トリックルーム。 ヤレユータン育成論 : 【ダブル】対ブリムオン型ヤレユータン【トリルふういん】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

第1話 トリックルーム

トリックルーム

技 トリックルーム 分類 へんか タイプ エスパー PP 5 命中 ー 対象 全体の場 効果 必ず後攻になり 優先度:-7 、 5ターンの間、素早さが低いポケモンから 攻撃できるようになる。 もう1度使うと元に戻る。 全体の場に影響する技で、 天候やフィールドと重複します。 効果は5ターンですが、発動したターンも含むため、発動後に実際に行動できるのは、 4ターンとなります。 トリックルーム状態でも、でんこうせっかなどの先制技は使うことができ、通常と同じように先制できます。 また、 せんせいのツメによる行動はトリックルーム下でも早くなり、 こうこうのしっぽや まんぷくおこうによる行動はトリックルーム下でも遅くなります。 効果の順番 トリックルームは優先度がー7なので、必ず後攻になります。 お互いにトリックルームを選択した場合は、素早さが高い方から、技を使います。 優先度についてはこちら ダイマックスした場合 トリックルームをダイマックスして使う場合、 ダイウォールという技になり、相手の攻撃を防ぎます。 また、攻撃側のトリックルームに対して防御側がダイウォールを使っても、防ぐことはできません。 ( 場に対しての技なので) トリックルームを覚えるポケモン ほとんどのエスパータイプや、一部のゴーストタイプが覚えます。 ゴーストタイプでトリックルームを覚えるポケモン ゲンガー、ヨノワール、デスカーン、 ブルンゲル、シャンデラ、オーロット、 パンプジン、ミミッキュ、ルナアーラ、 ネクロズマ 月食 、デスバーン エスパー、ゴーストタイプ以外でトリックルームを覚えるポケモン エルフーン、ギギギアル、フレフワン 入手方法 わざマシン70で習得できます。 わざマシン70は、クリア後に、バトルタワー内右にいる女性から買うことができます。 トリックルーム始動ポケモン トリックルームは後攻技のため、相手の攻撃を1回は耐える必要があります。 安全にトリックルームを展開するためには、きあいのタスキや半減実が持ち物の候補になります。 また、トリル展開後に自身でそのまま攻めることができる攻撃力や、味方に交代するための自主退場技があるとターンを無駄にせずに戦えます。 ミミッキュ 特性 ばけのかわによって、相手の攻撃を耐えて安全にトリックルームを使うことができます。 自身の攻撃力はそれほどではありませんが、 のろいによって自分のHPを削って退場することができます。 エルフーン 特性 いたずらごころによって、トリックルーム展開後でも変化技を先制で使うことができ、 おきみやげで退場できます。 ブリムオン 特性 マジックミラーによって、相手の ちょうはつや ふきとばしを防ぐことができます。 特攻種族値が136、素早さ種族値が29であり、トリックルーム後も先制で高威力の技を使うことができます。 ランクルス ブリムオンと似た種族値で、特攻種族値が125、素早さ種族値が30です。 さらにHP種族値が110あり、高い耐久力も持っています。 特性 マジックガードで、いのちのたまの反動を受けないため、高威力で攻撃することができます。 イエッサン 特性 サイコメイカーによって、サイコフィールドを展開することができます。 サイコフィールドによって先制技を無効にすることができるので、トリックルーム後に、後続が先制技でダメージを受けるのを防げます。 ドータクン 高い耐久で、比較的安全にトリックルームを使うことができます。 展開後は だいばくはつで退場できるほか、タイプ一致の ジャイロボールも使えます。 ジャイロボールはお互いの素早さで威力が決まり、トリックルームによって威力は変動しません。 サーナイト、エルレイド、シャンデラ トリックルーム後に おきみやげによって退場でき、おきみやげを使わなくても自身でそのまま戦うこともできます。 エースポケモン ドサイドン いわ・じめんの物理アタッカー。 種族値は攻撃140、素早さ40。 ダイロックや ダイアース、 ダイスチルによって耐久を上げつつ攻撃することができます。 つるぎのまいも覚えるため、相手のまもるやダイウォールを読んで積むことができれば、圧倒的な攻撃力を得ることができます。 ローブシン かくとうタイプの物理アタッカー。 種族値は攻撃140、素早さ45。 いのちのたま+ちからずくや かえんだま+こんじょうの組み合わせによって、ダイマックスせずとも強力な攻撃が可能です。 カビゴン ノーマルタイプの物理アタッカー。 種族値は攻撃110、素早さ30。 はらだいこや のろいといった積み技を使うことができます。 トリックルームの効果がなくなっても、元々の高い耐久力により、簡単に倒されない強みがあります。 ヨクバリス ノーマルタイプの物理アタッカー。 種族値は攻撃95、素早さ20。 カビゴンと同じく、はらだいこを覚えます。 さらに特性 ほおぶくろで、きのみでの回復量が増えるため、はらだいこで減った分のHPをある程度回復することができます。 クワガノン むし・でんきタイプの特殊アタッカー。 種族値は特攻145、素早さ43。 広い技範囲で攻撃することができ、4倍弱点も無いため、トゲキッスやサザンドラに有利に戦うことができます。 パッチラゴン でんき・ドラゴンタイプの物理アタッカー。 種族値は攻撃100、素早さ75。 特性 はりきりと、先制できれば威力2倍の でんげきくちばしが強力です。 中速のポケモンですが、最遅であれば実数値72で、無振り55族の実数値75を下回ります。 ウオノラゴン みず・ドラゴンタイプの物理アタッカー。 種族値は攻撃90、素早さ75。 先制で威力2倍の エラがみが強力です。 ダルマッカ 原種 ほのおタイプの物理アタッカー。 種族値は攻撃90、素早さ50。 特性はりきりのため、進化後のヒヒダルマ以上の火力を持っています。 命中と耐久の不安を無くすために、ダイマックスして戦いたいです。 トリックルームに関係する持ち物 ルームサービス トリックルーム状態だと、持っているポケモンの素早さを1段階下げ、持ち物を消費します。 中速のポケモンに持たせれば、トリル下で先制できる相手が増え、有利に戦うことができます。 交代すると素早さは元に戻ります。 対策 戦略 まもるや ダイウォールで、トリックルームのターンを枯らすのが有効です。 ただ、こちらのまもるを読んで相手が つるぎのまいなどをしてくる可能性もあるので、使いどころには気を付けましょう。 ちょうはつ 変化技を封じるちょうはつなら、トリックルームを展開される前に防ぐことができます。 ただし特性マジックミラーのエーフィやブリムオンには、変化技を跳ね返されてしまいます。 ふういん 自分が覚えている技を相手が使えなくする技です。 自分がトリックルームとふういんを覚えている状態でふういんを使えば、相手はトリックルームが使えなくなります。

次の

トリパ考察

トリックルーム

んでいます・・・!おかしい・・・!何かが・・・!の・・・! 関連項目• 関連商品 関連動画 発動要員に求められる能力 要約するとが適している。 【固い】とは敵の攻撃を一撃耐えられるを持つという意。 前述のとおりトリックルームは優先度が-7なのでどう頑っても敵の攻撃を受けざるを得ない。 を持たせて強引に攻撃を1発耐えるという手もあり・・・は気にする必要はないが集中火による撃沈には注意。 【強い】とは退場技でのの意。 なので発動要員退場時のだいばくはつで一匹葬って後続のアタッの負担を減らすというのが理想。 ・のような一部のは、発動後に自身がそのまま戦うこともある。 【おそい】とは言うまでもなくすばやさの意。 トリックルーム発動中にを取るため。 対策法ほか いったん発動されたら後はやられ放題だが、対策自体は全へんか技の中で最も簡単だと思われる。 というのもトリックルームの優先度は全技での -7。 強制交代技のほえる、(-6)すら下回る。 また、へんか技なので当然のごとく「ちょうはつ」を打たれても終了。 ・トリプルの場合はも要注意。 なので る・みきり・等でしのがれるとこれまた窮地に立たされる。 妨が容易、持続が短いということから、6on6では肩身が狭いが、(特に4on4)だと途端にその価を発揮する。 以上に発動を妨されやすいが、発動要員を「このれ」「いかりのこな」や「」等で補佐できるので、見せ合い戦であっても発動をすることが難しい。 の大会者が2部門とも使いだったことからもその強さはうかがえる。 では今まではしか回復できなかったど「」がちょうはつやも回復できるようになったのでトリックルームの発動を妨されにくくなった。 、、など鈍足高の使いが増えた。 なお、 「」は全ての変化技の優先度を1増やして発動するなので、優先度-7のトリックルームを優先度-6で使えるようになる。 相手に素さが勝っていればほえるやを使われる前に発動可。 「」でトリックルームを使えるのはとの だけである。 禁止級が参戦可なにおいては、弱点が少なくもありなおかつも高いがトリックルーム始動要因としてな存在である。 素さはとにしては速めだが、最鈍ならほとんどの禁止級よりも遅くなるので問題ない。 技説明(ポケダン) その フ全域にいる( 敵味方関係なく)の素さをで1段階上下させる。 にで使用されるのが最大の脅威。 期待値上必ず半数の敵がでこちらを取り囲んでくるのだからたまったものではない。 加えて最悪の場合、更に・操作が鈍足となり実質4倍差が付く可性もある。 その他、これが使われることでしている敵まで起きてしまう、「しばりだま」等でせっかく動きを止めてしたに、トリックルームを覚えた通りすがりのが外からふらふらとして技を使用、 敵にかけたかなしばりが解けて一気に包囲され形勢逆転・・・というのが一番よくあるである。 に使用されるのは「じげんのとう」「のしま なんぶ」「うんめいのとう」等、及び後以降。 のみ、まだ当時第四世代がかったためこの技が存在しない。 実質限定技。 正直な話、属は似た効果でかつ鈍足しの「こうそくいどう」から「ほうでん」乱発のが使えるのでそっちのが恐ろしいのだが、トリックルームはこうそくいどうと違い、 名前に反して外全域にも効果をもたらす点と、・操作にも効果を及ぼす点が異なる。 特にこっちが鈍足にされるとそれだけで一気に苦しくなるのだが、逆にこっちが、相手の多数が鈍足というも起こりうる、バクチ要素の強い技になっている。 側が使う場合は、こうそくいどうやなど、の素さ上昇技の方が明確に有利なので、わざわざこの技を採用するは である。 が、に倣い一応は存在している。 概要 それまで素さゲーであったのに一石を投じた画期的な技。 この技によってをんだ速効系アタッは数知れず。 うまく発動できれば一気に戦局が動く。 と略す人はあまりいない。 トリックルームを軸にしたはと呼ばれている。 5の間遅いから・・・とあるが、トリックルーム使用も含まれるため実質動けるは4しかない。 また、各種と違い効果を長続きさせるもちものも存在しない。 ゆえにトリックルーム下でのアタッはあらゆる敵を確定1発に持ち込めるを持つが望ましい。 で多くのが覚える事が可だが、技で覚えられるはのみ。 ・では名もないからを貰える。 に場所が分かりづではワの、から貰うことができる。 施設以外のでは初の使いであり、時代のがされてになったのも使いに転向したからだと思われる。 では後に行くことができる豊の社にて拾える。 の変更により一度を手に入れれば何度も覚えさせることができるようになった。 ではが使用し、を困惑させた。 では、にてヘイのが使用。 素さ重視のを苦戦させ、を立て続けに倒すが、の「相手に噛み付いて相手ごとを撃ち出す」という戦法で大を受け、「のはどう」で破れた。 コンテスト技説明 ・ つぎの で ばんが に なる。 技説明 ・ まかふしぎな くうかんを つくる。 5の あいだ おそい から こうどう できる。

次の

ヤレユータン育成論 : 【ダブル】対ブリムオン型ヤレユータン【トリルふういん】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

トリックルーム

んでいます・・・!おかしい・・・!何かが・・・!の・・・! 関連項目• 関連商品 関連動画 発動要員に求められる能力 要約するとが適している。 【固い】とは敵の攻撃を一撃耐えられるを持つという意。 前述のとおりトリックルームは優先度が-7なのでどう頑っても敵の攻撃を受けざるを得ない。 を持たせて強引に攻撃を1発耐えるという手もあり・・・は気にする必要はないが集中火による撃沈には注意。 【強い】とは退場技でのの意。 なので発動要員退場時のだいばくはつで一匹葬って後続のアタッの負担を減らすというのが理想。 ・のような一部のは、発動後に自身がそのまま戦うこともある。 【おそい】とは言うまでもなくすばやさの意。 トリックルーム発動中にを取るため。 対策法ほか いったん発動されたら後はやられ放題だが、対策自体は全へんか技の中で最も簡単だと思われる。 というのもトリックルームの優先度は全技での -7。 強制交代技のほえる、(-6)すら下回る。 また、へんか技なので当然のごとく「ちょうはつ」を打たれても終了。 ・トリプルの場合はも要注意。 なので る・みきり・等でしのがれるとこれまた窮地に立たされる。 妨が容易、持続が短いということから、6on6では肩身が狭いが、(特に4on4)だと途端にその価を発揮する。 以上に発動を妨されやすいが、発動要員を「このれ」「いかりのこな」や「」等で補佐できるので、見せ合い戦であっても発動をすることが難しい。 の大会者が2部門とも使いだったことからもその強さはうかがえる。 では今まではしか回復できなかったど「」がちょうはつやも回復できるようになったのでトリックルームの発動を妨されにくくなった。 、、など鈍足高の使いが増えた。 なお、 「」は全ての変化技の優先度を1増やして発動するなので、優先度-7のトリックルームを優先度-6で使えるようになる。 相手に素さが勝っていればほえるやを使われる前に発動可。 「」でトリックルームを使えるのはとの だけである。 禁止級が参戦可なにおいては、弱点が少なくもありなおかつも高いがトリックルーム始動要因としてな存在である。 素さはとにしては速めだが、最鈍ならほとんどの禁止級よりも遅くなるので問題ない。 技説明(ポケダン) その フ全域にいる( 敵味方関係なく)の素さをで1段階上下させる。 にで使用されるのが最大の脅威。 期待値上必ず半数の敵がでこちらを取り囲んでくるのだからたまったものではない。 加えて最悪の場合、更に・操作が鈍足となり実質4倍差が付く可性もある。 その他、これが使われることでしている敵まで起きてしまう、「しばりだま」等でせっかく動きを止めてしたに、トリックルームを覚えた通りすがりのが外からふらふらとして技を使用、 敵にかけたかなしばりが解けて一気に包囲され形勢逆転・・・というのが一番よくあるである。 に使用されるのは「じげんのとう」「のしま なんぶ」「うんめいのとう」等、及び後以降。 のみ、まだ当時第四世代がかったためこの技が存在しない。 実質限定技。 正直な話、属は似た効果でかつ鈍足しの「こうそくいどう」から「ほうでん」乱発のが使えるのでそっちのが恐ろしいのだが、トリックルームはこうそくいどうと違い、 名前に反して外全域にも効果をもたらす点と、・操作にも効果を及ぼす点が異なる。 特にこっちが鈍足にされるとそれだけで一気に苦しくなるのだが、逆にこっちが、相手の多数が鈍足というも起こりうる、バクチ要素の強い技になっている。 側が使う場合は、こうそくいどうやなど、の素さ上昇技の方が明確に有利なので、わざわざこの技を採用するは である。 が、に倣い一応は存在している。 概要 それまで素さゲーであったのに一石を投じた画期的な技。 この技によってをんだ速効系アタッは数知れず。 うまく発動できれば一気に戦局が動く。 と略す人はあまりいない。 トリックルームを軸にしたはと呼ばれている。 5の間遅いから・・・とあるが、トリックルーム使用も含まれるため実質動けるは4しかない。 また、各種と違い効果を長続きさせるもちものも存在しない。 ゆえにトリックルーム下でのアタッはあらゆる敵を確定1発に持ち込めるを持つが望ましい。 で多くのが覚える事が可だが、技で覚えられるはのみ。 ・では名もないからを貰える。 に場所が分かりづではワの、から貰うことができる。 施設以外のでは初の使いであり、時代のがされてになったのも使いに転向したからだと思われる。 では後に行くことができる豊の社にて拾える。 の変更により一度を手に入れれば何度も覚えさせることができるようになった。 ではが使用し、を困惑させた。 では、にてヘイのが使用。 素さ重視のを苦戦させ、を立て続けに倒すが、の「相手に噛み付いて相手ごとを撃ち出す」という戦法で大を受け、「のはどう」で破れた。 コンテスト技説明 ・ つぎの で ばんが に なる。 技説明 ・ まかふしぎな くうかんを つくる。 5の あいだ おそい から こうどう できる。

次の