お手数をおかけしまして恐縮ですが。 「お忙しいところ恐縮です」は間違ってないのか?ビジネスメールでの敬語の使い方

「お手数」の意味と使い方を解説!正しい読み方と英語表現も

お手数をおかけしまして恐縮ですが

「お手数おかけします」とは、『ご面倒なことを負担させてしまい、すみません。 』あるいは『お手間をとらせてしまうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。 』といった意味になります。 社会人になると迷惑をかけてしまった相手や、何らかの仕事を手伝ってもらった人に対して、「すみません」や「ありがとうございます」と言う場面がいくつかあります。 それをストレートに表現しないで遠回しにしたのが「お手数おかけします」という言葉です。 また、「面倒なことをお願いしてすみません」や「お手をわずらわせてすみません」といったニュアンスの意味もあるため、ビジネスシーンでも頻繁に使われ、よく耳にする言葉でしょう。 今回はこの「お手数おかけします」の意味や使い方について紹介します。 「お手数おかけします」の意味 「お手数おかけします」は、本来どのような意味なのでしょう。 まず冒頭の「お手数」は、「手数」に「お」をつけて丁寧な言い方にしています。 「手数」には、『何かを行うときの手段の数や他人のために力を尽くしたり骨折りしたりすること』、また、手間』・『面倒』という意味があります。 そして、「おかけします」はさまざまな意味を持っていますが、この場合『費用・労力などを負担させる』というのが相当。 それに「お」をつけて丁寧にし、相手に尊敬を表しています。 以上のことからわかるように、「お手数おかけします」は何かをしてもらうことに対する感謝の気持ちや、面倒や労力をかけさせてしまったことへの謝罪の気持ちを表現するフレーズです。 「お手数おかけします」の使い方 「お手数おかけします」を実際に使う場合は、少なくとも「お手数をおかけいたします」と言いましょう。 さらには「お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 」としたほうが、より丁寧です。 特に上司や社外の人を含め、目上の人に手間をかけさせてしまうときには特に気をつけましょう。 ・例文1「お手数をおかけいたしますが、必要事項をご記入のうえご返信くださいませ。 」 ・例文2「先日の会議におきましては、お手数をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。 」 「お手数おかけします」は、現在についても未来についても使うことができます。 そのうえ、相手が尊敬の気持ちを受け入れやすい言葉です。 ビジネスマンとして「お手数おかけします」の言葉を上手に使って、感謝や謝罪の気持ちを表現しましょう。 ・執筆:山岸りん 短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の学習に携わっています。

次の

「お手数をおかけしますが」の正しい使い方|就活マナーを再確認しよう

お手数をおかけしまして恐縮ですが

「お手数おかけしました」と相手に言われたら、どのように返せば良いのでしょうか。 いくつか例を挙げていきます。 ・大丈夫ですよ、気にしないでください。 ・かまいませんよ、いつでも言ってください。 ・とんでもないことです。 気にしないでください ・滅相もないことです。 いつでも言ってください。 ・どういたしまして、何でも言ってください。 「お手数おかけしました」と言ってきている相手は、あなたに対して、「迷惑をかけて申し訳なかった」と感じています。 そういった気持ちを打ち消してあげる一言を返すと、会話として自然に流れていきます。 ただし、もし目上の人や社外の人に「お手数おかけしました」と言われた場合には、「どういたしまして」と返してしまうと失礼だと思われることがあります。 注意しましょう。 「お手数おかけしました」のビジネスでの使い方 ビジネスシーンにおいて、「お手数おかけしました」はよく使われる言葉です。 もちろん取引先とのやりとりでも必ずと言っていいほど使います。 この言葉の使い方によっては、商談をうまく進めることができる場合もあります。 ぜひポイントを押さえて使いこなしましょう。 メールで「お手数おかけしました」を使う 相手が社外の人である時は、実際に会うよりもメールでやりとりすることの方が多くなる場合もあります。 そういった時、メールでの常套句として「お手数おかけしました」という言葉を使えるようにしておくと、大変便利です。 後に詳しく解説しますが、メールの文章は書き言葉であり、目に入ってくる情報です。 「お手数おかけしました」ではなく、必ず「お手数をおかけしました」と表記するようにしましょう。 メールで「お手数をおかけしました」を使った例を、いくつかご紹介します。 ・お手数ですが、10日までに請求書をお送りくださいますようお願いいたします。 ・お手数ですが、仕様書の5ページに記載されております内容について、詳しくご説明いただけないでしょうか。 ・お手数ですが、弊社までお越しいただけますでしょうか。 ・この度は、納入の件で大変お手数をおかけし、申し訳ございませんでした。 ・お手数をおかけいたしましたが、なんとか納期までに間に合わせることができました。 本当にありがとうございます。 ビジネスシーンでは、お詫びや感謝のほかに、相手に頼みごとをしたい時にも「お手数おかけします」を使うことがたくさんあります。 頼みづらいことをお願いするときの魔法の言葉として重宝します。 「お手数おかけしました」を、他の言葉に言い換えると? 「お手数おかけしました」と同じように使える言葉には、下記のようなものがあります。 ・ご迷惑おかけしました ・ご面倒おかけしました ・お手を煩わせてしまい、申し訳ございません。 ・お手間をとらせてしまい、申し訳ございません。 「ご迷惑をおかけしました」は、主に自分に非がある時に使う言葉です。 「お手数おかけしました」と同じように使っても問題はありませんが、自分の失敗の尻拭いをさせてしまった場合などは、「お手数おかけしました」よりも「ご迷惑おかけしました」を使う方が良いでしょう。 「お手を煩わせてしまい、申し訳ございません。 」は、かなり丁寧な表現です。 相手が自分よりも目上である場合や、お客様である場合には使っても問題ありませんが、同僚や立場の近い上司には、若干慇懃無礼だと思われてしまう可能性があります。 敬語にあまり慣れていない場合は「お手数おかけしました」を使っておいたほうが無難でしょう。 どっちが正しい?「お手数おかけしました」と「お手数をおかけしました」 「お手数おかけしました」と「お手数をおかけしました」は、どちらが正しいのでしょうか。 「お手数おかけしました」は、「お手数をおかけしました」から助詞の「を」を抜いた表現です。 私たちは普段人と会話をするとき、「ご飯食べる」「テレビ見る」「髪切る」など、よく「を」を抜いて喋っています。 しかし文章にする時は、「ご飯を食べる」と書いていることがほとんどです。 お察しのとおり、「お手数おかけしました」は、話し言葉の発音としては間違っていません。 ただし、メールなど目に見える文章というかたちで表現するときは、「お手数をおかけしました」と表記するのが適当であり、違和感も感じないはずです。 どちらが間違っているということはありませんが、文語表現や書き言葉においては「お手数をおかけしました」とするのが正解ですので、メールではこちらを使うようにしましょう。 「お手数おかけしました」は、日本人らしい挨拶.

次の

お手数おかけしますって英語でなんて言うの?

お手数をおかけしまして恐縮ですが

「お手数をおかけしますが」の意味 そもそも「手数(てすう)」とは、何かをやり遂げるために必要な労力や動作を表す言葉です。 したがって、「お手数をおかけしますが」という定番の表現は、自分が相手に対して依頼や要求を行なう際に、冒頭部分で使うのが一般的となっています。 その意味をかみ砕くと、「自分が依頼したことを達成するために、相手に何らかの労力や時間を使わせてしまいますが」という内容となります。 つまり、「お手数をおかけしますが」の中には、「時間や労力を使わせてしまって申し訳ない」というお詫びの気持ちが含まれているわけです。 一方で、「お手数をおかけしますが」の中には、感謝の気持ちも含まれています。 なぜならば、そのあとには自分が相手に対してお願いしたい具体的な事項が述べられるからです。 」といった文章の意味について考えてみましょう。 この場合、「大変ですが、確認していただければありがたいです。 」という感謝の気持ちが込められています。 つまり、「お手数をおかけしますが」は、お詫びと感謝の気持ちを同時に表現できる便利な常套句なのです。 「お手数をおかけしますが」の使い方 よくある使い方としては、2パターンが挙げられます。 1つ目は、相手にとって大変なことをお願いするとき、2つ目は、ビジネスを円滑に進める上でのクッション用語として使う方法です。 また、「お手数をかけしますが」の変化形もありますので、それぞれの場合について、例文をご案内していきましょう。 相手にお願いをする場合の例文 「お手数をおかけしますが、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 クッション用語として使う場合の例文 「お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 」 「お手数をおかけしますが、ご返信をお待ちいたしております。 」 「お手数をおかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。 」 「お手数をおかけしますが」の変化形を使った例文 「お手数ですが、添付書類をご覧いただけませんでしょうか。 」 「お手数をおかけしました。 ありがとうございました。 」 「お手数をおかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 」 「お手数をおかけしますが」の類語 相手に対して、何か頼みごとをするときに、「お手数をおかけしますが」の代わりに使える類似表現(類語)をまとめてご紹介していきましょう。 なお、類語とともに、使用する際の注意事項についても記載していますので、合わせてご確認ください。 ただし、どちらかといえば、親しい間柄の相手に使うシーンに向いている表現ですので、場合によっては使い分けが必要です。 使用したほうがよいかどうか迷う場合には、「お手数をおかけしますが」という一般的な表現にとどめたほうがよい場合もあります。 なぜならば、使う相手によっては、失礼な表現として受け取られる場合もあるからです。 要注意!よくありがちな誤った使い方 助詞などの使い方次第では、かえって相手に対して失礼に当たる場合があります。 「お手数をおかけしますが」を正しく使いこなすために、以下のよくありがちな誤った使い方を確認しておきましょう。 お詫びの言葉とセットでの使用はNG お詫びの言葉と同時に使う表現「お手数をおかけしますが、申し訳ありません。 」は、間違った使い方となります。 お詫びの言葉をあとに続けたいのであれば、逆接の「が」を除き、「お手数をおかけして申し訳ありません。 」とするのが正解です。 したがって、「お手数かけさせますが」という表現は、自分が要求をしているかのように捉えられ、失礼な表現となってしまいます。 自身の行動に関する文章の中で使用するのは誤り 「お手数をおかけしますが」は、相手を敬って使われる表現です。 したがって、自身の行為に対しては使用できません。 例えば、「お手数をおかけしますが、のちほど確認させていただきます。 」は誤用です。 冒頭にクッション言葉を添えたいのであれば、「恐れ入りますが」や「申し訳ありませんが」を付けるのが正解となります。 まとめ 仕事上、相手に何かを依頼する機会は多いものです。 できるだけ気持ちよく、自分の要望や依頼を受けてもらえるようにするためにも、「お手数をおかけしますが」をタイミングよく使いこなしましょう。 ただし、使いすぎると、単なる枕詞と思われがちであるため、使う頻度にも注意が必要です。

次の