進研模試 高2 7月 範囲。 第2回 全統記述模試(記述・論述式)

進研模試対策

進研模試 高2 7月 範囲

時間割は試験会場により異なる場合がありますので必ず確認してください。 試験当日は、最初に受験する教科・科目の試験開始時間10分前までに(受験する科目によっては、受験届記入時間には着席できるよう)教室にお越しください。 理科の「基礎を付した科目」のみを受験される場合は、14:30~15:00(または15:30)が受験時間となります。 「基礎を付した科目」と「基礎を付していない科目」の組み合わせで受験される場合は、14:30~15:30が「基礎を付していない科目」の受験時間となります。 「基礎を付した科目」と「基礎を付していない科目」の組み合わせで受験される場合は、それぞれ1科目ずつに限ります。 理科および地歴・公民については、それぞれ2科目まで受験できます。 「受験届記入・提出」の時間に志望する大学・学部・学科について、最大9志望まで(国公立大学については最大5校まで)受験届に記入が可能です。 受験届は時間内に記入し、必ず全員会場で提出をしてください。 受験を希望される科目が全て含まれる型でお申し込みください。 不要な科目を受験する必要はありません。 最初に受験する科目の試験開始10分前までに教室にお越しください。

次の

6月進研共通テスト模試の感想&自己採点

進研模試 高2 7月 範囲

進研共通テスト模試を受けてきました。 進研模試といえばベネッセですが、そういえばベネッセが60億円だかで落札した共通テストの記述式答案の採点業務はどうなったのでしょう。 払い戻しがあったとのニュースも見ませんし、記述式はあくまで『延期』ということですので、いずれ来たるその時まで見送られただけなのでしょうか。 ベネッセは高校講座で共通テスト対策の講座も開いています。 共通テスト対策の問題集が少ない中で、貴重な予想問題を手に入れることができます。 速読を意識しつつ、丁寧に読んでいって2ミスでした。 いつか満点をとってみたいです。 発アクや文法問題など不確定要素が多いセンター試験と違って望みはあります。 特に簡単であったという印象はなく、試行調査レベルに合わせた標準問題でした。 全統模試とも変わらない難易度だったと思います。 英語L まだ共通テストのリスニングについていけません。 それっぽい答えを選んだらたまたま9割にのりました。 全統よりはちょっと簡単? な気もしました。 全統はラジカセで聞いており、進研模試はイヤホンなのでその差かもしれません。 全統よりも共通テストらしさはありましたが、問うている内容自体が簡単だったのでなんとか乗り切れました。 10分余って解き終わりました。 THE進研模試というような難易度でした。 満点は取れませんでしたが… 相変わらずの苦手科目なので要注意です。 レベルでした。 全統よりは難しかったです。 軌跡や積分方程式、群数列などバラエティ豊かな問題でした。 センター試験時代に時間が足りなかったときのことを彷彿とさせられました。 演習訓練が必要となりそうです。 物理 10分余って解き終わりました。 問題集などでよく見る題材が多かったので解きやすかったです。 全統よりは簡単でした。 化学 20分余って解き終わりました。 出題範囲が理論だけなのに、無機っぽい問題が数問ありイライラしました。 全統と同様にグラフを書かせる問題がありましたが、試行調査に出題されていたのですかね。 内容・量ともに物足りない感じがしました。 全統より簡単でした。 国語 時間が足りず小説が解けませんでした。 やはり分量が多く、ちゃんと解き慣れていないと時間的には厳しくなりました。 全統と同じくらいの標準的な難易度でした。 日本史 相変わらず日本史の共通テストの傾向はキツいです。 時間ギリギリで解き終わりました。 センター試験は20分余るのがデフォだったんですが… 今まで日本史は参考書だけでやっていましたが、教科書もやっておいた方がいい気がしてきました。 公民への科目変更を考える前に教科書を買ってみようと思います。 もう進研模試を受ける機会は記述模試しかありませんが… 問題が簡単なものが多かったですが、共通テスト形式での高得点ペースを掴めたのは良かったかもしれません。 次の模試は今週末に実施される第一回全統記述模試です。

次の

【2020年】模擬試験日程一覧【駿台・河合・進研模試・代ゼミ・東進】

進研模試 高2 7月 範囲

早稲田の数学科に在籍していますが私が受けていたシンケン模試の問題は大学入試では中堅くらいの問題だと考えていいと思います。 ちなみに模試の中で一番簡単なのがシンケンです。 なので今の模試で点数をとっても意味がありません。 模試は弱点発見の機会と思って受けるのが一番大事です。 大学の判定が悪くても受かればなんでもいいんで… 私も判定は万年Eでしたから。 一つ数学の偏差値60~65まで持っていきたいなら青チャートの例題が全部出来るようになれば間違いなく模試で60以上の偏差値をたたき出すことが出来ます。 一月のシンケン模試は点数を取ることは困難だと思いますが今後の模試では確実に実力アップしているでしょう。 頑張ってください。 私は河合の全国統一模試や代ゼミの模試を受けるのを勧めます。 ハイレベルのものなら駿台の模試がベストでしょう。 A ベストアンサー No.1の方がおっしゃっているように、進研模試は河合塾、駿台に比べて簡単です。 灘や開成などのトップ私学は参加せず、平均的な公立高校の参加が多いです。 ですから、ちょっとがんばれば点数が上がりやすい特徴があります。 どのもしもそうですが、出題に特徴はありません。 全ての範囲から平均的にオーソドックスな出題がされます。 点数をとるポイントの1つは、0点の大問をつくらないことです。 模試というのはあらゆる学力レベルの人が受けています。 それを得点順に切り分けるのが模試の役目です。 ですから、非常に簡単な基本問題からかなり難しい問題までが出題されます。 1つの大問が4~10個くらいの小問で構成されることが多いですが、 たいていは難関度が順に高くなっています。 ですから、小問の1~3くらい までの問題は絶対に落とさないことです。 一番重要な事は学校の授業です。 進研模試で半分でよいのならば、どのような学校でもそのレベルの授業はしています。 学校の授業を聞いて、与えられた問題集を3まわり解くだけで学力は上がります。 この方法で河合塾の全統模試の偏差値60くらいまでは通用します。 No.1の方がおっしゃっているように、進研模試は河合塾、駿台に比べて簡単です。 灘や開成などのトップ私学は参加せず、平均的な公立高校の参加が多いです。 ですから、ちょっとがんばれば点数が上がりやすい特徴があります。 どのもしもそうですが、出題に特徴はありません。 全ての範囲から平均的にオーソドックスな出題がされます。 点数をとるポイントの1つは、0点の大問をつくらないことです。 模試というのはあらゆる学力レベルの人が受けています。 それを得点順に切り分けるのが模試の役目です。 A ベストアンサー 2年だと、7月が一番はじめの進研模試ですね。 英語と国語に関しては範囲も何もあったものじゃありませんが 数学に関しては、数学AとBという2つの受験型がありまして Aは 必答問題:数1の範囲から3題、選択問題:数1から1題、数Aから2題、数2から1題 Bは 必答問題:数1、Aの範囲から3題、選択問題:数2から3題、数Bから2題 選択問題は、それぞれ2問を選んで回答します。 (ですから、必答問題とあわせると5題回答するわけですね) 一応、範囲は手元の過去問集を見る限りこんな感じです。 しかし、模試は「対策を練って点を取る」ものではないので(むしろ、実力が素直にあらわれないので、危険です)過去問をガリガリやる、なんてことはやめてくださいね。 Q 私の学校では、習熟度別にクラス分けがされ、模試の結果によって、最上位のクラス、中間のクラス、一番下のクラスと振り分けられます。 私はテストはできても、模試はあまり得意ではありませんでした。 英語は得意で、いつも英語は90点以上を取っていたのですが、どうも模試となると、うまくアウトプットが出来なくて失敗してしまいます。 そのせいで、今年は最下位のクラスに振り分けられてしまいました。 とても悔しいです。 来年は最上位のクラスに行きたいです。 ちなみに自分の偏差値は、英語57、国語47です(河合)。 最終的には、どっちも偏差値65以上にはしたいです。 そこで、8月25日の河合模試に向けて、この夏休みに模試の対策をしようと思うのですが、模試で高得点をとれるような策はありますか? 英語は、やっておきたい英語長文、ネクステ、システム英単語、国語は入試現代文へのアクセス(河合)、現代文のトレーニング必修(Z会)、古文上達基礎編(Z会)、漢文道場(Z会)をやっています。 A ベストアンサー 来年は最上位クラスということで、高2ということでいいですか? 今取り組んでいる課題が、学校指定のものかどうかわかりませんが、あなたの偏差値からすると適切でないものが多いですね。 英語はたぶん長文を読む段階に全く達していないのでしょう。 模試や本番では初見の文章ですし、スピードも要求されますから、学校の試験とは違います。 入試で関係代名詞や先行詞など探しているヒマがないのはもちろんですが、それはそんなことを意識しなくなってからいえる話です。 ネクステ、システム英単語はよいとして(これに時間使いすぎないように)、 駿台文庫、飯田康夫の 英文法基本300選、英作文基本300選をそれぞれ一週間単位で徹底的にやることで(そういう使い方の本)、長文を読む基礎ができるはずです。 入試テクニックではなく英語の基礎です。 基本的な英文のストックがないと英語は読みも書きもできません。 またそういう点からいうと単語集はユメタンシリーズのほうがいいかもしれません。 進学校の受験生なら伊東和夫英文解釈教室の基礎編、入門編ぐらいは2年生のうちにやってもいいのですが、本編はoverworkかも。 やっておきたい英語長文は300ができないうちに、先を焦らないように。 国語では 入試現代文へのアクセスは最終段階で使う本です、あなたが東大、京大志望でも3年生になってからやれば充分です。 現代文のトレーニング必修編も偏差値47では無理でしょう。 たぶん素養がないからです。 現代文の教科書に書いてある文章の意味がちゃんととれていますか?模試の文章もちんぷんかんぷんでしょう。 まずは 田村のやさしく語る現代文、あたりがいいでしょうか。 ことばはちからダ! 古文、漢文もいまやっているあなたには難しすぎるでしょう。 いずれも3年生のいまごろマスターしておけば、現役生なら難関校の2次試験に間に合うレベルです。 古典の文法や句法さえ身に付けておけば文章自体はたいしたことがないことが多いので、まずは マドンナ古文のシリーズや 漢文句形ドリルと演習(河合)をしっかりやることをお勧めします。 他おすすめの本として、 河出文庫 橋本治 絵本 徒然草:癖のある本だが、徒然草が現代に通じることがわかる(かも)。 入試問題は徒然草とか枕草子とかはもう出題されなくて、つまらない文章が多いので、あきるでしょう? あさきゆめみし:大和和紀の描く源氏物語の漫画化。 桐壷だけ原文でよむよりこれを全巻読む方がよいくらい。 筑摩書房 ちくま評論入門 高校生のための現代思想ベーシック :たぶんあなたには難解だと思うけどゆっくり読むといい。 他、同じシリーズで小説入門とか、文章読本とかある。 英語も国語も3週間で急に学力が伸びることはありません。 長期休暇はじっくり実力をつけるチャンスです。 目先にとらわれないようにしましょう。 来年は最上位クラスということで、高2ということでいいですか? 今取り組んでいる課題が、学校指定のものかどうかわかりませんが、あなたの偏差値からすると適切でないものが多いですね。 英語はたぶん長文を読む段階に全く達していないのでしょう。 模試や本番では初見の文章ですし、スピードも要求されますから、学校の試験とは違います。 入試で関係代名詞や先行詞など探しているヒマがないのはもちろんですが、それはそんなことを意識しなくなってからいえる話です。 ネクステ、システム英単語はよいとして... Q 模試などの国語の点数を得るには 現在高校1年生のものです。 前前から気になっていた質問をぶつけます。 中学、高校などの模試や学力テストの国語がありますよね? ああいったテストで、平均あるいはそれ前後以上の点数が取れません。 中学校のとき、国語は入試二週間前からは、ほぼ毎日国語の対策ばっかりやってました。 また、今日、「河合塾」の模試の採点結果が帰ってきました。 結果によると、数学や英語などはまずまずなのですが、国語が酷いです。 河合塾以外の模試では、どうも国語は50前後、数学や英語よりは遥かに劣っています。 将来行きたい大学へ行くためにも、どうしても国語の回答力を上げたいです。 今回の河合塾を参考にしますと、どうやら現代文や小説読解、古文が苦手のようです。 これは中学校のときからずっとなのですが、どなたか対策方法はご存知ありませんか? 高校の先生にも伺いましたが、「たくさんの問題に当たれ」的な回答しかもらえませんでした。 それはすでにやっています・・・ A ベストアンサー はじめまして。 「たくさん問題に当たれ」は、まあ間違っていないんでしょうが 実際には「たくさん解いて、解きなおし」が大切だと思います。 そのへんは、どうでしょうか。 正解を見て、この答えに「初見で」たどりつくには、どこを大事に読めば良かったのか。 本文がこうで、問題文がこうだから、答えはAでよかったんだなー、と 一問一問納得いくまで振り返っていますか? また、自分の間違い方(深読みしすぎ、早とちり、思い込み、前後を誤読、迷って不正解など) について、どういう傾向があるのかも考えてみてください。 どうして間違うのかを把握して、それに対応する策を見つけましょう。 小説なら登場人物と心情・行動をマークし分けて読むとか、 論文・説明文なら意見と裏付けと展開と結論を囲むとか、 回答していく際のメソッドはいくらかご存じでしょうが、そのときに特に何に注意するか あらかじめ知っておけるといいでしょうから。 古文は、文法をきちんとおさえて読んでいけば 英語と同じで基本的には答えにたどりつけるようにできている、筈です。 物語の背景や、話の主題になっている習慣を知っていると、 たとえ読みきれなくても回答できる部分もありますので、 有名な古典のあらすじなどは解説本等で把握しておけるとさらに良いでしょう。 これらもすでにやっておいででしたら、誠に申し訳ありません。 はじめまして。 「たくさん問題に当たれ」は、まあ間違っていないんでしょうが 実際には「たくさん解いて、解きなおし」が大切だと思います。 そのへんは、どうでしょうか。 正解を見て、この答えに「初見で」たどりつくには、どこを大事に読めば良かったのか。 本文がこうで、問題文がこうだから、答えはAでよかったんだなー、と 一問一問納得いくまで振り返っていますか? また、自分の間違い方(深読...

次の