キバナ セリフ。 ガラル地方ドラゴンジム・ジムリーダー、キバナ役に声優・鈴木達央が決定!!

ポケットモンスター シールド バトル中のジムリーダーのセリフ

キバナ セリフ

リーグカード説明 (1枚) わずか 10歳の とき チャ初挑戦にして の 快挙を なしとげた。 以来 の と 戦 ふくめて 敗記録を 中。 の と呼ばれ の あこがれの 存在と なっている。 ただし を 覚えるのは 苦手。 さあ きみも レッツ ! 「 の ころからの 夢 ルの を にする夢を えるため を なる に特化した 施設に 作りかえた。 むしろ の ときより イキイキ しているのでは との に なっている。 あと では 迷わないのも お気に入りだと 話していた。 最近の悩みは に 変わる決めを どうするい。 」 概要 それでは みなさん! これからも レッツ !• のであるの、そしてに君臨する。 10歳で をし、となって以来、敗記録をし続けている。 その強さからはもちろんル中のからも憧れの存在となっている。 一方で重度のという一面もある。 名前は ダンデ。 間違えやすいが ではない。 と関連付けて覚えよう。 の孫であるソは。 またのはダンデのと言われている。 決めは「 レッツ!」。 という決めもあり、もを取れる。 その場でを回してきみもレッツ!ちなみにはこれでする。 とが選ぶ最初の()はダンデが連れてきた3匹から選ぶ。 その時、2人に選ばれなかった残りの1匹(が選んだの弱点を突くの)はダンデが連れていくことになる。 でデカいの様がダサいと発売前は言われていた。 最序盤でもにつけまくりなのが悪立ちしキメもなんかダサく見えてしまう。 だが、後のには全てがとてもかっこよく見える。 頼れるとして、的として、えるべき大きなとして、それほど熱く魅あるであった。 ちなみに後ににあるダンデとのに行くと、ダンデので可なにするを入手できる。 前作主人公のような男 男によくみられるを被った姿や初代であるを使用するなど、の を強く意識した意が多い。 経歴としても10歳の時にとなって以来敗記録をしているという、をしてしたがその後辿るであろうを辿っている。 また、その際に一緒に冒険していた(恐らくのだったと思われる)のソの存在など、にきっと冒険があったことを感じさせる設定を多数持っている。 にには他のには必ずいたは存在しないのは、彼が既にやっつけてしまった後だからだと間でしやかにられているとか・・・ また、弱点として重度のというものがあり、町の中で見えている巨大な建造物にすらまともにたどり着けないというものがある。 これも中をしらみつぶしに歩いたり大事な時なのに寄りしてどこかへ行ってしまうなど「の的な動き」そのものだと考えられる。 最後の最後に実際に戦うことになるが、その時はとのが終わって一した直後であり、時の曲もの曲のという戦自体がの入りのような雰囲気でのとなる。 が、そのとは裏に非常に強く、には程遠い壮絶なとなる。 チャンピオンの業務 は自体が業化されているため、試合をすればスタジアムいっぱいに観客が詰めかけ、も多数つくなど選手のような扱いとなっている。 各地で様々な事件や問題が発生した際にもその場に駆けつけ、として対処にあたる。 がチャに挑む途中にも事件に巻き込まれそうになることがあるが、問題解決はの役割として「君は君の冒険を続けてくれ」と、一手に引き受けるなど度量の高さも兼ね備える。 一本作で最後に起こる事件については止めることができず、とのを借りることになった。 この時自身も重症を負うが三日後にはピンピンしているの並みの回復を見せている。 ダンデにするとダンデはではなくなるが、後もを新設するなど新たな を生み出すための活動を続けている。 を勝ちと対戦相手として登場することも。 使用ポケモン チャンピオン戦• としては非常に強い部類に入り、直前ので登場したたかにが高い。 さらに、やは素のが尋常ではなく、一部のは弱点を突いてくる相手への対策までもがされており、今まで圧勝してたが一撃で持っていかれる、慣れたが土俵際まで追い詰められるということがに起こり得る。 関連動画 関連静画 関連項目• の - - - - - - - - ダンデ.

次の

キバナ

キバナ セリフ

さびれつつある 町のため ジムチャレンジに 参加したが 都会の ブティックなどに 興味が 向いているとのこと。 地元 スパイクタウンでは アイドルとして 人気だが 本人に その気は ない。 ただ エール団という 応援団が いてくれて 心強いらしい。 ネズのリーグカード(テキスト) スパイクタウンには ダイマックスを するための パワースポットが なかったため ファンも あまり 訪れず 町が 寂れていくことに 責任を 感じている。 試合に なると たかぶって いろいろ ネタばれを するが それでも 勝つ 強さを 持つ。 シンガーソングライターとしての 評価も 高く 本人も 音楽を 極めたいこともあり 妹が ジムリーダーになれば いいのにと 考えている。 マリィのレアカード(テキスト) 兄の ネズに 任命され スパイクタウンの ジムリーダーに なった。 一番の 相棒で ある モルペコは 5歳の ときに 兄に 捕まえてもらった。 ただし いまだに モルペコの 気まぐれに ふりまわされている。 スパイクタウンの 言葉遣いは パンチが あるため マリィの まねする ファンも 増えている。 怒っても 表情は 変えないが 一度 怒りだすと なかなか 鎮まらない タイプ。 ネズのレアカード(テキスト) ジムリーダーに なったばかりの ネズ選手の コメントです。 「えっと…… ネズです。 スパイクタウンは 残念ながら ダイマックス できないのですが ある意味 ポケモン勝負 本来の 姿 でもあるんで そこを アッピールしたいです。 あと 妹が いて…… おれより 素質 あるんですけど 彼女が 大きくなって ジムリーダーに なるまでは 歌ったり しながら みんなで 町を 盛りあげて いきます!」.

次の

【ポケモン剣盾】キバナのプロフィールまとめ!倒し方と強さ&性格を徹底解説【ポケットモンスター(ポケモン)】

キバナ セリフ

キバナさんマスターズ8の1人だから何時かサトシと戦うのよね キバナ 由来:キバナコスモス 異名:【トップジムリーダー】【ドラゴンストーム】 使用タイプ:竜 背番号:241 強い ガラル地方ナックルシティのジムリーダー。 現ガラルポケモンリーグ最強と謳われるドラゴンタイプの使い手。 リーグカードによるとダンデの自他共に認めるライバルでオープニングムービーでも彼とエキシビジョンマッチを始めようとするシーンが映る。 現在10連敗中だがダンデのポケモンを最も多く倒したポケモントレーナー。 「他の地方に行けばチャンピオンになれる」と噂される実力者だが「ダンデに勝つ事の方が余程大事」らしく移籍は考えていない。 ジムリーダーとしての役目以外にもナックルシティにある宝物庫の管理も担っている。 ドラゴンタイプ使いにして宝物庫の管理人も兼ねている為街に居る住民からは「宝を守るドラゴン」に重ねられている。 スポンサー企業は銀行とプロテインメーカー。 面倒見が良い兄貴肌で気さくに接する。 同時にガラル地方最強のジムリーダーらしく人によっては不遜にすら見えるかなりの自信家。 公式サイトで「普段は笑みを絶やさない温厚な青年」と紹介されているがバトルになると獰猛なオラオラ系に様変わりする。 普段は垂れ目だがバトルが始まれば吊り上がってかなり威圧感のある面構えになり、試合開始の瞬間に威嚇する様なポーズ、咆哮するかの様に天を仰ぎながら指示、ポケモンの行動に合わせて両腕を振り乱す等自分もポケモンと一緒に楽しそうに戦っているかの様な挙動を見せる。 主人公とホップを熱い言葉で送り出す粋な男でもある。 趣味はファッション及び自撮り。 因みに自撮りを始めたのは「負けた時の悔しさを忘れない様にするため」 次第にトレーニングの様子やファッションの事等も上げる様になった模様。 因みにファンからは厳しい目で見られている。 自撮りや一人称等からナルシストっぽい印象があるが最強のジムリーダーという自負あるがゆえの言動。 しかし最強と目されるからといって驕りたかぶっている訳ではなく、スパイクタウンジムリーダーのネズがダイマックスを使わずして自分を苦戦させた時には実力を称賛し、自分も今度はダイマックス無しでネズに挑むと宣言するなど自らに制約を課す熱い一面もある。 目標はストイックに「ダンデに勝つこと」で「ダンデを倒した瞬間の自撮りが待ち遠しい」と語る。 連敗中のため自撮りをアップした時ファンからたまに厳しいコメントも寄せられるそうだがキバナは全くへこたれる様子を見せない。 見た目こそ今どきのチャラチャラしているイケメンだが実際は趣味を満喫しながらも、打倒ライバルを目標に日々鍛錬も欠かさずシビアにバトルに臨む負けん気の強いストイックな人物と言える。 「チャンピオンに挑むチャレンジャーがあらゆる状況に対応できるか見定める」という方針から天候パを使う ドラゴンタイプ使いにしてこの手のポジションでは初。 ガチガチの天候パではなくドラゴンPTと天候PTのミックス。 此のPT構築はあらゆる環境での勝利を求めた結果で、そこから天候を駆使して戦うスタイルを身に付けた模様。 「ドラゴンストーム」は、ドラゴンと砂嵐のダブルミーニング。 試合形式はダブルバトル 因みにダブルバトルで戦うジムリーダーの登場はフウとランから実に17年ぶり。 前情報が一切無かったが「性癖のバーゲンセール」とも称されるほど様々な属性 の大盤振る舞いぶりから瞬く間に非常に高い人気を獲得。 「キバナの女」や「顔面600族」なるパワーワードまで次々と爆誕し、女性人気がネットニュースに取り上げられるほど。 砂嵐発動時のセリフの「吹けよ風、呼べよすなあらし」の元ネタはロックバンド【ピンク・フロイド】の曲『One of These Days』の邦題『吹けよ風、呼べよ嵐』から。 試合中にキバナが敷いた天候をこちらが変えた際には特殊なリアクションを見せる.

次の