINE上でもう一度相手とやり取りをするためには、改めてIDやQRコードを使って友達登録をする必要があります。 その点が削除とブロックの最大の違いです。 相手がブロックを解除したらどうなるのか? 相手がブロックを解除した場合にブロックされていたかどうかがわかるかを解説します。 ブロックされている間に送ったメッセージ 相手がブロックを解除した際、以前はブロックを解除した際に、それまで送ったメッセージにも既読がつき、ブロックされていたかどうかはわからない仕様でした。 しかし、 現在はブロック解除後もブロック中送ったメッセージには既読がつきません。 相手はブロック中に送られたメッセージの内容を知ることもできません。 ブロック中にメッセージ内容を相手に伝えるためには、後述する 「ノート機能」を使うことができます。 ブロックされている間に相手が更新したタイムライン 以前はブロック中に相手が投稿したタイムラインは、ブロック解除後も見ることはできませんでした。 しかし、現在は、ブロックの解除と共にブロック中に投稿した相手のタイムラインも見ることができます。 急にブロックされたであろう相手のタイムラインが表示されるようになったのなら、ブロックが解除されたのでしょう。 以前の裏技は現在使えなくなっている 以前、ブロックされたと推測される際に使われていた以下の裏技は、LINEのバージョンアップにより、2019年現在使用できなくなっています。 相手を含めた複数人を招待したトークが作れるかどうか 以前は、ブロックされている相手を招待した複数人トークを作ること自体が不可能でしたが、現在はブロックされていても複数人トークに招待することができてしまうので、この方法でブロックの有無を探ることはできません。 さらに、相手には招待したことも残念ながら伝わりません。 グループに招待し、グループ名で謝罪を伝える方法 以前はグループ名を「ごめん。 ライン解除して」などとして招待することで、ブロック中の相手にも短いメッセージを伝えることができました。 しかし、現在はグループを作成することはできますが、相手に招待していることの通知が届かないため、使えません。 ブロックされた相手に連絡を取る方法 ブロックされてしまった場合、LINE上で相手に連絡を取る方法はあるのかどうか解説します。 アルバムやノートで連絡を取る方法 アルバムやノートを投稿した場合、相手もトーク画面から投稿があったことがわかるようになっています。 しかし、相手に通知が届いたりトークリストに未読マークがつくわけではないので、相手が自分とのトーク画面を開いてくれた場合にのみわかります。 また、ブロック中はノートを確認することも不可能ですが、ブロックを解除すれば、 ブロック中に送られたアルバムやノートの投稿を確認することもできます。 相手が見る確率は低いですが、ブロックした相手がトーク画面を開いた場合に、一時的にでもブロックの解除を促すことができます。 ブロック中に送ったメッセージでは相手には届かないため、低い確率にかけてでも、どうしても相手に伝えたいことがある場合は利用してみてください。 既に作成されてあるグループに文章を送る もし、ブロックされている人と自分が「既に同じグループに所属している」場合は、そのグループに入ることはできますよね。 そのグループに伝えたい文章を何か送ってみてください。 そのグループで文章やギフトを送った場合ならブロックされた相手にも見てもらえます。 例えば、 仲のいい友達と喧嘩してしまってブロックされたけど、他の友達を含めた仲良しグループに所属しているような場合に活用することができます。 知り合いに直接伝えてもらう もし顔見知り相手にブロックされたのでしたら、 他の顔見知りに伝えたい内容を伝えるのもひとつの手です。 例えば、友達と喧嘩してブロックされてしまった場合、他の友達に「謝りたい気持ち」があることを伝えるといいでしょう。 このような「LINEの仕様以外」でも解決する方法もあります。 他のSNSで連絡を取る LINE以外にもTwitterやインスタ等のSNSがありますよね。 相手のアカウントを知っているのだとしたら、 自分もTwitterやインスタなど相手がやっているSNSのアカウントを作って、そこで伝えたいことを伝えてください。 直接伝える方法になるのでもしかしたら取り合ってもらえないかもしれないので、不安なら友達に頼んでSNS上で「〇〇(あなた)が伝えたいことがある」ことを伝えてもらいましょう。 編集後記 LINEで何日も既読がつかなかった場合、「もしかしてブロックされているのでは?」と不安になる方も多いでしょう。 ブロックされたかどうか疑問に思いながら、相手からの連絡を待つのは苦痛ですし、精神的な辛さにも影響してきます。 今回ご紹介した方法で、ブロックされているのかどうか確認することで、たとえブロックされていたとしても、あきらめがついたり、少しでも前向きに考えられるようになれば幸いです。

次の