データ 便 海外。 ファイル転送サービスおすすめ13選|特徴・価格・導入事例を徹底比較

アメリカ人に大容量ファイルを送りたい。海外の宅ファイル便のようなサ

データ 便 海外

このページの目次• データ便の特徴3つ 1. 容量が大きくても相手に負担をかけない 「データ便」を活用すると、大容量ファイルをスムーズに送信できます。 メールに添付して送信すると、メール受信に時間を要したり、ダウンロードに手間がかかったりなど相手に負担をかけてしまう心配があります。 このような悩みを一気に解決してくれるのが「データ便」です。 「データ便」では、ファイルをドラッグ&ドロップしたあとダウンロード用のURLを相手に知らせるだけでファイルを届けられます。 送信相手には期限内にファイルをダウンロードしてもらうだけと非常に簡単です。 期限切れのファイルは自動で削除、間違えたファイルを送信してしまった場合も削除可能です。 また、データ送信後に相手がダウンロードしてくれたか否か確認するには通知機能を利用すれば安心です。 ビジネスシーンで、大容量ファイルを送る機会が多い企業にうってつけといえるでしょう。 大容量でも問題なく送信できる 2. セキュリティ対策も万全! 「データ便」では安心してサービスを利用してもらえるよう、データ通信はすべてSSL通信方式となっておりセキュリティ対策を万全にしています。 また、 ダウンロードする際にパスワードが必要なように設定しておけば、万が一宛先を間違えてしまった場合でもパスワード入力を求めることにより誤ったダウンロードを防止することができます。 セキュリティ対策に重点をおく企業はこちらのサービスがおすすめです。 セキュリティ便のイメージ図 3. アドレス登録でやり取りがスムーズに 「データ便」のビジネスプランでは、アドレス登録が500件まで可能です。 データ送信を頻繁におこなう取引先のアドレスを登録してくれるので、データ送信作業にかけていた時間を短縮できます。 「データ便」で利用できるアドレス帳は、自動で登録してくれるものなのでアドレスを登録する手間もありません。 また、アドレスが変更した場合でも新しいアドレスに送信することで、過去の履歴から上書き登録できます。 わざわざ忙しい業務の合間を縫って、手入力で変更作業を行うことなく利用できるのはとても魅力的です。 アドレス帳の登録もかんたん データ便の料金プラン プランは全部で3種類あり、ビジネスプランのみ月額料金がかかります。 送信機能のみの場合は月額300円、送信・受取機能の場合は月額500円です。 ライトプランは登録なしで利用でき、データは500MBです。 フリープランは登録後無料で利用できるプランとなり、データは2GBまで可能です。 ビジネスプランはデータ無制限で利用できるので、目的に合わせたプラン選択を行うといいでしょう。 まとめ 大容量ファイルの取り扱いが多く、メールではスムーズに行えないと悩んでいる企業におすすめです。 簡単な操作でデータのやり取りをストレスなく行えるのは、「データ便」の大きな魅力でしょう。 「データ便」を活用することで、これまでデータファイルを分割したり、あきらめていた大容量ファイルのやり取りも無制限で気負うことなく行えます。

次の

簡単無料大容量ファイル転送サービス「GigaFile(ギガファイル)便」

データ 便 海外

「メールだと大容量のファイルを送信できないので別のファイル転送サービスを使いたいけれど、どれを使えばいいか分からない…」という方も多いのではないでしょうか。 この記事ではそんな方のために、そもそもファイル転送サービスとはどういうものなのかを解説したうえで、代表的なファイル転送サービスを13個ご紹介します。 なお、重要度を客観化するために既存のファイル転送サービスを紹介したサイト10個を調査し、出現頻度をスコアリングしました。 出現頻度の高い順に掲載しているので、この記事を読めば効率よく良質なファイル転送サービスを探すことができます。 日本語名については、ローマ字表記で判断しています。 ファイル転送サービスを選ぶ際に着目すべきポイント|転送容量・セキュリティなどのチェック 具体的なファイル転送サービスの比較に入る前に、選ぶ際に着目すべきポイントを3つ説明します。 ポイント1:どれぐらいの容量のファイルを送信できるのか? まずは送りたいファイルを送信できる容量があるかどうかを確認しましょう。 ビジネスで使用する場合は、自社全体で必要となるストレージ容量を調べましょう。 各サービスのファイル転送できる容量上限を確認してサービスを選んでいきます。 ポイント2:セキュリティ対策は万全か? セキュリティ対策としては 「権限の付与」「ダウンロードの制限」「暗号化」「ログの取得」などがあります。 企業で転送サービスを利用する際は、セキュリティを最も重要視すべきでしょう。 権限の付与 ファイルを完全に相手に渡してしまうのではなく、情報の閲覧のみを許可する機能で、書き換えを防止できる機能です。 ダウンロードの制限 ダウンロード許可を与えた場合に「パスワード保護」「ダウンロード回数制限」「ダウンロード期間」などの設定ができます。 暗号化 ファイル保存時やファイル転送時の暗号化、ログインの暗号化など、情報漏洩対策機能の一つです。 ログの取得 ファイル転送利用者の「送信ログ」「送信方法」、また受け取った側の「受信ログ(閲覧、ダウンロード)」、管理者の操作ログを残せる機能です。 ポイント3:無料でどこまで使えるか? ファイル転送サービスには無料のものも多いですが、無料のファイル転送サービスには下記に記載したように、セキュリティ面では機能が不足している場合もあります。 企業で利用する場合には、有料版の使用をおすすめします。 セキュリティレべルを自社でコントロールできない 第三者のサーバにファイルを預けることでファイルのやり取りを行います。 その際に利用するサーバは当然、ほかの利用者との共有サーバのため、自社でファイルのセキュリティレベルをコントロールすることはできず、サービス提供会社に委ねる以外にありません。 ファイル転送の利用履歴を自社で管理できない 無料ファイル転送サービスではそのすべての利用履歴を会社で管理することが非常に困難です。 万が一、情報が漏えいしてしまえば、誰がいつどのように利用した際に漏えいしたのかといったことを把握することができません。 (参考:) 意外!Chatworkを使った、かんたんファイル転送法 ビジネスで重たいファイルを送信する時の選択肢として、「Chatwork(チャットワーク)」が使えることはご存知でしょうか。 無料版でも5GBまでのファイルであればドラック&ドロップで簡単に送信できます。 送信相手にアカウントがなくても「招待リンク」という機能があるのでスムーズに共有できます。 また、セキュリティも高水準のため、ビジネス利用でも安心です。 以下の記事では、Chatworkを使って重たいファイルを送信する全手順を解説していますので、参考にしてみてください。 おすすめファイル転送サービス13選 サービス名 特徴 価格 導入事例 1ファイル100Gまでアップロード可能です。 無料 非公開 会員登録不要で500MB、無料会員2GBの容量のファイル転送ができます。 無料 非公開 野村総合研究所 NRI グループのセキュリティー技術で安心です。 要お問い合わせ 京都銀行、FANCL、Family Mart他、世界43ヵ国8700社に導入実績があります 大容量データで(数百MB~数十GB)、物理的に遠い海外などへのファイル転送を高速に行います。 要お問い合わせ パイオニア株式会社、アクリーティブ株式会社、市光工業株式会社など 最大2GBのファイルをアップロードできるます。 無料 非公開 独自プロトコルを用いることで転送速度がFTPの数十倍になり、長距離通信や大容量ファイル転送が可能です。 要お問い合わせ ナカシャクリエイテブなど SSL通信暗号化、ウイルスチェック、アクセス元IP制限など安全に送信するための様々な機能を実装されています。 会員登録も不要で、1ファイル100GBまでアップロード可能です。 1ファイル100Gまでアップロード可能です。 保存期間は1週間~3週です。 会員登録も不要です。 容量無制限です。 アンチウイルス装備しています。 パスワード機能 設定可能 価格 無料 導入事例 非公開 こんな人にオススメ 無料で大容量のファイル転送をしたい方 2,会員登録不要で500MBまで送れる「」 ツール概要 ビット・パーク株式会社の運営するサービスで、メール通知、アドレス帳、ダウンロード履歴など機能は多彩です。 個人向けの他にリリース 無料版おくりん坊の他に、企業向けファイル転送システム「おくりん坊BIZ」があります。 会員登録不要で500MB、無料会員2GBの容量のファイル転送ができます。 無料会員でも、送信履歴やいつも送る人のアドレス帳登録機能などがあります。 有料サービスで最大容量40GB。 ユーザ毎に転送量が自由に設定可能です。 パスワード機能 お問合せ下さい。 会員登録不要、無料会員(容量500MB〜2GB) 無料• ファイル容量、ファイル数無制限で、パスワード保護、ファイル保管日数、最大ダウンロード数設定など多彩な設定ができます。 会員登録不要で14日間保存可能です。 保存容量無制限、同時アップロードファイル数無制限で利用できます。 アップロードしたいファイルをドラッグアンドドロップするだけで転送できます。 パスワード保護などのセキュリティー面も安心です。 パスワード機能 設定可能 価格 無料 導入事例 非公開 こんな人にオススメ 無料でかつ、容量無制限の機能を用いたい方 4,野村総合研究所 NRI グループのセキュリティー技術で安心「」 ツール概要 野村総合研究所 NRI グループであるNRIセキュアのクラウド型ファイル転送サービスです。 NRIグループの高度なセキュリティ技術によって、安全にファイル転送ができます。 情報セキュリティの分野で最高レベルの「AAAis」を取得しています。 最大4GBの大容量ファイルの送受信できます。 パスワードのポリシーを設定可能です。 その他ユーザー間の管理や、送信ログなど通常のツールと比べより細かい情報を残すことができます。 パスワード機能 設定可能 価格• UIがシンプルで、初心者でも分かりやすいです。 会員登録非公開のライトプランで100MBまでの容量で3日保管できます。 会員登録ありのフリープランで、300MBまで容量が拡張できます。 有料のビジネスプランで、容量2GB、保管期間30日拡張でき、セキュリティー面が強化されます。 ビジネスプランのみの機能として、「受取機能」があり、「受取BOX」を作成し、そのURLを知らせることで、データを集めることができます。 他箇所からの資料集め・生徒からのレポート集めなどに利用できます。 パスワード機能 設定可能 価格• 会員登録非公開のライトプラン 容量 100MB 無料• 会員登録ありのフリープラン 容量 300MB 無料• 無料でも30 GB、7日間のデータ保管日数です。 最大の特徴は有料会員で容量の制限がないことです。 パスワード機能 設定可能(有料版のみ) 価格• FILEMAIL 無料 容量 30GB 無料• システム間連携を行うことで自動的にファイル転送やデータ連携を可能にします。 受発注システムやPOSシステムなど様々な用途において導入されています。 パスワード機能 お問合せ下さい 価格 要お問い合わせ 導入事例 京都銀行、FANCL、Family Mart他、世界43ヵ国8700社に導入実績があります こんな人にオススメ 受発注システムやPOSシステムなどにファイル転送やデータ連携を自動化したい方 8,海外への大容量ファイルを高速に転送「」 ツール概要 活文 Accelerated File Transferは大容量データの転送先が海外でも、高速で転送できる法人向けファイル転送サービスです。 日立ソリューションズが提供しています。 既存のインターネット回線が利用でき、通信コストを抑えて利用できます。 大容量データで(数百MB~数十GB)、物理的に遠い海外などへのファイル転送を高速に行うことができます。 中国、インドなど50カ国以上で利用実績があり、多言語対応です。 インターネット回線とWebブラウザのみで利用可能です。 パスワード機能 設定可能 価格 要お問い合わせ 導入事例 パイオニア株式会社、アクリーティブ株式会社、市光工業株式会社など こんな人にオススメ 海外に大容量のファイル転送を高速で行いたい方 9,転送可能回数無制限の「」 ツール概要 ラクスルBOXとは、最大2GBまでのファイルを転送できるサービスです。 ご利用にはラクスルの会員登録・ログインが必要です。 最大2GBのファイルをアップロードできる。 保存期間は7日間で、1ファイル最大2GBアップロードでき、アップロードするとすぐにダウンロード用URLが発行されます。 ダウンロード回数の上限を設定したい場合、5回、10回、50回と選択できます。 転送可能ファイル数は無制限です。 パスワード機能 設定可能 価格 無料 導入事例 非公開 こんな人にオススメ ラクスルの会員で、転送可能回数無制限で手軽にファイルを転送したい方 10,独自プロトコルで安心かつ高速な転送を「」 ツール概要 SilverBullet for File Messengerは独自のプロトコルで、万全のセキュリティ、高速アップロード・ダウンロードを可能にしたファイル転送サービスです。 独自プロトコルを用いることでFTPの数十倍の転送速度を実現し、長距離通信や大容量ファイル転送を可能にします。 転送可能なファイル容量に制限ありません。 ビジネス用なので、セキュリティは高く、転送ファイルのパスワードロックなど安心の機能が充実しています。 パスワード機能 設定可能 価格 要お問い合わせ 導入事例 ナカシャクリエイテブなど こんな人にオススメ ビジネス用の転送ツールで容量制限のないものをお求めの方 11,企業間ユーザー数無制限で利用可「Smooth Fileクラウド」 ツール概要 Smooth Fileは企業間のデータを安全に送信することを可能にしたファイル、共有システムです。 企業間ユーザー数無制限で利用可能で、全社員が利用しても価格に変動なく利用できます。 SSL通信暗号化、ウイルスチェック、アクセス元IP制限など安全に送信するための様々な機能を実装されています。 企業間ユーザー数無制限で利用可能で、全社員が利用しても価格に変動なく利用できます。 無料ツールにはない詳細なログ管理機能や日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応しています。 パスワード機能 設定可能 価格• 5GBプラン 初期費用 54,000円 月額27,000円• 10GBプラン 初期費用 54,000円 月額37,800円• 50GBプラン 初期費用 108,000円 月額64,800円• 2TBプラン 初期費用 108,000円 月額275,400円 その他50GB〜2TBの間にも様々なプランがあります。 な、256bitTLS・SSL暗号化送信対応の高セキュリティのファイル転送サービスです。 登録不要の場合、最大ファイル数10ファイル、合計300MBまでのデータを、3日間アップできます。 無料会員登録のプレミアム会員によって、上記に比べ、同時送信(3人まで)、ファイルの受取通知機能、送信履歴、暗号化通信などの機能が加わります。 パスワード機能 設定可能 価格• 登録非公開の場合 容量300MB 無料• プレミアム会員(受取通知機能、容量300MB) 無料• 無料で2GBまで転送できるtenpuの他に、有料で20GBまで転送できるtenpu Pro 、tenpu Businessがあります。 無料で2GB、有料で20GBまで転送することができます。 ファイルをドラッグ&ドロップして送信ボタンを押すだけで簡単に送ることができます。 tenpu Businessでビジネス用途としてグループメンバーの送信履歴を管理できます。 有料会員で、ダウンロード画面の背景画像やサブドメインを自由に設定することができます。 パスワード機能 設定可能 価格• tenpu(容量2GBまで) 無料• tenpu Business 容量20GBまで、管理機能など)要お問い合わせ 導入事例 宣伝会議、箱庭 haconiwa、青山フラワーマーケット など こんな人にオススメ ファイル転送の画面を自由に設定することで、ブランディング強化したい方 まとめ 以上、ファイル転送ソフトの比較でした。 無料で何GB使えるかといったことが重要視されがちですが、その他各ツールの機能の違いも重要です。 例えば• パスワード機能が必要なら「BitSend」• サポートのが必要なら「おくりん坊」や「Bizストレージ ファイルシェア」• 同時送信可否が必要であれば「FilePost」 など 様々な用途を総合的に見て、自分にあったファイル転送ソフトを選んでください。 本記事が、ファイル転送ソフトを検討している方々に参考になっていただければと思います。 参考にしたサイト 一部.

次の

ギガファイル便は海外で使えるの?ファイルを送るには?英語版はある?

データ 便 海外

大容量のデータの受け渡しを、CD-ROMにいれてバイク便で飛ばす・・・というようなアナログな方法を取っている会社さんもまだ多いのではないでしょうか?大企業では無いですが、中小企業ですと、まだそういったやり取りが多いような気がします。 1回に数千円かかるバイク便や、最低でも1日かかる配送では、時間とお金の無駄遣いになってしまいます。 ダウンロードパスワードの設定も可能。 無料のユーザー登録で300MBまで送信することができます 2 容量無制限にファイルを送信することができるサービスです。 1ファイルの最大サイズは2GBまでとなっているようです。 2GBより大きいファイルを扱いたい場合はファイルを分割するなどの工夫が必要でしょう。 3 600MBまでのファイルを送ることができます。 アップロード後は、最大10件までのメールアドレスを指定して、 ダウンロードリンクを送付することが可能です。 4 無料、登録なしで250MBまでのファイルを送ることができます。 ユーザー登録後には500MBまで送れるようになります。 5 送信するファイル数は制限がありませんが、1度に送信できるサイズは250MBまでです。 保存期間が1時間~と選べるのでダウンロードをしてもらって、すぐにデータを消したい方などは重宝します。 6 パスワード設定や、送受信をSSL通信でセキュアにしたり、 保存したファイルに暗号化をするなどセキュリティに特化した大容量ファイル送信サービスです。 7 15ファイル、最大1GBのファイルを受け渡しできるサービス。 日本語の他、英語、ドイツ語などいくつかの 言語をサポートしているので海外とのやり取りなどにも使えます。 保存期間は3時間~3日を選択可能。 8 1ファイル100MBまで最大500MBを送信できるサービス。 IDパスワードを相手に送ればいいので、相手方のメールアドレスを入力する必要がありません。 メールアドレスを入力するのに抵抗がある方用です。 9 海外のサイトですが、一度に2GBのファイルを送ることができるサービスです。 フリー版だと、1日に2GBまでですがそれでも通常の使用には十分でしょう。 送信はメールを送る感覚で使用できます。 10 海外のサイトですが、とてもシンプルに使うことができます。 ファイルを選ぶだけの簡単操作だけで、1度に2GBまでのファイルをアップロードできます。 さらに64bitのPCでは最大8GBまでのファイルを送ることができるようです。 スポンサーリンク.

次の