子供 携帯 制限。 【無料アプリ】子供のスマホを機能制限するGoogleファミリーリンクのインストール方法【Android編】

子どものスマホを制限する最も効率的な方法について(iPhone/Android)

子供 携帯 制限

子供のiPhoneを制限するアプリの設定方法は? 一口に子供さんのiPhoneを制限すると言っても、その内容は様々で必要に応じて機能制限を掛ける必要があると共に、年齢の増加に合わせてフィルタリング設定も変更する必要があります。 こちらでは、そんな機能制限の中でも最低限行っておきたい設定をまとめて紹介しています。 全ての設定を行う必要はありませんが、必要に応じて導入を検討してみてください。 また、予め家族間でスマホ利用に関わるルールや約束事を作っておくことも大切です。 良ければ併せて参考にしてみてください。 子供のiPhone制限1 ペアレンタルコントロール 『 ペアレンタルコントロール』とはAppleが提供する無料サービスの一つで、iPhoneやiPad、iPod touchの 機能制限を行うためのものです。 こちらを設定することで、機能ごとに利用のロックを掛けることが可能となり、「Safariやカメラは使用できるが、AppStore内での課金はできない」「予め登録したサイトにしか接続できない」と言ったような設定が可能となります。 iPhone独自の機能ですが、非常に利便性が高く、この機能ひとつでほとんどの機能制限が制御可能です。 設定内容の変更もいつでも可能なので、子供さんの年齢に合わせて利用できる機能を徐々に増やしていくのも良いと思います。 キャリアのフィルタリングサービスを利用している場合には、アクセスできるWEBページを制限する必要はないかもしれませんが、念のために二重で制限を掛けておくとより安心できるでしょう。 設定手順はこちらにて、画像と共に紹介していますので参考にしてください。 子供のiPhone制限2 時間制限 子供さんはどうしてもスマホを使いすぎてしまいますので時間制限も行っておいたほうが良いでしょう。 スマホ近視やスマホ老眼の発症も多くなっていますので、子供さんの視力を守るためにも設定をオススメします。 ただ、この時間制限はiPhoneの本体機能には備わっていないものですので、別途アプリをインストールする必要があります。 こちらで無料から有料のものまで紹介しているので参考にしてみてください。 時間制限アプリの選び方は、いちいち子供さんのスマホを取り上げる必要のない、遠隔操作でロックすることの出来るアプリが便利で良いと思います。 子供のiPhone制限3 広告の非表示 先に紹介した『ペアレンタルコントロール』の設定により、不適切なWEBページへアクセスすることはなくなりますが、問題の無いWEBページであっても教育に良くない広告が表示される恐れがあります。 ネットコミック広告やED改善広告、かなり際どいエロ広告など、iPhoneで不要な広告を表示させないために広告の非表示設定を行っておくと良いでしょう。 こちらはiPhoneの本体機能で行なえますので一切お金はかかりません。 また、邪魔な広告がなくなってネットサーフィンも快適になるため、子供さんのiPhoneだけでなく親御さんのiPhoneでも設定を行っておくことをオススメします。 設定手順はこちらで画像と共に紹介していますので参考にしてください。 子供のiPhone制限4 YouTubeのセーフモード設定 YouTubeには、危険な動画は無く安全だと思っている人がいるかもしれませんが、一応成人向けの動画というものも存在しますので、規制しておいたほうが良いでしょう。 芸術目的であれば女性の裸動画なんかも削除されません YouTubeのセーフモードを設定することで、これらの成人向け動画、暴力系の動画視聴を制限するすることができます。 【YouTubeのセーフモード設定手順】• 「YouTube」を開く• アカウントマークをタップ• 「設定」をタップ• タブをタップ まず始めに、「YouTube」アプリを開きます。 画面右上の人の影のようなアカウントマークをタップします。 「設定」をタップします。 「制限付きモード」と書かれた項目の右側にあるタブをタップして緑色にします。 以上で手順は完了ですが、この設定手順を見ていただいてお分かりのように、パスワードなどの入力の必要がないため、手順さえ知っていれば簡単に子供さんでも規制を解除できてしまいます。 また、セーフモードをオンにしたとしても、ギャンブルやお色気などのきわどい動画はそのまま再生できてしまいます。 きっちりとそれらの動画を規制したい場合には、子供向けのYouTube動画アプリ『YouTube Kids』を利用するのも一つの手段です。 こちらであれば、教育に良くない動画は表示されませんので、一度お試しください。 ただ、規制が強くて結構色々な動画が見れなくなります iPhoneを子供に持たせる前に行うべき設定は? ここからはアプリ制限ではないものの、子供さんに持たせる前に行っておくべきiPhone設定をいくつかご紹介しています。 先の設定だけでは不十分なところもありますので、併せて設定いただくことをオススメします。 特に、何かしらの事件に巻き込まれたときに居場所が分からなければ大変ですので、位置情報の設定だけでも済ませておいたほうが良いでしょう。 iPhone 子供の設定1 位置情報の把握 子供さんの居場所を知るために設定しておきたいのが『 iPhoneを探す』と言う機能です。 こちらはAppleが提供する無料サービスのひとつなのですが、別のiOS端末やパソコン上から探したいiPhoneのApple ID、パスワードを入力することでそのデバイスの位置情報を調べることができると言うものです。 子供さんが何処にいるのかしっかりと見守りたいという方は、こちらの設定をしておくと安心できるでしょう。 ちなみに、通常Android端末からiPhoneなどのiOSデバイスを探すことは出来ません。 ですが、ちょっとした裏技を使えばAndroidからも『iPhoneを探す』を使うことができるので覚えておくと良いでしょう。 また、こちらの『iPhoneを探す』という機能は、子供さんの帰りが遅い場合や連絡がつかない場合、誤ってスマホを紛失してしまった際にも活躍するGPS機能なので、是非設定からオンにしておきましょう。 【『iPhoneを探す』をオンにする手順】• 「設定」を開く• 「iCloud」をタップ• 「iPhoneを探す」をタップ• タブをタップ• 「許可」をタップ まず始めに、「設定」アプリを開きます。 「iCloud」をタップします。 「iPhoneを探す」をタップします。 「iPhoneを探す」と書かれた項目の右側にあるタブをタップします。 ポップップが表示されますので、「許可」をタップします。 GPSで位置情報を検索できるのは便利な機能ですが、子供さんにもプライバシーはありますので、過度な位置情報の検索や追跡を行って、監視の目を光らせ過ぎるのもどうかと思います。 そのあたりは家族でしっかりと話し合って、子供さんにもGPS検索できる環境であることを伝えておくことをオススメします。 iPhone 子供の設定2 フィルタリングサービス 『 フィルタリングサービス』とは、携帯電話の契約時に申し込んで利用する、契約会社が提供する無料のアクセス制限サービスです。 契約時に予め申し込んでおくことで、カテゴリ毎にWEBページを閲覧制限することが可能となっています。 別途利用開始手続きは必要 【ブラウザの制限カテゴリ例一覧】• ゲーム、動画、音楽• 懸賞、成人娯楽• SNS、掲示板• 出会い、アダルト 現状、au、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルの王手キャリアは全てiPhoneで利用可能なフィルタリングサービスを用意しており、この4つのカテゴリーの中から接続可否を決定するという形になっています。 ただ、これらのフィルタリングはAndroidであればアプリ、ブラウザ両方制限することができますが、iPhoneの場合はブラウザのみしか制限ができませんので注意してください。 アプリに関しては制限ができないと言うことです また、ソフトバンク、ワイモバイルのみですが、別途有料オプション 300円+税 の加入で時間帯別にブラウザをロックすることも可能です。 月額料金を払わずに時間帯別にスマホをロックしたい場合は、どのキャリアでも使用可能な『』と言うアプリを活用ください。 各社のフィルタリングサービスについては各HPで詳しく紹介されています。

次の

iPhoneを子供用に制限させるには

子供 携帯 制限

子供のiPhoneを制限するアプリの設定方法は? 一口に子供さんのiPhoneを制限すると言っても、その内容は様々で必要に応じて機能制限を掛ける必要があると共に、年齢の増加に合わせてフィルタリング設定も変更する必要があります。 こちらでは、そんな機能制限の中でも最低限行っておきたい設定をまとめて紹介しています。 全ての設定を行う必要はありませんが、必要に応じて導入を検討してみてください。 また、予め家族間でスマホ利用に関わるルールや約束事を作っておくことも大切です。 良ければ併せて参考にしてみてください。 子供のiPhone制限1 ペアレンタルコントロール 『 ペアレンタルコントロール』とはAppleが提供する無料サービスの一つで、iPhoneやiPad、iPod touchの 機能制限を行うためのものです。 こちらを設定することで、機能ごとに利用のロックを掛けることが可能となり、「Safariやカメラは使用できるが、AppStore内での課金はできない」「予め登録したサイトにしか接続できない」と言ったような設定が可能となります。 iPhone独自の機能ですが、非常に利便性が高く、この機能ひとつでほとんどの機能制限が制御可能です。 設定内容の変更もいつでも可能なので、子供さんの年齢に合わせて利用できる機能を徐々に増やしていくのも良いと思います。 キャリアのフィルタリングサービスを利用している場合には、アクセスできるWEBページを制限する必要はないかもしれませんが、念のために二重で制限を掛けておくとより安心できるでしょう。 設定手順はこちらにて、画像と共に紹介していますので参考にしてください。 子供のiPhone制限2 時間制限 子供さんはどうしてもスマホを使いすぎてしまいますので時間制限も行っておいたほうが良いでしょう。 スマホ近視やスマホ老眼の発症も多くなっていますので、子供さんの視力を守るためにも設定をオススメします。 ただ、この時間制限はiPhoneの本体機能には備わっていないものですので、別途アプリをインストールする必要があります。 こちらで無料から有料のものまで紹介しているので参考にしてみてください。 時間制限アプリの選び方は、いちいち子供さんのスマホを取り上げる必要のない、遠隔操作でロックすることの出来るアプリが便利で良いと思います。 子供のiPhone制限3 広告の非表示 先に紹介した『ペアレンタルコントロール』の設定により、不適切なWEBページへアクセスすることはなくなりますが、問題の無いWEBページであっても教育に良くない広告が表示される恐れがあります。 ネットコミック広告やED改善広告、かなり際どいエロ広告など、iPhoneで不要な広告を表示させないために広告の非表示設定を行っておくと良いでしょう。 こちらはiPhoneの本体機能で行なえますので一切お金はかかりません。 また、邪魔な広告がなくなってネットサーフィンも快適になるため、子供さんのiPhoneだけでなく親御さんのiPhoneでも設定を行っておくことをオススメします。 設定手順はこちらで画像と共に紹介していますので参考にしてください。 子供のiPhone制限4 YouTubeのセーフモード設定 YouTubeには、危険な動画は無く安全だと思っている人がいるかもしれませんが、一応成人向けの動画というものも存在しますので、規制しておいたほうが良いでしょう。 芸術目的であれば女性の裸動画なんかも削除されません YouTubeのセーフモードを設定することで、これらの成人向け動画、暴力系の動画視聴を制限するすることができます。 【YouTubeのセーフモード設定手順】• 「YouTube」を開く• アカウントマークをタップ• 「設定」をタップ• タブをタップ まず始めに、「YouTube」アプリを開きます。 画面右上の人の影のようなアカウントマークをタップします。 「設定」をタップします。 「制限付きモード」と書かれた項目の右側にあるタブをタップして緑色にします。 以上で手順は完了ですが、この設定手順を見ていただいてお分かりのように、パスワードなどの入力の必要がないため、手順さえ知っていれば簡単に子供さんでも規制を解除できてしまいます。 また、セーフモードをオンにしたとしても、ギャンブルやお色気などのきわどい動画はそのまま再生できてしまいます。 きっちりとそれらの動画を規制したい場合には、子供向けのYouTube動画アプリ『YouTube Kids』を利用するのも一つの手段です。 こちらであれば、教育に良くない動画は表示されませんので、一度お試しください。 ただ、規制が強くて結構色々な動画が見れなくなります iPhoneを子供に持たせる前に行うべき設定は? ここからはアプリ制限ではないものの、子供さんに持たせる前に行っておくべきiPhone設定をいくつかご紹介しています。 先の設定だけでは不十分なところもありますので、併せて設定いただくことをオススメします。 特に、何かしらの事件に巻き込まれたときに居場所が分からなければ大変ですので、位置情報の設定だけでも済ませておいたほうが良いでしょう。 iPhone 子供の設定1 位置情報の把握 子供さんの居場所を知るために設定しておきたいのが『 iPhoneを探す』と言う機能です。 こちらはAppleが提供する無料サービスのひとつなのですが、別のiOS端末やパソコン上から探したいiPhoneのApple ID、パスワードを入力することでそのデバイスの位置情報を調べることができると言うものです。 子供さんが何処にいるのかしっかりと見守りたいという方は、こちらの設定をしておくと安心できるでしょう。 ちなみに、通常Android端末からiPhoneなどのiOSデバイスを探すことは出来ません。 ですが、ちょっとした裏技を使えばAndroidからも『iPhoneを探す』を使うことができるので覚えておくと良いでしょう。 また、こちらの『iPhoneを探す』という機能は、子供さんの帰りが遅い場合や連絡がつかない場合、誤ってスマホを紛失してしまった際にも活躍するGPS機能なので、是非設定からオンにしておきましょう。 【『iPhoneを探す』をオンにする手順】• 「設定」を開く• 「iCloud」をタップ• 「iPhoneを探す」をタップ• タブをタップ• 「許可」をタップ まず始めに、「設定」アプリを開きます。 「iCloud」をタップします。 「iPhoneを探す」をタップします。 「iPhoneを探す」と書かれた項目の右側にあるタブをタップします。 ポップップが表示されますので、「許可」をタップします。 GPSで位置情報を検索できるのは便利な機能ですが、子供さんにもプライバシーはありますので、過度な位置情報の検索や追跡を行って、監視の目を光らせ過ぎるのもどうかと思います。 そのあたりは家族でしっかりと話し合って、子供さんにもGPS検索できる環境であることを伝えておくことをオススメします。 iPhone 子供の設定2 フィルタリングサービス 『 フィルタリングサービス』とは、携帯電話の契約時に申し込んで利用する、契約会社が提供する無料のアクセス制限サービスです。 契約時に予め申し込んでおくことで、カテゴリ毎にWEBページを閲覧制限することが可能となっています。 別途利用開始手続きは必要 【ブラウザの制限カテゴリ例一覧】• ゲーム、動画、音楽• 懸賞、成人娯楽• SNS、掲示板• 出会い、アダルト 現状、au、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルの王手キャリアは全てiPhoneで利用可能なフィルタリングサービスを用意しており、この4つのカテゴリーの中から接続可否を決定するという形になっています。 ただ、これらのフィルタリングはAndroidであればアプリ、ブラウザ両方制限することができますが、iPhoneの場合はブラウザのみしか制限ができませんので注意してください。 アプリに関しては制限ができないと言うことです また、ソフトバンク、ワイモバイルのみですが、別途有料オプション 300円+税 の加入で時間帯別にブラウザをロックすることも可能です。 月額料金を払わずに時間帯別にスマホをロックしたい場合は、どのキャリアでも使用可能な『』と言うアプリを活用ください。 各社のフィルタリングサービスについては各HPで詳しく紹介されています。

次の

子供のiPhoneを制限するアプリの設定方法!持たせる前に行うべき設定は?

子供 携帯 制限

「子供にスマホを持たせることにしたんだけど、事前に行っておきたい設定ってなにかある?」 このようにスマホを買ったは良いけど、何から手を付けていいか分からない。 と言う人も少なく無いことでしょう。 だからと言って、ろくに設定も行わず使わせてしまっては教育に良くないサイトへのアクセスや、課金による高額請求も怖いですよね。 そこで今回は、子供にスマホ持たせる前に最低限行っておきたい5つの設定をご紹介していこうと思います。 設定方法も画像付きで紹介しているので一緒に見ていきましょう! こちらの記事ではAndroidスマホの設定方法を紹介しています。 子供のスマホがiPhoneと言う方はこちらを参考にしてください!• 子供のスマホを制限する5つの設定!持たせる前に行うべき機能制限は? それでは早速、子供のAndroidスマホを制限する利用設定を見ていきましょう。 ここで紹介する制限を行っておけば、余計なトラブルや事件に巻き込まれる可能性も低くなるはずです。 また、家族間で事前にスマホルールの約束事を作っておくことも大切です。 しっかりとルールを決めて、それらを守らせる環境作りを徹底しましょう! スマホの利用制限1 セーフサーチの設定 まず始めに、Googleのセーフサーチの設定から進めていきましょう。 Androidはインターネットに接続するためにもともとインストールされている『Chrome』と言うブラウザアプリを使用しますが、初期設定のままであれば検索結果に教育上悪影響のある有害サイトが表示されることも珍しくありません。 その検索結果を制限するための機能がセーフサーチと言うものです。 検索フィルターのように閲覧制限を行うものだと思っていただければ分かりやすいと思います。 例えば、『Chrome』で「アダルトビデオ」と検索すると、初期設定ではこのような検索結果が表示されてしまいます。 一方、検索フィルターのセーフサーチをオンにしている場合であれば、同じ「アダルトビデオ」と言うワードで検索しても、R指定が入るようなアダルトサイトは検索結果に表示されなくなります。 子供の教育にも良くないサイトですし、1クリック詐欺や高額請求詐欺の被害に遭う可能性もありますので、セーフサーチの設定は必ず行っておきましょう。 詳しい設定手順はこちらで画像付きで紹介しています。 この設定はPCにも使えますので、家族で使うパソコンに設定しておくのも良いですね! スマホの利用制限2 課金制限 続いて、課金制限も行っておきましょう。 「知らない間にゲームアプリのアイテムに大量に課金していた!」と後から泣きを見ないためにも、ここもしっかりと設定しておく必要があります。 設定がきちんと完了すれば例え100円未満のアプリでも制限が入り、パスワードを入力しなければ課金が行えないようになっています。 もちろん有料アプリだけでなく、ゲーム内の課金に対しても同じようにパスワードの入力が求められますので安心してください。 また、既に課金の可能性が疑われる場合には、過去に課金を行っていないか確認することもできますので、併せて手順を確認しておくと良いでしょう。 スマホの利用制限3 時間制限 続いて、時間制限の設定も行っておきましょう。 きちんと約束を守れる子供であれば、わざわざ時間制限を行う必要はありませんが、夢中なってついつい時間を忘れて長時間使用してしまう子供も多いと思います。 スマホ依存により、最悪の場合にはもありますので、使用時間の制限もきちんと行っておく必要があります。 子供のスマホの時間制限アプリについてはこちらで複数紹介していますので、併せて参考にしてみてください。 時間制限以外にもスマホのペアレンタルコントロール全般 遠隔操作でロックなど を行えるアプリもあるので便利ですよ! ちなみに、時間制限を行うのであれば世間の学生 小学生、中学生、高校生 のスマホの平均利用時間も知っておくと良いと思います。 学生別のスマホの1日の利用時間は、こちらで所有率と共に紹介しているため参考にしてみてください。 スマホの利用制限4 YouTubeの視聴制限 YouTubeには危険な動画は無く安全だと思っている人がいるかもしれませんが、成人向け動画というものも存在しますので、一応規制しておいたほうが良いでしょう。 芸術目的であれば女性の裸動画なんかも削除されませんので・・・ 手順はこちらで画像付きで紹介していますので参考にしてみてください。 YouTubeは子供も大好きなアプリケーションですし、子供自身も動画を撮影し投稿することもあるかもしれませんので、そのあたりの危険性についても言及してあげたいところです。 スマホの利用制限5 位置情報の把握 利用制限ではありませんが、子供の位置情報を把握するためのアプリケーションを保護者のスマホに入れておくようにしましょう。 子供の帰りが遅かったり、スマホを紛失・盗難した場合にも役立ってくれます。 子供のスマホのGPS情報を追跡・監視するアプリは、こちらで複数紹介しています。 自身の使い勝手の良さそうなものを選んでみてください。 ちなみに、子供にもプライバシーは必要ですので、位置情報を親が確認できる状況にあることは伝えておいた方が良いと思います。

次の