子犬 ペット保険 比較。 ペット保険(犬・猫・小動物)比較するなら【ペット保険比較サイトVita】

犬のペット保険、おすすめは?比較のポイントや注意点は?

子犬 ペット保険 比較

お迎えしたばかりの子犬こそ、ペット保険があると安心 お迎え直後は環境の変化で体調を崩すワンちゃんもいます。 また、人間同様、子犬の時こそ病気になりがち。 お客様にペット保険をプレゼントします。 継続用ペット保険で2ヶ月目以降の安心も 無料保険期間が終わったあとの病気やケガが心配 無料ペット保険の後も補償を継続したいが…という方へ 継続用ペット保険もご用意しております。 補償期間について 補償期間は子犬のお引き渡し日から1ヶ月間となります。 対象について 無料ペット保険はみんなのブリーダーを通じて子犬をご購入いただいたお客様が対象となります。 無料ペット保険の詳しいお手続きの流れはページ下部の『無料ペット保険の流れ』をご参照ください。 注意点• 対象となるのは お引き渡し時点で満0歳(1歳未満)の子犬となります。 愛玩目的でない飼養(繁殖、事業、競技等)の場合には、当保険をお付けする事ができません。 補償内容について ・子犬の病気や怪我に対しての診療費を、限度額を上限として補償します。 ・1日の通院から入院・手術まで補償いたします。 ・全国すべての動物病院でご利用いただけます。 ・限度額・限度日数がございます。 保険金をお支払いできない主な場合 引受保険会社では、次に掲げる事由によって生じたケガ・病気等に対しては、保険金をお支払いしません。 既往症・先天性異常 等• お引渡日より前に被っていた傷病および発症していた先天性異常 等 2. 妊娠・出産にかかわる費用 等• 交配、妊娠、出産、早産、帝王切開、流産、人工流産ならびにそれらによって生じた症状およびケガ・病気 等 3. (保険制度運営上)ケガ・病気にあたらないもの 等• 去勢(停留睾丸による去勢を含む)、避妊手術 等• 乳歯遺残、停留睾丸、睫毛乱生、涙やけ、臍(サイ:へそ)ヘルニア、そけいヘルニア 等• 歯石取り、肛門腺しぼり 等• 耳掃除、爪切り〔狼爪(ろうそう)の除去を含む〕、断耳、断尾 等 4. ワクチン等の予防接種により予防できる病気• ワクチン等の予防措置により予防できる病気 (ただし、予防措置の有効期間内である場合および獣医師の判断により、 予防措置を講じることができなかったと認められる場合を除く) 5. 予防費用 等• マイクロチップの装着費用• 検査・代替医療 等• 健康診断費用、症状を伴わない血液検査・糞便検査費用 等• 中国医学(鍼灸を除く)、ホメオパシー、酸素療法、理学療法(リハビリテーション)等代替療法、減感作療法 等 7. 健康食品・医薬部外品 等• 動物病院で処方される療法食 等(ただし、入院中の食餌を除く)• 獣医師が処方する医薬品医療機器等法上の医薬品以外のもの 〔健康補助食品(サプリメント)、医薬品指定のない漢方薬、医薬部外品、日本で未承認の薬剤を輸入して処方された場合 等〕• 治療付帯費用• 文書作成料 等• カウンセリング料、相談料、指導料 等• 安楽死、遺体処置 等 9. その他• 保険期間外に診療を受けた• 申し込み対象の犬または猫ではない• 診療日時点で保険契約が解約・解除・取消されている など 2ヶ月目以降も安心の継続用ペット保険について 無料保険期間終了後も安心の継続用ペット保険「すまいるふぁみりぃ」をご用意しております。 こちらの保険には、通常、ペット保険にお申込みされた後に発生する待機期間がありません。 お申込みから補償開始までに間が空かないので、その間に病気やケガをしてしまっても安心です。 ご希望される場合は、子犬のお引渡し後、無料保険補償期間内に別途お申込みいただく必要がございます。 無料ペット保険の流れ 子犬のお問い合わせから、万が一に病院にかかってしまった場合の保険金のお支払いまでの流れをご説明します。 気になる子犬を見つけたらブリーダーに見学希望、お問い合わせをします。 日程を調整して子犬を見学し、ご家族と相談するなどよくご検討の上、購入を決定してください。 購入が決まり、引き渡し日が決定しましたら、 子犬の引き渡し日までに2. でご連絡した申し込みフォームから無料ペット保険の申し込みを行ってください。 無料ペット保険の申し込みを行うと、事務局より『無料ペット保険申し込み(ご成約特典お申し込み)控え』の通知がメール・LINEメッセージで送られます。 5.引き渡し後、1週間程でアニコム損保より無料ペット保険の書類一式をお送りいたします。 動物病院で治療費をお支払いいただき、 診療内容・費用の内訳が分かる「診療費明細書もしくは領収書」をお受け取りください。 2ヶ月目以降も保険を付けたい場合は、継続保険のお申込みをすることができます。 必ず、お引渡し日から1ヶ月以内(無料ペット保険期間内)にお申し込みください。 無料ペット保険の補償期間満了後、期間内に病院に掛かった分の保険金をまとめてご請求いただきます。 保険金を請求する場合は下記の3点を引受保険会社までご郵送ください。 ・保険金請求書(5.でお送りする書類に同封)• ・診療費明細書 原本 もしくは領収書 原本•

次の

ペット保険ランキング2020|人気のペット保険を発表!

子犬 ペット保険 比較

アーフェンピンシャー• アイリッシュ・ウルフハウンド• アイリッシュ・セター• アイリッシュ・テリア• アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セター• アフガン・ハウンド• アメリカン・アキタ• アメリカン・コッカー・スパニエル• アメリカン・スタッフォードシャー・テリア• アメリカン・ピット・ブルテリア• アメリカン・フォックスハウンド• アラスカン・マラミュート• イタリアン・グレーハウンド• イングリッシュ・コッカー・スパニエル• イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル• イングリッシュ・セター• イングリッシュ・ポインター• ウィペット(ホイペット)• ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア• ウェルシュ・コーギー・カーディガン• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク• ウェルシュ・スプリンガー・スパニエル• ウェルシュ・テリア• エアデール・テリア• オーストラリアン・キャトル・ドッグ• オーストラリアン・ケルピー• オーストラリアン・シェパード• オーストラリアン・シルキー・テリア• オーストラリアン・テリア• オーストラリアン ラブラドゥードル• オールド・イングリッシュ・シープドッグ• サツマ・ビーグル• サモエド• サルーキ• シー・ズー• シーリハム・テリア• シェットランド・シープドッグ• シベリアン・ハスキー• シャー・ペイ• ジャーマン・シェパード・ドッグ• ジャーマン・ショートヘアード・ポインター• ジャーマン・スピッツ(ミッテル)• ジャーマン・ピンシャー• ジャーマン・ワイヤーヘヤード・ポインター• ジャイアント・シュナウザー• ジャック・ラッセル・テリア• ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラ• スカイ・テリア• スキッパーキ• スコティッシュ・テリア• スタッフォードシャー・ブル・テリア• スタンダード・シュナウザー• スパニッシュ・マスティフ• スムース・コリー• セント・バーナード• パーソン・ラッセル・テリア• バーニーズ・マウンテン・ドッグ• バセット・ハウンド• バセンジー• ハバニーズ• パピヨン• ハリア• ハンタウェイ• ビアデッド・コリー• ビーグル• ビション・フリーゼ• ピレニアン・シープドッグ• ピレニアン・マスティフ• プードル(スタンダード)• プードル(トイ)• プードル(ミディアム)• プードル(ミニチュア)• ブービエ・デ・フランダース• プーミー• プーリー• ファラオ・ハウンド• プチ・バセット・グリフォン・バンデーン• プチ・バラバンソン• フラットコーテッド・レトリーバー• ブラッドハウンド• ブリアード• ブリタニー・スパニエル• ブリュッセル・グリフォン• ブル・テリア• ブルドッグ• ブル・マスティフ• フレンチ・ブルドッグ• プロット・ハウンド• ペキニーズ• ベドリントン・テリア• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリアノ• ベルジアン・グリフォン• ボーダー・コリー• ボーダー・テリア• ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ• ボクサー• ボストン・テリア• 北海道• ポメラニアン• ポリッシュ・ローランド・シープドッグ• ボルゾイ• ボルドー・マスティフ• ボロニーズ• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ• ・保険加入率は、上記アンケート結果に基づく当該保険商品の加入率を表しています。 月額の平均支払保険料には、「一括払い」および「一時払い」の保険商品は含まれません。 ・口コミで語られている保障内容(または補償内容)や保険料等は、あくまで個人の主観的な感想ですのでご了承ください。 ・口コミの内容は、アンケートの回答から大きく乖離しない範囲で、表現を変更している場合があります。

次の

ペット保険の選び方

子犬 ペット保険 比較

たくましい柴犬 柴犬は、小柄ながらも 体つきがしっかりしており、筋肉も発達していて大変たくましい犬です。 寒さや暑さといった 環境の変化に対する順応性も高く、飼育しやすい健康な犬種として人気となっています。 人懐こくも番犬として活躍するポテンシャルも 柴犬は飼い主に大変忠実ですが、 頑固な面も持ち合わせています。 意志が強く、一度こうと決めたら譲らないところがあるので、子犬のころからきちんと躾をしておくことが必要です。 また、警戒心が強いところもありますから、 見知らぬ人に対して警戒し、吠える傾向にあります。 そのため、番犬として活躍することも期待できる犬種です。 ただ、その一方で 社会化の必要性がある犬でもあります。 もともと猟犬として活躍していたこともあり、飼い主と一緒に身体を動かすことや、おもちゃで遊ぶのが大好きですので、公園やドッグランなどで他の犬や飼い主とも交流し、社会性を育みましょう。 飼い主の深い愛情が根底にあり、安心感が確立されていれば、賢い犬ですから社会性を身につけることは容易です。 遺伝性疾患 柴犬には、遺伝的に発症しやすい病気があります。 飼育時に気をつけたいポイント 柴犬を飼育する際に、注意しておきたいポイントをご紹介しましょう。 飼育時に気をつける事 柴犬は、上毛と下毛から構成される二重構造のダブルコートですから、 抜け毛が大変多い犬種です。 特に激しく毛が抜けるのは、冬毛から夏毛に生え替わる季節です。 驚くほど毛が抜けるので、ブラッシングなどのケアはこまめにしてあげましょう。 柴犬は肌が弱い傾向にありますので、 ブラッシングを怠ると皮膚病にかかってしまうリスクも高まります。 生活面の注意点 柴犬は 食の好みが強い傾向があり、フードを選り好みする、おやつばかり食べるなど、飼い主が食生活に関する悩みを抱えるケースも多くあります。 おやつや好きなフードをあげると、やはり犬も喜びます。 その姿にほだされてしまうことなく、犬の体のことを真剣に考えて、犬の好みやおねだりに左右されずに 適切なフードを、適正量与えるようにしましょう。 かかりやすい病気・ケガ・治療費用 柴犬がかかりやすい病気やケガと、その治療費用についてみていきましょう。 病名 症状 治療と費用 骨折 高いところからジャンプをした、転倒したなど、ちょっとした拍子に骨折をすることがあります。 骨折をした場合、手術が必要です。 必要となる治療費用の目安 ・手術(入院、処置費用含む) 約30万円 内耳炎 内耳炎になると、斜頸や一方校にぐるぐると歩きまわる旋回、黒目が左右に揺れる眼振などの神経症状が現れます。 原因としては、腫瘍や外傷、細菌性、感染性が考えられます。 内耳近くの神経まで炎症が及んだ場合、顔面神経麻痺の症状がでることもあります。 内耳炎になった場合、複数回通院し、処置する必要があります。 必要となる治療費用の目安 ・診察、注射、耳洗浄、内服薬、点耳薬 8000円~30000円 年齢別の注意点 柴犬は平均寿命が10年とされており、上手に飼育することで15年ほど生きるケースも珍しくありません。 年齢別に、どのような病気に注意すべきか、罹りやすい病気とともに見ていきましょう。 幼犬期(0ヶ月~6ヶ月) 柴犬は 皮膚病を発症しやすい犬種ですが、特に幼犬期に発症する皮膚病は原因を早いうちに突き止め、治療しましょう。 口や耳の周り、耳や四肢の付け根や足の先などに皮膚病変が起こりますから、 アレルギー検査をし、症状に応じてスキンケアや痒み止めなどの処方を受けましょう。 子犬期(6ヶ月~2歳) 柴犬は皮膚の病気にかかりやすく、アレルギー性皮膚炎を患っている場合は 外耳炎を引き起こしやすいので、注意が必要です。 耳から悪臭がする、耳垂れがある、耳を痒がるなどの様子が見られたら、外耳炎を疑いましょう。 成犬期(2歳~8歳) 柴犬は、胸の中に「乳び」と呼ばれるリンパ液が溜まり、肺を膨らませることができなくなる 乳び胸を発症しやすい傾向にあります。 心臓病や腫瘍、外傷なども原因となりますが、多くは 原因不明の突発性です。 胸にたまった液体を抜く処置や、投薬による治療が必要となりますが、完治のためには 手術が必要となります。 高齢犬期(8歳以上) 高齢になると、めまいや斜頸、眼振が起こる 突発性前庭疾患を発症することがあります。 嘔吐や食欲不振を伴うこともあり、大変心配な症状が出ますが、多くの場合一過性でその後回復するケースがほとんどです。 慌てずに、動物病院を受診しましょう。 保険の選び方 愛するペットがいざケガや病気に見舞われた時、できる限りの治療をしたいものではないでしょうか。 ただ、ペットは人間とは違い、健康保険制度がありませんので、 すべて自費診療です。 そうなると、治療費はかなり大きな負担として飼い主を悩ませることになります。 ペットが病気やケガで弱っている上に、経済的な心配までしなくてはならないという事態は、できるだけ避けたいというのが本音ではないでしょうか。 そんな時、ペット保険に加入していれば、治療費などのサポートを受けることが可能です。 それならば、とペット保険加入を決意しても、どの程度の補償が自分たちに必要かを見極めるのは、大変難しいものです。 ペット保険はさまざまな会社が展開していますし、どの保険の補償内容を見比べても、どの補償も必要な気がしてきて、悩むという方も多くいらっしゃいます。 ですが、手厚い補償を求めるなら、もちろん掛け金も跳ね上がります。 保険が、飼い主の生活に大きな負担となるようなことがあっては、困りますよね。 自分たちが 本当に必要とする補償は何かを吟味し、適したペット保険を選ぶようにしましょう。 ペット保険の選び方 突然の病気やケガをした時の医療費が意外と高いと感じられたかたも多いのではないでしょうか。 ペット保険加入の際にぜひチェックすべき特徴をご紹介しますので、参考の上比較・検討してみてください。 また、自分の飼っているペットがどのような身体的特徴を持ち、 どのような病気やケガに備えるべきかを理解しておくことも、大切です。 加入条件である設定年齢内に当てはまるか ペット保険の選び方の第一ポイントが、加入条件の年齢制限の確認です。 加入条件には 「〇〇才まで加入可能」などの条件が設定されています。 自分のペットが、その年齢に該当するかをチェックし、加入可能かを確認することからペット保険選びをスタートさせましょう。 せっかく気に入ったペット保険を見つけても、加入条件を満たしておらず加入できなくては、仕方ありません。 そのような事態を避けるためにも、ペット保険に加入するなら若いうちから入ることをおすすめします。 若いうちに加入することで、終身補償を受けることができ、保険費用を安く抑えられるメリットがあります。 入院補償 入院補償には、 日額上限や、何日以上の入院で補償されるなどの条件が設定されています。 ペット保険の選び方に迷ったら、自分たちがどの程度の補償を求めるかをよく考えましょう。 手術補償 大きなケガや病気をして、手術を受けることになった時に心強いのが手術補償です。 ペット保険の選び方として、 大きなケガや病気に備えるか、日ごろの小さなケガや病気による通院に備えるか、といのも一つのポイントです。 手術費用は 「全額自己負担」となりますから、思わぬケガや病気にも、医療費を心配せずに治療に専念することができるという点では、 ニーズの高い補償となっていますが、自分たちに必要な補償かどうかはよく検討しましょう。 通院補償 ペット保険の中には、通院までカバーしてくれるものがあります。 入院や手術をするような大きなケガや病気ではないけれど、通院を複数回するケースもあるということを念頭において、必要な補償か否かを検討しましょう。 健康相談窓口 ペット保険によっては、 電話やメールによる健康相談を受け付けているところもあります。 病院に行くべきか迷った時に、相談できる場所があるというのは、大変ありがたいものです。 病院に連れていくとなると、ハードルが高いものになりますが、電話やメールでの相談は比較的気軽にすることができます。 こういったサービスは、大変特徴的なものされていましたが、その高いニーズを受け現在多くのペット保険で展開しているサービスとなっています。 保険を比較・検討する際には、こちらも選び方のポイントの一つとするのもいいでしょう。 保険料、補償内容の比較表 「ペットの種類・年齢」を選んで、保険会社「13社」保険料、補償を一括比較できます。 そのまま見積、申し込み、インターネット契約が可能。 当サイト限定の「キャンペーン」実施中です。 取扱代理店 株式会社エレメント 渋谷営業所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-12 三貴ビル6F 本社:〒212-0052 神奈川県川崎市幸区古市場1-15 [][][][] 【SBIプリズム少額短期保険株式会社】登録PRC-BC0018-04 【アイペット損害保険株式会社】募1906-027 20. 08 【株式会社FPC】FPC-EL-HO 【ペットメディカルサポート株式会社】20110701-2-001-2 【ペット&ファミリー損害保険株式会社】PF-D-017 190401 【ペッツベスト少額短期保険株式会社】募集文書番号:R019-06 19. 07 【アニコム損害保険株式会社】WD170045 17年7月 代理店は保険契約の締結の媒介を行います 【アクサ損害保険株式会社】PET0231-122-0222 【楽天】No 0352 ST0185-130115 【日本ペット少額短期保険】承認番号:018-044 190326 【イーペット少額短期保険株式会社】EPHPAG019-005 【au損保】承認番号:B16C310686(1703) 【SBIいきいき少額短期保険】B2-18-E0008.

次の