シックス ストーンズ デビュー 曲。 YOSHIKIがジャニーズSixTONESのデビュー曲に楽曲提供!|トレンドの記憶

SixTONESとSnow Manのデビュー曲はどんな曲? 「Imitation Rain」と「D.D.」から浮かび上がる2組の魅力

シックス ストーンズ デビュー 曲

このほど、記念すべきデビュー曲の楽曲提供をのが担当することが発表された。 すでにレコーディング、ミュージックビデオを撮影済みで現在は、YOSHIKIによって最終調整中。 気になる仕上がりについて、は「YOSHIKIさんのワールドがね」とニヤリ。 故・社長が存命時、プロデュースを手掛ける氏からYOSHIKIへデビュー決定前のSixTONESにジャニーズJr. としてのオリジナル楽曲のオファーがされYOSHIKI側がこれを快諾。 田中は「そこから製作する予定が、デビューが決まったので改めてデビュー曲を作ってくれないか、と滝沢さんからもう一度オファーをしていただいたところ、YOSHIKIさんが了解をいただいて製作していただいた」と説明した。 今年の春、デビュー決定前に一度、YOSHIKIとメンバーは対面済みでは「お会いした時もサプライズでスケジュールも空白だった。 スタジオで僕たちが待ってたらYOSHIKIさんがいらっしゃって…。 楽曲を作っていただくことになりましたって。 ジャニーズJr. の僕たちにYOSHIKIさんが楽曲を作っていただけるって、それくらいの衝撃がありました」と目を丸くした。 ダンスについて聞かれるとは「それは見てのお楽しみ。 見ていただければ言葉はいらない」と不敵な笑みをみせ、田中は「激しく美しい。 すべての要素が詰まっている」と並々ならぬ手応え。 楽曲の解禁はジェシーは「もしかしたら音楽番組で披露するとか、タイミングがもしかしたらこれから…」と含みをもたせ、年明けからのアリーナツアーも決定していることもあり、田中は「そこ(ツアー)からかなのかどこからか。 なるべく早く披露したい」と胸を高鳴らせた。 そして満を持して昨年デビューした以来1年9ヶ月ぶりとなる公式ファンクラブ開設も決定。 今ツアーは12月23日に沖縄にてラストを迎えるが年をまたいで来年1月4日より神奈川・横浜アリーナを皮切りに全国5都市22万1000人を動員するアリーナツアーをスタート。 現在そちらも同時進行で準備中だそうでジェシーは「SixTONESなんで」と隣と肩を組むポーズで得意げ。 まさに破竹の勢いでデビューまで突き進むこととなるが高地は「もっとぎゅうぎゅうでスケジュールを!」と貪欲に熱望。 は「ジャニーズを引っ張っていけるくらい大きな存在になっていきたいと想いますので応援のほどよろしくお願い致します」と決意を新たにしていた。 あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。 先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ『SixTONES』という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

ストーンズのデビュー曲 Imitation Rainの歌詞や発売日はいつ?|LifeNews Media

シックス ストーンズ デビュー 曲

発売日: 2020年01月22日 初回盤(CD+DVD): 1,600円(税抜) with Snow Man盤(CD+DVD): 1,600円(税抜) 通常盤(CD): 1,000円(税抜) 10月23日に、ジャニーズのYouTubeチャンネルでSixTONESとSnow Manのデビュー日が発表されました。 2組のデビュー日は同日で、2020年1月22日です。 どちらも デビューシングルは両A面シングルで、1曲目は各自の楽曲、2曲目は相手グループの楽曲が収録されますよ。 SixTONESのデビューシングルの発売形態は、 初回盤・with Snow Man盤・通常盤の全3形態。 初回盤とwith Snow Man盤には、それぞれ収録内容の異なるDVDが付属します。 また、 通常盤には初回盤・with Snow Man盤には収録されないカップリング曲2曲とトークトラックが追加収録されます。 対象ショップでは先着で「クリアファイル」(全5種)がプレゼントされていますので、早めにチェックしてみて下さいね。 タイトルは「Imitation Rain」です。 DVD ・Imitation Rain -Music Video- ・Imitation Rain -Music Video Making- ・Amazing!!!!!! DVD ・SixTONESとSnow Man のごちゃまぜチームで課題をこなせ!イミテーション・ボーリング! ・『Snow Manが語るSixTONES』の映像を、SixTONESが観たら… 通常盤• 「Telephone」、「NEW WORLD」、「Imitation Rain」カラオケ、トークトラック(SonyMusic Ver. )追加収録 収録曲 初回盤• Telephone• NEW WORLD• Imitation Rain -Instrumental-• トークトラック(SonyMusic ver. ) YOSHIKIさんのコメント全文 「滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。 あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。 先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ『SixTONES』という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。 デビュー、おめでとうございます」 引用元 — まずは、 デビュー決定、おめでとうございます! デビュー曲のプロデュース、頑張ります。 来週LAで完成させるつもりです。 自信作です。 9月23日よりチケットぴあにて一般販売が行われましたが、すでにチケットは各公演完売しているようですね。 2019年10月9日(水)兵庫県 神戸国際会館 [1回目]14:00 [2回目]18:00• 2019年10月10日(木)京都府 ロームシアター京都 START 18:00• 2019年10月11日(金)愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール START 18:00• 振替公演:11月28日(木)• 2019年10月24日(木)広島県 広島文化学園HBGホール START 18:00• 2019年10月28日(月)大阪府 グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)メインホール START 18:00• 2019年10月29日(火)大阪府 グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)メインホール [1回目]START 12:30 [2回目]START 17:00• 2019年11月1日(金)岐阜県 長良川国際会議場 START 18:00• 2019年11月3日(日・祝)石川県 金沢歌劇座 START 18:00• 2019年11月4日(月・振休)富山県 オーバード・ホール START 18:00• 2019年11月18日(月)東京都 東京国際フォーラム ホールA START 18:00• 2019年11月19日(火)東京都 東京国際フォーラム ホールA START 18:00• 2019年11月22日(金)福島県 とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター) START 18:00• 2019年11月26日(火)宮城県 仙台サンプラザホール START 18:00• 2019年12月11日(水)香川県 レクザムホール(香川県県民ホール) START 18:00•

次の

2020最新SixTONES(ストーンズ)メンバー人気順&ファンの声まとめ

シックス ストーンズ デビュー 曲

2020年1月にCDデビューが決まっている、人気ジャニーズJr. グループのSixTONESとSnow Man。 全く違うテイストの2つのデビュー曲に、SixTONESとSnow Manそれぞれの魅力が改めて浮かび上がった。 SixTONESの可能性にYOSHIKIが応えた「Imitation Rain」 ジェシー、京本大我、松村北斗、髙地優吾、森本慎太郎、田中樹の6人からなるSixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」をプロデュースしたのは、X JAPANのYOSHIKIだ。 タレント活動を引退し、主にジャニーズJr. のプロデュースを行なうジャニーズ事務所の子会社・社長に就任した滝沢秀明の直談判によって、YOSHIKIのジャニーズ初楽曲提供が実現した。 「SixTONESが海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信した」とコメントを寄せたYOSHIKI。 どのような楽曲に仕上がったのかと、固唾をのんで見守っていると、聴こえてきたのは繊細で美しいピアノの旋律が鳴り響く、ミディアムロックバラード。 歌詞も、〈紅に染まる〉〈薔薇〉〈雨〉……など、X JAPANの名曲「紅」や「ENDLESS RAIN」を思い起こさせるワードが並ぶ。 生放送で披露されるやいなや、「カッコよすぎる」という大絶賛の声と、「これがデビュー曲でいいのかな?」と首をかしげる声がネットを中心に殺到。 賛否両論が飛び交う中で、満場一致の評価は「ジャニーズっぽくない」ということだった。 SixTONESのデビューにとってこれ以上の称賛の言葉はないのではないか。 ここからは筆者の個人的感想だが、それこそが滝沢とYOSHIKIの意図するところだったように思うからだ。 SixTONESは、もともとキラキラ王子様なジャニーズっぽさのないグループだが、それ以上に個性として光るのがその感度の高さ。 時代に流れる空気を読む力が、ズバ抜けて高い。 それが顕著になったのが、ジャニーズの新たな挑戦・YouTube進出だった。 人気ジャニーズJr. グループたちが日替わりで動画をアップし、切磋琢磨する中で、安定して高い視聴回数を誇ったのがSixTONESだった。 それができたのは、ネットやYouTubeという未開の地に置かれたとき、求められていること、できることを察知して体現するスピード感が抜きん出ていた。 日本を超えるジャニーズアーティストに。 その目標が見えてきたのは滝沢プロデュースによる初MV「」が発表されたころ。 和を取り入れたMV動画は、1204万回視聴を突破(11月28日現在)。 ジャニーズファンの中で、圧倒的な認知と支持を得た。 そして今、次なる未開の地へ突き進むタイミングなのだ。

次の